「赤ちゃん返り」はいつまで続くの?正しい対応は?~「愛情不足」との関係性と「マザコン」になってしまう可能性について~




「イヤイヤ期」を代表とした、赤ちゃんの情緒の発達に伴う様々な悩み・・・

その中の1つとして、「やっと少し手が離れたかな?」という時期に起きる
赤ちゃんに戻ってしまう現象、いわゆる「赤ちゃん返り」と呼ばれる振る舞いがあります。

「あの姿にもう一度、会える」

と考えれば、少し嬉しいものでもありますが・・・

実際には、赤ちゃんだった時の「手を焼いた」部分だけ戻ってしまうことが多いようです。

幼児期特有の悩みに関しては、典型的なものが共有される一方で
その状況というのは、お子様それぞれ異なるものになります。

こと赤ちゃん返りに関して、世のお母さんはどんなことに悩んでいるのか、

一体どんなことになるのか?

その時どんな対応をするべきなのか?

変化球な疑問からも、考えていきます。

いつから始ることが多いの?

赤ちゃん返り

と一言で言っても、その様子・振る舞いには様々なものがあります。

典型的な振る舞いとしては、

  • 頻繁に抱っこをねだる
  • 母乳を欲しがる
  • 寝付かなくなる
  • 駄々をこねて見せる
  • 終わったはずの指しゃぶりを始める
  • 本当はできることも一人ではできないふりをする

といった様子が、顕著な例と言えます。

イヤイヤ期が治まってきたと思ったら・・・とう時期から見られることが多く
「反抗」の後に「寂しくなる」といった、幼児特有の情緒不安定さの一部でもあります。

また弟・妹が生まれるいった時期に現れることも顕著です。

「羨ましいな」

「自分のものだったのに」

といった”嫉妬”のようなものが原因であることは想像がつきやすく、不思議な現象でもありません。

特に「授乳」や「常に抱っこ」といった、自分もしてもらっていたことを目撃した際に
「スイッチ」が入ることが多く、まさに「ちくしょー!」といった感情と思われます。

また5・6歳から始まってしまうことも珍しくなく、”何歳に注意”とは一概に言えないものでもあります。

「しっかりしていた子」ほどなりやすいかも?

赤ちゃん返りは、「甘えん坊」の子がなりやすいイメージがありますが

逆にしっかりしていた子ほど、注意が必要です。

そもそも、供が本当にしっかりしているわけはなく、どこか無理をしていることもあり
その<我慢>が大きいほどに、爆発してしまった際に”重い”ことになりがちです。

「反応」から「バランス」を考える

上記したように、本来であれば「卒業」したことも
「もう一度経験したい」と思うこと、経験している様子を見ることで
よりイメージが沸いてきて、「もう一度」と考えてしまいます。

しかしながら、本人も「もう違うよな」ということを理解していて発作的なものも多いようです。

その際に、「もうお兄ちゃんでしょ」となだめたりすることが一般的と思われますが

場合によっては、逆効果となってしまう場合もあります。

「たまにはしてあげる」ことといったことも大切であり、
それがどの程度かのさじ加減は、子供の「反応」から判断する必要があります。

言うまでもなく、「完全放置」は絶対にNGであり

  • 理解させる
  • 理解してあげる

といったことの、バランスが大切です。

自分から抱きしめてあげる

赤ちゃん返りをした子供が、頻繁に求めるものに抱っこがありますが
この抱っこを「しかたなく」ではなく、時にはママさんからしてあげることも秘訣の1つです。

  • 自分が求めるから、してくれる
  • 求めるのに、してくれない

といった状況ではなく、「不安」や「甘え」を「安心感」に変えてあげましょう。

「愛情不足」で起きやるくなるの?

赤ちゃん返りは、「愛情不足」の際に起きやすいと言われます。

確かに、これは一理あることは否定できませんが
考え方としては「かけていないからなる」ではなく、「(子供が)感じられない」から起きやすいと言えます。

「新しい子にかかりきり」といった状況で、顕著に見られることから
「自分をもっと見て欲しい」という気持ちが関係していることは、確実である言えます。

そのため、下の子を優先してしまった結果として
愛情不足を感じ、結果として起きると言えないわけではありません。

決してそんなことはない、と思っていても
結局は受け取る側の気持ちが大切であり、注意することは必要です。

また、

  • おねしょの頻度
  • 異常な夜泣き

といったことが見られる(おさまっていたのに)という場合には
その子への接し方を、より慎重なものにして欲しいと思います。

「マザコン」になってしまうリスクがある?

赤ちゃん返りを否定せず、全て受け入れることで
「いわゆるマザコン」になってしまうのでは?と心配する方もいるようです。

しかしながら、そう単純に言えるものではありません。

もりろん、「あまりに状況を受け入れてしまう」ことによって
赤ちゃん返りの振る舞いが、長引いてしまうことは十分に考えられます。

赤ちゃん返りを卒業できず、慢性的になってしまうことで
マザコンと呼ばれる状態になってしまう可能性は、否定できないことも確かです。

こういったことからも、赤ちゃん返りに関しては
「いつまで続くんだろう・・・」と不安になる方よりも
「かわいいから、しょうがない」という方の方が危険であり
「いつまで」という懸念よりも、スムーズに着地させることが重要です。

いずれにしても、赤ちゃん返りしたお子様への対応としては

  • 全ては受け入れない
  • 甘える前に甘えさせてあげる

といったことを常に意識するべきであり、
その際に大切なのは、「その子にとってのバランス」を早めに判断することであると言えます。

タイトルとURLをコピーしました