しつけのために「手をあげる」ことはやっていいものなのか?~体罰の効果・限度そしてその「意味」とは・・・~




しつけ・お仕置きの際に、「手を上げる」ことについては
「いい」と「悪い」で語ることは、非常に難しいものです。

「いや、だめだろ」という意見を持った方・家庭が大半だとは思われますが、

実際には、特に男の子のいる家庭においては
「一度も手を上げたことがない」というケースは非常に稀であるはずです。

もちろん、「現実的な限度」といったものもありますが
その限度(子供に対してやっていい度合い)というのもまた
各家庭・人によって、感覚に違いに差があります。

特に「パパ・ママがどうされてきたか」というものが、非常に大きく影響するものであり
改めて<子育て>とは、「自分がされたこと」の繰り返しになると言えます。

それが「暴力」であることを忘れてはならない

体罰(折檻等様々な言い方はあります)に関しては、
基本的に「その家庭の教育方針」であって、他人がとやかく言うことではないものです。

何より「受け取る側(される側、つまり子供)」によって、その効果・影響というものは異なるものです。

極端な例を挙げれば、

  • 軽い(軽くはたく等)もので効果がある場合
  • ボコボコにしても効果のない場合
  • ちょっとのことで「トラウマ」になる場合
  • 全く「なんの」意味のない場合

