【胎教の真実】妊娠中に子供の知能を育てる方法はある?【早い時期からの読み聞かせの効果】




「子供は歌手やピアニストにしたい」

といった理想を、妊娠する前からあるお母さんも多いようです。

親が子供の将来を決める(誘導する)ことに関しては、否定的な意見もあると思いますが
それが”強制ではなく、”チャンス”を与える程度であれば、1つの教育の方法です。

自分が何が好きか分からない時期、何等かの”きっかけ”になることは間違いありませせん。

最終的は、”子供が自分で決めること”と理解していれば。

一般的には、

「どちらかというと、音楽的なセンスがあるといいな」

と軽く考えることが、特に女の子のお母さんを中心に多いようです。

いわゆる「胎教」にクラシック音楽が、効果的だという説は昔から根強く
実際に”全く効果が無いということはない”と考えられています。

しかし、「胎教としての音楽」は音楽的な才能ではなく
脳や神経の発達に効果があるとされており、リズム感覚などには直接関係が無いとされています。

あくまで「お母さんのリラックス」が、いい影響を与えるようです。

本当に効果的なのは”生まれてから”

巷では、様々な「赤ちゃん用ミュージック」が制作・販売されており
赤ちゃんの音楽的センスを育むためのものや、”寝かしつける”ためといった
英才教育を含めた、現実的な用途によって様々な種類が存在します。

”できるだけ早く”は全てに言える要素

赤ちゃんに対して、「何らかの良い影響」を与えようとして
これらの音楽を聞かせる(なんらかのアイテムを利用する)と思いますが
情緒や音楽的な才能を育みたいのであれば、やはり”早いうちに”というのが正解です。

何でもそうです。

リズム感覚や音程のとりかた(うまい・音痴等)は、生まれ持った才能と環境によって作られます。

そして、それらは「記憶力」などと同じように
早い段階である程度「設定」されてしまいます。

ある程度成長してしまうと「劇的な」向上は、難しくなります。

また胎教でなくても、緩やかなこ心地のいい音楽を聞かせることは
「情緒教育」として、大きなメリットがあります。

たとえ、親子共に音楽に興味が無いとしても
「読書」と同じように触れ合う時間を少しでも作ることをおすすめします。

※参考記事:子供の記憶力の鍛え方・トレーニングに必要なこととは

やっぱり読書

いわゆる、<読み聞かせ>に関してその効果には様々な意見がありますが・・・

「言葉や概念が分からない赤ちゃんに対して、絵本を呼んであげても意味がない」

と考えているママさんはいないと思います。

言葉を理解しないうちに読んであげることは、胎教に近い概念になるかもしれませんが
実際に赤ちゃんは生まれてきているので、ママの声や表情を直接感じることができます。

ママが何を言っているのか分からなくても、読書という概念がなくても
何かしら感じるものはあり、「何か(本)」を使って
ママと同じ時間を過ごせるということも、成長に対して大きな効果があるはずです。

「読書は知能と情緒を育てる」といいますが、その効果はとても深いものです。

※参考記事:【幼い子供にどんな本を読ませるべき?】幼児教育における読書の大切さと必要性

本を読むほどには”人の心”が理解できるようになる

あるデータでは、社会人の平均読書量は「月1冊」にも満たないと言われています。

読書家の方にとっては、考えられないことだと思いますが
現実として、極めて低い水準であることが判明しています。

優れた経営者の方に読書家が多いことはよく耳にしますが
忙しい中でも時間を見つけて、<自分から読む>ことが大切なのです。

そして読書の一番の効果は、知育だけではなく情緒を育てるのに非常に効果的だということです。

物語(フィクション)とは、

「自分とは違う」人間(動物)が主人公であり

自分とは違う判断・感情を抱きます。

読書の素晴らしいことは、沢山の人間の人生を疑似体験できることです。

他人の人生を楽しめるということと共に、”自分以外の人間もいる”という社会生活をする上で
当たり前だけども、とても大切なことを認識することができます。

そうは言っても、まだ小さい子供は内容は理解できません。

しかしできるだけ早く「読書」を生活の一部に組み込み、当たり前の習慣として身につけさせましょう。

それにも、”早すぎる”ということはありません。

内容としては

  • 優しい画のもの
  • 登場人物が多いもの

以上がおすすめですが、基本的には見せて<反応>したものを選んであげましょう。

自分から「ママ読んで」と言ってくる子になったら、とても嬉しいものです。

タイトルとURLをコピーしました