「ひらがな」の読み方の練習と教え方




「文字を読むことができる」ということは、勉強・学習をするうえで必要不可欠なことであり
特に「知能学習」に関しては、”読むことができる”ことがスタートになります。

常識的なことですが、文字を読めなければ
「読書」等といった「知識教育の基礎」を始めることすらできません。

こういった、「言うまでもないこと」を意識することは
”大人ではない”人間を教育するうえで、非常に大切なことです。

「ひらがな」「20までのすうじ」は、3歳までに「読める」ようになることが目標ですが
”早すぎる”ということはなく、マスターした後はその先の「カタカナ」と「漢字」
そして「書く」という次の段階に、どんどんステップアップしていきましょう。

結果的に、

「ひらがな」

「カタカナ」

「100までの数字」を、4歳までに「書ける」ことを目指しましょう。

「少し早いのでは?」という意見もありそうですが

「小学校入学」までには、”必ず”でて欲しいことであり
直前になって焦るよりは早めにマスターしてしまった方がお、母さんとお子さんの両方のためでもあります。

「形」から「文字」へ

当たり前ののことですが「文字」を<認識>しないことには
「本を読んでいる」ように見えても、それは文字を「形」として認識していることに過ぎません。

しかしだからといって読書に意味がない訳でもなく、「読めないものを読む過程」は非常に重要です。

<発音>が認識のきっかけ

人間は生まれる前から耳が聞こえていることからも、まず最初に「聴覚」によって文字を認識します。

文字を覚えるということは、「あいうえお」と聞こえるものを
「あいうえお」の形をしたものに「合致」させていく作業です。

そのため、最初は「あいうえお表」の文字を
”指差しながら”発音していくことが、最も単純で最も効率のいい教え方です。

「習慣」を作ってひたすら繰り返す!

そしてこれを「毎日」続けること、できれば「午前・午後」「朝・昼・晩」と
間隔を空けて、<習慣慣的に繰り返す」ことが大切です。

この<反復>は「記憶学習」の基礎であり、「睡眠」によって「リセット」と「定着」を繰り返し
定着が勝ってくることによって、忘れ(にくく)なくなります。

そして「、あいうえお表」といった「規則性」のあるものを
「間違いなく」認識出来るようになったら、次は「ランダム」に読めることを目指します。

これは?これは?と「あ」の次に「い」でいものを指差してみることで、「規則性」から自由になります。

規則性とは恐ろしいものであり、「<あ>の次は<い>」と認識してしまっていることもあります。

「九九」は2×1、2×2とという順番で覚えますが
「テスト」や「日常」であっても、規則的に計算することはありません。

「ランダム」のものを回答できなければ意味がありません。

そうならないために、時々ランダムな「いじわる」をしてみることで認識が早くなることも多いです。

これを「単語」につなげ、「読書」にステップアップすることで劇的に識字能力が上がってきます。

とはいっても、

まず最初の段階では規則性を理解することが重要であり、
「ひらがな表」の導入と「発音遊び」からスタートしましょう。

おまけの豆知識

「象形文字」や「くさび形文字」といったものは、中学校で習った記憶があるお母さんも多いと思います。

人が「伝える」ために作った文字の元祖であり、最初は「絵」や「絵に近いもの」によって
相手に何かを伝える、次の世代に記録を残すということがなされていました。

しかし絵というのは”書くのがメンドクサイ”ものであり、効率化のために変化し続け「文字」に至ります。

最終的に、

  • ラテン文字
  • アルファベッド
  • 漢字
  • ひらがな

・・・etc

と、何通りかに「着地」しています。

”ひらがな”はほぼ日本でしか使われていませんが、おそらく「最高に効率化された文字」です。

英語であれば「ko」「koh」「co」「cho」と、何通りもの表現・発問で表すものを「か」の一文字で表し
発音のパターンは、ほぼ1つになります。(箸と橋の違い程度です。)

日常的に「漢字」と「ひらがな」を使い、中学校から「英語」が必修になっている我々は
語学において、かなり洗練された環境にいます。

そもそも「識字率」が最も高い国の1つです。

その一方で日本人は英語が「使えない」と言われています。

「これだけ使いこなしているんだから、もういいじゃん」

なんていう感覚がある人が多いのかな~とも思います。

これを機会に、お母さんももう1度「英語」を勉強し直すこともおすすめです。

 

おすすめの幼児向け通信教材の解説ページ

タイトルとURLをコピーしました