「手をあげる」という選択肢をとるということは、何らかの「悪いこと」をしたということです。

そして、その行為(発言等を)やめさせるため<やってはダメなこと教える>ための選択です。

しかしながら、間違いなくそれは「暴力」であり<暴力で諭している>ことを忘れてはなりません。

また「いつから体罰は可能なのか」ということに関しても、
「基本的にはやらない方が・・・」となりますが、やはり「しつけを始めた後」でなければ意味がありません。

体罰の目的(やってはいけないことを諭す)を理解できる
本来の意味(やってはいけないことをした)ということを
子供が認識しなければ、全く効果も意味もありません。

それ以前に体罰を行ったとしても、全く意味がない「ただ叩いているだけ」と言えます。

子供(赤ちゃん)は、「ただ意味もなく叩かれている」と認識されるはずです。

※参考記事:「しつけ」を始める時期と注意点

「その子にとっての加減」が重要

いざ親になった際には、ほとんどの方が「まあ、やむ負えない時はあるよね」と思うはずです。

他の子に迷惑をかけていたり、道路に飛び出して車にひかれそうになった際には
<反射的にひっぱたく>ということは、度々目にするものです。

あくまで「状況」と「度合い」が重要であり、”無意識のうちに加減している”ことも多いです。

できていれば、大丈夫です。

1歳未満の子供を「強めに叩く」ことに対しては、それはさすがに・・・と、思う方は大半だと思います。

また、冒頭で挙げたように

「女の子よりも、男の子の方が圧倒的に体罰を受けている」

この現象はある意味で「性差別的」と言えるものですが、当然のことにように受け入れられ続けています。

「暴力的な雷オヤジも、娘には甘い」ということは、典型的な例でもあります。

あくまで「加減」が重要であり、それは「その親子次第」であり
「子供の特性」を見極めることが何より重要なのです。

「結果オーライ」であれば、”加減”は問題はなく
問題になるのは、「受け取り(られ)方」を間違えた時になります。


「罰」ではなく「反省する機会」をにするべし

体罰とは1つのしつけの形であり、その「意味」が、何より重要と言えます。

「意味もなく叩く」は、誰がどう考えてもNGです。

尚且つ、子供が「自分のため」と思えなければ意味がないものであり、マイナスでもあります。

この人ストレス解消のためにやってる・・・ということは、子供は非常に敏感に感じます。

手をあげる前には、必ず「慎重な自問自答」が必要です。

そもそも、<折檻>の意味には

肉体に痛みを与えてこらしめること

というものであり、そもそも「罰」という意味合いが強く
言葉で諭す際よりも「しつけの意味」が薄くなります。

しつけとは「間違ったこと・失敗したこと」を、改めて・正しめるという意味があるはずです。

必ず<反省>して「悪かったこと」を「繰り返さない」ために<考えさせる>必要があります。

しかしながら「痛み」が伴う場合には、<うらみ>といったものが沸いてきがちです。

パパ・ママにも、経験があるはずです。

ちくしょー!いてーな!となりがちなのです。

そして、そういった経験というのは「悪いことを隠蔽する癖」といったことが
染みついてしまう危険性が考えられます。

そうならないためにも、「お仕置き」が「罰」にならないためにも
必ず「考えさせる」という、段階・機会が必要です。

「叩いて終わり」ではなく、どうして叩かれたのか
何が悪かったのかを、自分の言葉で説明させてあげましょう。

ある意味で、「逃げ道」を作ってあげることであり
「言い訳」というよりも、「自分自身への問いかけ」という効果もあります。

「違う問題」があるケースも

時代の流れもあり、そもそも「子供に手をあげる」ことは
全体的に少なくなってきた、あまり見られないように思います。

しかしながら、

「どうしても言葉で諭すことができない」

「物理的に止めるしかない」

といった「きかん坊」は、いつの時代にも存在するものであり
心苦しくても、どうしても体罰を行わざるをえない場合もあります。

日常的に体罰を行うのは、やはりいいものとは言えず
そういった「子供にも問題があるかも?」という場合には
専門の機関に、相談してみることも必要かもしれません。

※参考記事:極度に集中力・落ち着きがない子供の育て方

決して「自分の機嫌」で怒ってはならない

これほど「正解」がないものものもありません。

様々なメディア・教育機関でも、語り尽くされているものであり
それでも万能な躾法は確率しておらず、「各家庭でお子様に合ったしつけ内容」を施していくかありません。

それにしても「正解か分からない」うえで進めていくことになります。

当然、間違いもあると思います。

しかし「愛情」があればいいのでは?とも考えられます。

ダメなのは、「感情」で怒ること
”しつけ”ではなく「罰(ペナルティー)」を課すことです。

「感情による叱責」の悪影響

誰しも感情はあり「機嫌がいい時・悪い時」が存在します。

そして、期限が悪い時に子供が言うことを聞かなかったり
駄々をこねたりすることで「いつもより強い対応」をしてしまうこともあると思います。

しかし、子供は非常に敏感であり

「この人は機嫌が悪いからいつもより怒ってるんだな」

ということは、ばれてしまいます。

そこから「機嫌が悪い人を怒らせてはいけない」

ということを学ぶ機会であることは確かです。

一方で、「人の機嫌を異常に気にする」ような「萎縮」する癖がついてしまうこともあり
「異常に人の目を気にする人間」というのは「神経症」になりやすい傾向があります。

「軽いトラウマ」とも考えられ、生涯にわたり「他人の評価」に縛られることになります。

もしくは「つきあってらんねえ」と、半ば自暴自棄な性格の傾向が見られることもあります。

「罰」でコントロールする弊害

また、しつけに「罰」を導入することもやってはいけない典型的なものです。

幼い時期に「罰」によってコントロールされていた子というのは

  • 失敗を恐れて挑戦しない
  • 失敗して怒られるよりは「現状維持」
  • やはり「一目」を異常に気にする

というような傾向が見られます。

そして、最もやかいな影響が

「怒られたくなくて嘘をつく」

ということが見られる子が非常に多いということです。

  • 失敗を隠ぺいする
  • (宿題等やっていなくても)やったと言い張る
  • もしくは、そんなものはないと嘘をつく

嘘をつくことに慣れてしまうと、罪悪感というものは無くなります。

当然、そういった人間には「誠実さ・正直さ」というものは皆無です。

「やってはいけないこと」を教えるだけでいいはず

「しつけ」とは

  • 人が傷つくことをする
  • 公共の場で騒ぐ
  • 「くちゃくちゃ」音をたてて食べる

こういった「やってはいけないこと」「教える」だけでいいはずです。

教えてもダメな場合に、親として・人間としての真価が問われます。

  • できなかったら、すぐに殴る
  • 2回までは許す

どう対応するかで、子供の将来は変わってくるでしょう。

更に「勉強」や「テスト」といった要素が加わることによって、更に複雑になることは間違いありません。

そして「子供の方向性」と、それによる「しつけの方向性」が決まってしまうのも
”5歳まで”であり、「ひらがな」等と同時に「心の教育」をしていくことも非常に重要なことになります。

タイトルとURLをコピーしました