「まともな育児」に必要なお金とは~なんとかならないから幼い時期から備えておくべき「教育費」~




「子供を生んで育てる」という素晴らしいライフイベントには、相応のお金がかかります。

家庭の経済状況である、いわゆる「家計」に関しては
各家庭によって事情は異なるものであり、他の家の”本当の家計”を知る機会は少ないものです。

また現代では「お金がない」ことが理由で、出産をためらっているカップルの増加という
非常に残念な事態が、かなり進行してきており、
いわゆる「少子化」の原因は、「カップルの経済状況にある」とも言えます。

「人の親」となった方には、言うまでもありませんが”生んでからが大変”であり
授乳・夜泣き等以上に、現実的なことに頭を悩ませている家庭は多いです。

初めての赤ちゃん、2人目の赤ちゃん、3人目の赤ちゃん
それが何人目だとしても、家族が増えることは幸せなことです。

この子のためなら何でもできる、全力で守っていこうと考えるはずです。

しかし、「愛」だけでは生きていけないのが世の中です。

赤ちゃんはかわいい

子育ては楽しい

家族に囲まれているだけで幸せ

だけでは、生きていくことはできません。

人生において、最も現実的な問題がお金です。

そしてこのお金の問題は、家族が増えれば増えるほど大きくなってきます。

ここでは、「節約」といった「どうすべきか」ではなく
まずは現実をとらえ、更にその先の「考え方」を変えることでできることを考えていきます。

「なんとかなる」では済ませてはいけない要素

何がそんなに悩ましい、つらいのかと言うと
「我慢」することで、解決することができないことです。

「夜泣き」といったものは、期間がある程度決まっており
トラブルを抱えていたとしても、いずれは解決するものでもあります。

「そんな時期もあったね」と、笑える日がくるものです。

特に「イヤイヤ気」等は大変であった分、精神的な成長が嬉しかったりするものです。

しかしながら、お金にはそれがありません。

むしろ大きくなるごとに<どんどん膨らむ>ものであり、「オムツ代」と「学費」は比べものになりません。

そして”なんとかなる”という感覚では、いずれ非常に厳しい現実が襲ってくることになります。

「ちゃんと育てたい」そう思うからこそ、出産に対し慎重になるのです。

すでにママ・パパとなったカップルもに関しても、
しっかりとした教育を受けさせてあげて、自分を夢を持って育って欲しいはずです。

そして、そのための「習い事」や「塾」といったこともまた
お金がかかるものであり、「必要ないこと」と思っていても
やはり子供の希望であれば「やらせてあげたい」ものです。

塾に行かなくても、勉強ができる子はいるかもしれませんが
やはり「行っている子」の方が、リードするものであり
「もし行ってれば、もっと良くなっていた」ということも
また、ある意味では「後悔」につながる要素でもあります。

※参考記事:お金持ちの子供は貧しい家庭の子供よりも頭がいい・有利なのか

「ひとりだち」までにいくらかかるの?

教育資金に関しては、様々なデータがあり

そのパターンも様々な要素(公立・私立・塾)によって、劇的に変わってきますが・・・

中学校卒業までの金額(小学校・中学校は公立)で

おおよそ、1500~2000万円と言われています。

この中には「食費」や「衣服」や「旅行・娯楽」といった、様々な要素が含まれていますが

子供1人を15年間育てるためには、

一般的なサラリーマンの年収の4~5倍かかるということです。

更に、この後に高校に入学すると”学費だけ”
公立高校で年間40万円、私立高校で年間100万円かかり・・・

更に更に大学の4年間の学費は

国公立で240万円、私立文型で400万円

私立理系で500万円、私立医学部で最低2000万円であり・・・

1人の子供を大学卒業まで育てるには、「3000万円」の出費を覚悟しなければなりません。

このうち純粋な「学費(学校・塾)」に関しては
1000万~1500万と考えられますが、それでも大金であることには変わりありません。

そして恐ろしいことに、日本においては賃金は減少傾向にありますが
教育機関における学費は、年々上昇傾向にあります。

本来であれば、子共が生まれる前から・妊娠する前から真剣に考えなければならないことですが
何となく、「何とかなるだろう」と考えていたご家庭もあるかもしれません。

「何とかなる」では、なんとかなりません。

育児に”いくら使えるか”によって、その子供の将来も変わってしまう可能性があります。

まだ幼い今からでも、真剣に考えていきましょう。

ただし、早い時期ら遠い未来に備えることは確かに大切ですが
「差し迫った未来」の方が、現実的に考えられると思います。

ここでは、少し先の「近未来」を深堀していきます。


出産~入園前にかかるお金

出産後から幼稚園に預けるまでは、「おうちの中」で<ママが育てる>ということが
一般的な常識となっており、当然のことでもあります。

親世代と同居していて、おじいちゃん・おばあちゃんも一緒に育児に参加できる場合と
ママが1人で育てる場合で、育児に関する負担は大きな違いがりますが
ことお金に関しては、それほど差がなく大まかな要素はほぼ決まっています。

