親と子供の教育論

「一人っ子」の育て方~わがまま?甘えん坊?注意すべき「ひとりっこの育児あるある」とは~

「兄弟は多いほどいい」と考える人もいる一方で、 「1人1人見てあげられない」 「そもそもそんな余裕(時間・家計)はない」 といった事情から、「子供は1人」と最初から考えるカップルは珍しくありません。 兄弟・姉妹が何人...
赤ちゃんの知育

興奮しやすい赤ちゃんの叫び・奇声はいつまで続く?~赤ちゃんを短時間でリラックスさせる方法~

基本的に、赤ちゃんというのは「神経質」であり 幼児期の子供に関しても、まだまだ神経症的な面が見られます。 それは、あらゆるものに対する「経験が少ない」ことによるものであり 大人になるにつれて、「気にすることでもない」と学ぶことで落...
しっかりと考えたい幼児期の問題

おねしょはいつまでしてても大丈夫なの?~小学生になっても治らない原因と効果的な対策~

「おねしょ」は、夜泣き・イライラ期に並ぶ、お母さんを困らせる問題であり これらの悩みと違う点としては、「それこそどうしようもない」ことです・・・ したくてしているわけではない ということは、お母さん達も十分に分かっていると思い...
しっかりと考えたい幼児期の問題

「性格のいい優しい子」に育てる秘訣とは~子供に性格の良し悪しはいつ決まる?矯正はできるの?~

うちの子は、将来どんな人間になるのだろう? 子供を持つ親なら、誰でも考えたことがあると思います。 それは「楽しみ」でもある反面、 駄々をこねている時 他の子を攻撃している時 癇癪を起してどうにもならない時 ...
しっかりと考えたい幼児期の問題

【赤ちゃんもストレスを感じるの?】神経質な子育ては子供の成長にマイナスの影響を与えてしまう

赤ちゃんというのは、幼ければ幼いほど「我慢」をしないため 基本的に、ストレスを溜めにくい存在と言えます。 そもそも「ストレスを溜める」というのは、特定の状況を<我慢>して 尚且つ”耐えている”ということであり、感じることと溜めるこ...
しっかりと考えたい幼児期の問題

赤ちゃんの癇癪への対処法~いつになったら感情をコントロールできるようになる?その後の性格への影響は?~

子供の「癇癪」はどう接すればいいか、非常に困ってしまうことが多い問題です。 「ちょっと手が付けられない」レベルの癇癪持ちの子供は、それほど珍しくはないものですが いざ自分の子供がそのような気質を持っていた場合、どのような対応が望まし...
赤ちゃんの知育

「ものごころ」がつく年齢とは~赤ちゃんの記憶力と感情の芽生え~

「物心がついた頃から」という言葉は、度々耳にするフレーズです。 「ものごころ」とは、一般的には「はっきりと記憶することができる」というニュアンスがあり 「物心がついた頃」というのは、記憶をさかのぼることができる時期であると考えられま...
赤ちゃんの知育

【赤ちゃんのお勉強の始め方】幼い時期から知能を鍛えるために大切なこと~習い事はいつから?おすすめは?~

赤ちゃんは、毎日毎日できるようになることが増え続けていきます。 上手に母乳を飲むことができるようになり やがて、離乳食を食べ始め ハイハイをして 立てるようになり やがて、歩き始めます。 体の成長以外にも...
赤ちゃんの知育

「しつけ」を始める時期と注意点~「やってはいけない怒り方」と「効果的な正しいしつけ」について~

「しつけ」に関しては、各家庭に様々な意見やポリシー 「教育方針」があるため、決して「正解」と言うものがありません。 むやみに人に忠告してはいけませんし、人の話も参考にするだけにしておきましょう。 同じようにしつけようとしても子...
赤ちゃんの知育

赤ちゃんの言葉の発達に早い・遅いはある?~言葉を覚え始める・理解し始める時期に大切なこと~

「コミュニケーション」をとるうえで、非常に大きな役割を果たす存在である 「言葉」というものは、幼い頃から少しずつ覚えていくものです。 しかしながら、「専門用語」といったものを抜きにして どの言葉を・どの時期に覚えたのか、ということ...
タイトルとURLをコピーしました