「幼児」は何歳までに何ができるようになっているのが必要で理想的なのか?




今回から、少しずつ実践的なことをお話していこうと思います。

幼いお子さんを子育て中のお母さんが、最も気になること
特に初めての子育ての場合に、非常に気になることが・・・

「何歳までに、どんなことができるようになっていればいいのか」

ということだと思います。

子育ての前提として「人と・人の子と比べてはいけない」ということが挙げられます。

これは決して忘れてはいけません。

<比べる>のではなく、「当たり前に一歩先を行く」ということを目標としましょう。

常に周りからリードし続ける

「幸せのための英才教育」を施していくうえで、
<常に周りよりもリードしている>ということは”必須”になります。

これには様々な理由がありますが、一番は「劣等感」を持たせないことが目的になります。

お母さん自身も、忘れないで欲しいことが
「優越感を持つ」よりも「劣等感を持たない」ことが重要であることです。

お母さん・お父さんの中には、「一度も嫉妬したことがない」という人はいないはずです。

「劣等感」は「嫉妬・妬み」につながります。

当たり前ですが、そういった感情は「マイナス」です。

できるだけ抱きたくない感情です。

劣等感は、性格を歪ませます。

そうならないためにも、「周りに遅れる」ということが無いようにしましょう。

また、先回りして知識を身に付けることは「有利」になるということ当たり前のメリットが挙げられます。

目安として、小学校入学までに3年分、最低2年分はリードしておきましょう。

基本的に、公立小学校の授業(カリキュラム)は非常に簡単です。

とっても、とってもレベルが低いのです。

授業と同じレベルで勉強していたのでは遅すぎます。

イメージとしては、「掛け算」は小学校2年生で習う内容ですが
小学校に入学する時点で、「九九」は完全にマスターしておきたいです。

無理だと思いますか?

全く無理ではありません。

これから少しずつ、段階に合わせて解説していきます。

ニンゲンは人と比べてしまうものだからこそ

「女の子が感じる初めてのコンプレックス」

とについての、心理学的なお話があります。

これは冗談ではないのですが、女性の根本的なコンプレックスは「おち○ちん」がないこと(らしいです)

物心つくかつかないかのタイミングで、お父さんと・男兄弟とお風呂に入った際に
「私が持っていないものを持っている」という「劣等感」を抱くようです。

どうしようもないことなのですが・・・

このお話で重要な点は、幼い時期から”劣等感というものを感じることができる”という点です。

つまり、幼い時期から「人と比べる」という習性があるのです。

これはやがて、

  • 出身大学
  • 貯金の額
  • バストサイズ
  • 夫の収入

といったものに変わっていきます。

身に覚えがあるお母さんもいるのではないでしょうか?

時に劣等感は「反骨精神」につながりますが、「劣等感からくる努力」というのは基本的はNGです。

必ず、「人格の歪み」を生んでしまいます。

だからこそ、まずは”遅れをとらないようにしてあげる”ことが重要なのです。

 

おすすめの幼児教育教材の解説ページ

タイトルとURLをコピーしました