<PR>朝が苦手なお子様におすすめの「光目覚し時計-inti(インティ)-」の効果で<どうしても起きない>を対策・矯正する




起きてくれない!

ちゃんと朝ご飯を食べてくれない!!

機嫌が悪い!!!

お子さんの、「朝のリズム」にお悩みのお母さんは多いと思います。

どうしても起きてくれない・・・なぜ・・・?

「眠いから」「だるいから」という言葉だけ・・・

お母さん自身が「朝が苦手」という方であれば、理解できることもあるかもしれません。

ただし、この「朝に弱い」という体質(習性)は可能であれば・・・

というよりも、

全力を尽くして、矯正すべきことと言えます。

体質的に「低血圧」という事情があり、やむ負えない場合もありますが
朝が苦手な状態というのは、生涯を通して「不利」と言えます。

あまりに先のお話をしても仕方がありませんが、
分かりやすい例で言えば、そのままの状態で成長してしまうことで

「会社に遅刻する」という将来的なリスクを、高めてしまう危険性があります。

決して大げさなことではなく、「遅刻癖」のある人の多くが「幼い頃から朝が苦手」という傾向があります。

加えて「周囲がその状況を許していた」とう事情も、大きな要因と言えます。

学校であれば、今は、それで大丈夫かもしれません。

しかしながら「三つ子の魂百まで」というのは、思いもよらない部分にも大きく影響を及ぼすとなのです。

ぜひ”起こしてあげる”という感覚ではなく、「起きれるようにしてあげる」ということを意識しましょう。

自然な目覚めを体に身に着ける「光目覚し時計-inti(インティ)-」

そして、そんな「子供がどうしても起きない」ということに関して
危機感をお持ちのご家庭におすすめしたいアイテムが、「光目覚し時計inti-インティ-です。



起床時に「朝日に似た光」を浴びせるという、非常に合理的であり健康的なコンセプト機能になります。

設定した時間の少し前から、徐々に光が強くなる仕掛けで
より優しい、自然な目覚めを実現することができます。

類似品もたくさんあるようですが、「基準を満たす(太陽光の光の量等)」のは
この「光目覚し時計inti」だけであり、ぜひ「本物」を手に入れて欲しいと思います。

本体価格で「25,800円」は、「ちょっと高いな」と思われるかもしれませんが
ずっと使えるものであること、将来的なリスク(大げさですが冗談ではありません)に備えて
投資する価値は、十分にあると思われます。(安くないからこそ最初から「本物」をおすすめします。)

ご購入はこちらから⇒「光目覚し時計inti」の公式ホームページ

「朝に光を浴びる素晴らしさ」というのは、極めて合理的です。

ぜひ、公式ページの解説を読んでご納得のうえお求めください。

「朝型」は本当に素晴らしいのか?

「朝起きなければいけない世界は狂っている!」

もしかしたら、そういった意見もあるかもしれませんが
世の中の大半のものごとは、「朝起きて、夜寝る人間」のために設定されています。

それに合わせる必要があるというよりは、「合わせないと不利」です。

実は私自身、かなり「夜型」です。

しかしながら、それは社会人になってからであり
言い訳をさせてもらえば・・・学生時代・社会人初期は朝方でした。

試験等は午前中から始まることが多く、「万全の状態でスタート台に立つ」ということが重要であるためです。

戦う前に、勝負は始まっているのです。

最高のスタートはリニューアルされた「光目覚し時計inti」で。

改めて「早めに対策」する意味

繰り返しになりますが、いくつになっても夜型よりも朝型の方がいいに決まっています。

忙しくて、どうしても不規則な人こそ痛感することです。

当サイトでは、学習において何事も「早く始める」ということを推奨しています。

それは早く始めることが”有利”である一方で、大人に比べ子供は「対応しやすい」ためです。

記憶力・飲み込み共に、大人より素晴らしいことは明確です。

だからこそ「スタートダッシュ」が重要であり、「午前中」という時間を無駄にして欲しくないと思います。

また、「起きるのが遅くて、朝ご飯を食べない」と言うのは最悪です。

大事なことなので、もう一度言います。

「最悪の習慣」です。

ちゃんと朝食を食べさせるために、ちゃんと起こすことも大きな目的です。

大事な仕事は朝やるべきだ!という格言は、ビジネス書等でよく聞きますが
大人の「事情」なんかより、子供時代の「習性」の方がよっぽど大事です。

「大人になるまでに賢くなる」ために、朝起きるのです。

おまけ:良い子は絶対にマネするなよ!

超不規則な私が編み出した、「遅刻をしない裏技」は・・・「寝ない」ということです。

言うまでもなく、絶対におすすめしません。

明らかに能率が落ちる実感があります。

「ちゃんと寝て、ちゃんと起きる」

せめて、社会に出るまでは・・・

もちろん、社会人にとっても規則正しい生活に越したことがありません。

お父さん・お母さんにもぜひ。

「光目覚し時計inti」の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました