子供が幼い時期に母親が仕事に出ることは成長に対して悪影響がある?




前提として、

「あまりに幼い」というのは、感覚として個人差があるものと言えます。

そのため「何歳からであれば大丈夫」ということは、結論としてないものとします。

そもそも各家庭の事情であり「ママ自身」の事情でもあり、他人がとやかく言うことでもありません。

とは言っても、

「子供を置いて働きに出る」

ということは実際に不安なものであり、悩んでいる方・家庭は多いものです。

そして、その悩みの多くが「小学校に上がっていない」たという時期であること
「働いている間にどこかに預けなければならない」という、
時間的・物理的に、「離れる」ことに対する懸念と言えます。

昨今では「育メン」という言葉ももてはやされていますが、一方で子育てに「軸」はいつの時代も母親です。

「出産」という男性にはできない経験を経て、
幼いうちは母親が育児をするものである、という風潮は
過去・現在・未来と、変わることはないのかな?と思います。

もちろん、事情があって母親が育児に参加できず「父親だけで育てる」というケースもあります。

しかし、「父親はいつから働き始めるべき?」となりません。

「子育ては母親がするもの」と、認識されている証拠です。

これを「不公平」ととるか「勲章」とるかも、人によって差があると思われます。

そのため、働きに出ること自体が「いいか・悪いか」という

内容に関しては、何の解決にもならないと言えます。

「何が一番心配なのか?」を整理する

こういった問題を考える際は、「それが問題か否か」というよりも解決策を考えることが必要ですが
その前に「そもそも何が問題なのか?」という、問題点について挙げておく必要があります。

そしてママさんが最も心配になることは、働いている間に離れ離れになることで
「赤ちゃんの心」に、弊害はあるか?ということだと思います。

大げさに表現すれば、

「寂しさからトラウマになるんじゃないか?」

「寂しい思いをさせたことで、恨まれるのでは?」

といった、「情緒」の成長や「愛情」に関わる懸念です。

「タイミング」は確かに大切な要素

そういった問題に関しては、「全くない」とは決して言えないものであり
赤ちゃんの個性(寂しがりや)や、また心の成長の度合いといったことが大きく関わります。

現実的なことを言えば、「1~2歳」の時期といった自我が目覚める前に「習慣化」しておくことで
「お母さんはいないもの」という認識を持つことから、それほど問題なくスムーズに運ぶことも多いです。

最も「微妙な時期」と言えるのは、やはり「2~3歳」の「寂しいという気持ち」が増幅しやすい時期です。

これも一概には言えないものになりますが、
子供が1歳になる前から働いている女性も珍しいものではありません。

結局は、赤ちゃんの「人柄」や「性格の傾向」から「それが可能か否か」という判断を下すしかありません。

「1歳になる前」から働けるということは、おそらく家庭内でお世話をしてくれる人がいて
「保育園に預けなくてすむ」という方の割合が多いはずです。

しかしながら、「保育園に預けながら」という方もいます。

各家庭・赤ちゃんの条件、それぞれと言うほかないものです。

「コミュニケーション」で最大限埋めるしかない

こういった問題に関しては、「一緒にいられる時間を充実させる」しか解決策はありません。

預ける前・お迎えの後のケアから、お休みの日の接し方まで、様々なアプローチがありますが

ある程度成長してきた・慣れてきた際には、ぜひ「お母さんが働いている意味」を伝えてみましょう。

そもそも働こうとすること目的とは、やはり一番は「お金」のためであり
「家計」のためであり、最大の目的とは「子供の将来のため」であるはずです。

もし、自分のやりがいのために働くにしても「お母さんが輝いている」ということは
結果的には、家族へのメリットにもつながるはずです。

そういった場合にも、「仕事の楽しさ」や働かせてもらえることに対して
赤ちゃん・子供へ、「感謝」の気持ちを伝えるべきです。

「目的」明確にしておく

しかしながら、もちろん「どうしても・無理してでも」
働かざるをえない、という事情がある方も多いはずです。

そういったケースというのは、ほとんどが「金銭的な事情」があることが多いものであり
離れ離れの時間が多い場合には、自分自身もつらいはずです。

「赤ちゃんを置いて働くデメリット」をただ考えていても解決しません。

とにかく、「これも赤ちゃんのため」ということ心に留め
自分も・赤ちゃんも「楽になるための手段」を常に探すこと
またコミュニケーションの重要性は、変わりないものであり
「ベスト」な対処を、探す・見つける・続けるしかありません。

タイトルとURLをコピーしました