幼稚園に入園するまでに、赤ちゃんにかかるお金というのは

  • おむつ代
  • 食費(ミルク・離乳食)
  • 医療費(検診・予防接種)
  • 衣服費

以上が大まかなものであり、「買わない」という選択はできないものです。

節約をしているとしても、それほど差がないものと言える要素です。

というのも、

基本的にこれらの赤ちゃん用品は、「日本製」のものが非常に優秀であり
近所のスーパーや薬局で気楽に手に入るため、こだわる要素は少ないはずです。

乳幼児期の赤ちゃんにかかる生活費の内訳

一般的な赤ちゃん1人につき、1月で科ならずかかる費用として

  • オムツ代・・・6000円前後
  • ミルク代・・・8000円前後

以上が平均と考えられますが、「完母」と呼ばれる完全母乳育児か
粉ミルクを多めに利用するかによっても、わずかな違いが出ます。

また哺乳瓶や消毒キットに関しても必要であり、スキンケアセットに関してもプラスされ
結果的に「おっぱい」と「うんち」だけでも、「1万5千~2万円前後」かかる場合もあります。

また光熱費に関しては、赤ちゃん1人増えると「5千円前後」がプラスされると想定しましょう。

内閣府のデータでは、0歳~1歳の間の1年間での出費は平均で93万円となっています。

月で計算すると、1月で平均7万8千円となります。

そして1~2歳・2~3歳となるにつれて、毎年10万円ずつ増えていく傾向があります。

オムツが取れたり、離乳食・普通職に切り替えたりなど
増えるものや減るものがありますが、総額では増えます。

少し金額が多い気がしますが、これには「保険」「積み立て」も含まれており
また、急な出費も「よくあること」となります。

また出産に関わる入院に対し、「出産一時金」などの制度に関しても
各自治体でしっかり調べて、有効に利用しましょう。

乳児期では平均が取りづらいことも多いですが、月々かかるお金とに加え医療費なども念頭に置きましょう。

生まれてから一定の期間、家庭内で育児・成長した後
多くの赤ちゃんが小学校に入学する前に、保育園もしくは幼稚園などの「教育機関」に預けられ
小学校に上がる前の「基礎教育」や、人間関係等の基礎を養うことになります。

しかし義務教育ではないこれらのは、公立の小学校や中学校よりもお金がかかる場合もあり
また、人数の制限で預けることのできない「待機児童」の問題もあります。

少子高齢化が叫ばれる昨今であっても、制度や環境が整っていないため
現在この時期にあたるお子さんを育てているご家庭は、非常に困難な状況であることが現実です。

小学校入学までにかかるお金

幼稚園~小学校の時期にかかるお金というのは、主に「教育費」として考えることができます。

幼稚園(保育園)の月謝に加え、何らかの「習い事」を始めてみるのもこの時期に多いです。

幼稚園・保育園に関しては、

  • 4歳になる年「年少組」から入園する子供
  • 5歳になる年「年中組」から入園する子供

2つのパターンが主になりますが、3年間通うことを考えた場合

  • 公立・・・約70万円(3年計)
  • 私立・・・約150万円(3年計)

と、2倍の開きがあります。

1年間では、「約25~50万円」ということになります。

遠足代や給食・弁当費も含まれるため、それぞれの地域・機関によって差がありますが
月々、多くても5万円ということが想定できます。

そして、これ以外にも

  • 家庭での食費
  • 衣服代
  • 生活用品
  • 医療費
  • レジャー費

これらを考慮すると、

1ヶ月平均で「養育費」として「合計8万円」

という数字が平均となります。(公立・私立含)

教育費に大きく影響する「習い事」

以上は、「どうしてもかかってしまう」お金になりますが
これらに加えて習い事・塾といった、ある種の「贅沢費」も加わることになるのがこの頃です。

英才教育・飲み込みの能力の観点から考えると、「早ければ早いほどいい」ということは確かであり

  • ピアノ(音楽)
  • スケート(各種スポーツ)

これらの分野で一流を目指すことを考慮した場合、幼稚園の時期から始める家庭が多いことは事実です。

もちろん子供の意思で興味のある分野を、伸ばしてあげることも必要であり
「無限の可能性」を試すことが出来るのもこの時期です。

※参考記事:私立学校の受験のために塾に通わせるべき?塾に通わなければ合格できない?

一番現実的に学費に備える方法

計画を立てましょう!

収入を増やしましょう!

節約しましょう!

投資しましょう!

お金に対するアドバイスは、巷に溢れていますが
どれを採用するかは家庭それぞれであり、これらには「正解」はないと言えます。

唯一確かなことと言えるのは、「貯金はした方がいいよ」ということであり
そして、その際「感覚」に注意して欲しいと思います。

「余ったら貯めよう」というのは、「貯められない心がけ」であることは広く知られており

やはり「学資保険」といった、「積み立て」が有効と言えます。

ある意味で「強制徴収」でもあり、「そのお金はないもの」と考えて日々の生活を送り
いざという時に、「我慢させなくてすむ」ことを考えましょう。

「保険」とは様々な種類があるものであり、一概に「これがいい!」ということはできません。

比較してみて、自分達に相応しいものを選びましょう。

「なんとかなる」では「なんとかならない」ものです。

「時代が悪い」と言えばそれまでになってしまいますが、できることとはやっておくべきであり

やはり「後悔してほしくない」ということは、全ての親御さんに共通の気持ちだと思います。

「貯めるべきなのは分かっている」

でも、

「貯められない」

そういったご家庭は、必ず入っておくべきと言えます。

タイトルとURLをコピーしました