子供の学力・能力を伸ばすための正しい褒め方とは~過程と結果のバランス~




あけましておめでとうございます。

本年も誠に勝手ながら、子供達の真の幸せについて考えていきたいと思います。

多くの親御様に読んでいただければ幸いです。

さて、2017年一発目は「褒め方」について。

「褒めて伸ばす」や「怒るよりも褒めましょう」という言葉は、育児本に必ず記述されています。

しかしながら、「なぜ褒めるべきなのか」ということや
「何に対して褒めるべきか」の”肝”が、ずれているような気もします。

最終的には、「厳しい将来」に備えた愛情が必要なのです。

ただ闇雲に褒めることは「危険」を伴うこと、いずれ「評価の概念」が変わってくる点を踏まえて
ちょっと思うところを解説していきたいと思います。

「褒める」ということは「認めてあげる」何よりの表現

「よくできたね」

「そんなことでできてすごいね」

こういった言葉は、「行動」による「結果」に対する「評価」です。

「褒められた」ということは「評価された」ということであり
それは「認められた」ということであり、「承認欲求」が満たされる

最も単純で、効果の高いできごとでもあります。

 

人間は、認めてもらえなければ、生きてはいけません。

 

これは、成長し、自立した後、社会に出てから重要なことになります。

幼い頃で言えば、母親に承認されなかった子供
いわゆる<ネグレクト>されていた子供は、その後の人生がなかなか困難になります。

これは統計的に明らかなことであり、「問題行動」によって周りに承認されようとする傾向があります。

もちろん、場合によっては「いいこと」をして認められようとすることもありますが
基本的には稀であり、それでも認めてもらえない場合には更に悲惨なことになります。

脱線しました。

このサイトをご覧の方は心配いらないことと思いますが、最もしてはいけないことは「無視」です。

幼い時期こそ「結果」ではなく「過程」を褒める

もちろん、幼い時期には「ただ単に褒める」ということも大切です。

褒めることによる「やる気」を引き出す効果について

しかし上記の記事でも述べましたが、「同じこと(レベル)」を褒める行為には賞味期限があります。

その対象も「レベルアップ」していかなければなりません。

また「承認だけ」求める傾向が出てきてしまい
結果が出ず、承認されなくなると、やめてしまう傾向も見らることがあります。

 

だからこそ、「過程」を褒めてあげる必要があります。

 

「結果が出た」ということではなく、”努力した”ということを認めてあげるのです。

「結果が出なくても褒めてくれた」ということで、より自己肯定感につながるのです。

そして、この「結果ではなく過程を褒める」ということに関しては
「幼い時期」に「お母さん(お父さん)」がしなければなりません。

なぜなら世の中は「結果が全て」だから

以上解説してきたことは、いずれ「建前」になります。

ここで、ちゃぶ台を返します。

 

世の中は、結果が全てです。

 

企業で言えば「売り上げ」「利益」の高い順に評価されます。

そしてそれは、「人」も同じです。

”頑張って”いても結果が出ないスタッフは、”怠けて”いても結果を出すスタッフよりも評価が低いです。

なぜなら、「人柄」よりも「結果」が大事だからです。

「一生懸命作りました!」といって出される料理が、毎回まずいレストランはいずれ潰れます。

もっと現実的な例として、自分や親しい人が「手術」を受けることになった際

  • やる気に満ち溢れている、手術が下手な先生
  • 性格が悪いけど、手術に失敗したことがない先生

どちらに執刀して欲しいでしょうか?

検討する余地はないと思います。

更に、

  • 下手な先生は「苦労人」で「努力家」です。
  • うまい先生は「ボンボン」で「浪費家」です。

気持ちが変わりますか?

特に「お金」や「命」がかかっていると、人間の本性が出ます・・・

世の中では、「過程」や「バックグラウンド」は評価されません。

「苦労人で成功した」というのは、あくまで「後付け」にすぎません。

こちらの記事もぜひ
本当は「競争」なんかしない方がいい~温かい心を持った優しい子供にするために~

「過程」と「結果」のバランスを考えて褒める

だからこそ、

せめて、幼い時期は結果を評価せず「頑張った」という過程を褒めてあげることが必要なのです。

しかし、徐々に「両方」が大切であることを理解させましょう。

そして、「結果につながる努力」ができるようにしてあげましょう。

「結果につながらない努力」は、いずれ評価さなくなります。

「過程を大切に」と言われるのは、学生時代の「部活」で終わります。

その前に、「とにかく評価された」時期を与えてあげるべきなのです。

本当の「負け組」とは

お正月から申し訳ありません。

冒頭で、「生きていくためには人に認められる必要がある」と述べました。

人間は、結果が出ず、認められない過程で腐ります。

腐ると、更にうまくいかなくなります。

いわゆる「負のスパイラル」です。

「お金がない人」を「負け組」と呼ぶ風潮があります。

当たり前ですが、お金のある・なしは、勝ち負けではありません。

 

「本当の負け組」とは、「もう何もする気が起きない」という人間です。

 

やる気がなければ、うまくいくわけがないのです。

幼い時期に「簡単に火が付いた」やる気は、年をとるごとになかなか着火しないことが現実です。

自立するまで「やる気」の炎を消さないことが、親の使命なのです。

 

おすすめの幼児向け通信教材の解説ページ

 

教育に必要な「お金」の準備も忘れずに

タイトルとURLをコピーしました