「後悔しない子育て」をするために大切なこと~育児には「正解」はなく「自己満足」に注意するべき~




「後悔のない育児」というのは存在しないはずであり、いくらお金や愛情をかけたとしても
後から思い出して、100%納得できている親というのは存在しないはずです。

そもそも、「正解」がないものに取り組んでいるのであり
「こうすれば間違いない」というものが存在しない以上、間違えて当たり前でもあります。

・・・なんて、綺麗ごとを聞いても

やはり、ため息が出てしまう方も多いと思われます。

しかし実際の子育てには、喜び・充実感と同時に悩み・苦しみも多く
子供への思い入れが多いほどに、”後悔もひとしお”となってしまうことになりがちです。

当サイトをご覧の親御様には、少し早いかもしれませんが・・・
今回は”ああすればよかった”と思いがちなことと、そういった考えに対して”疑問を持つべき”というお話です。

みんな(先輩ママパパ)はが後悔していることは何?

<後悔>と言うからには、すでに「過去のこと」となっている

子育てを終えたママさんの意見が参考になりそうですが、育児とは日々新しいことの連続であり
つい昨日のことでも”残念”に思ったりと、”いつ起きたことなのか”を基準にするのは難しいものです。

そもそも後悔している内容は無限にあるはずであり、また「子育ての卒業」と聞くと
18歳以降をイメージしがちなため、ここでは「乳幼児期」に関するものを中心にしたいと思います。

一緒にいたかった時間と見ていたかった瞬間

最も現実的なものとしては、

「目を離したすきに、怪我をさせてしまった」

といったことが、深い後悔となるようです。

赤ちゃんの肌は柔らかく、ちょっとした傷であっても一生残ってしまう”痕”になってしまうことも多いです。

特に女の子の場合には、「申し訳ないことをした」と思い続けてしまう方も多いようです。

以上は、やや極端な例と言えますが「もっと、ちゃんと見てあげたかった」という意見は多いです。

特に早い時期から、共働きで働いていたご家庭というのは

  • もっと幼い(かわいい)時期に話をしたかった
  • 話を聞いてあげたかった
  • 寂しい思い(保育施設に預ける預ける)をさせてしまった

といった意見は定番のものと言えますが、これらに共通している要素として「時間」があります。

コミュニケーションに必要なのは、言葉ではなく時間です。

「できるだけ同じ空間で同じ時間を過ごす」ということは、後悔を減らすための鍵になることのようです。

「やりすぎてしまったこと」に関する反省

一方で、

  • 怒りすぎた
  • 口うるさく言い過ぎた
  • 自分の機嫌の悪さから感情的になった

特に「1人目の子育て」の際に、よく見られるものであり
思い返して反省する、という典型的な後悔の過程でもあります。

一方で、「甘やかしたことによる後悔」というのは
厳しくしすぎたことよりも、比較的早い段階で<結果が返って来る>分かりやすいものと言えます。

便利な時代だからこそ

「もっと写真を撮るべきだった」というものも、少し前までは典型的な後悔と言えるものでした。

<残しておきたかった>という、戻れない・残せなかった二重の後悔でもあります。

現代においても、時間が過ぎていくこと・二度と戻れない瞬間であることには変わりないため
スマホ等の発達によって”いつでも撮れる”からこそ、油断せずに意識しておきたいことでもあります。


「自分達の満足感」とは別に考えるべき問題

そもそも、”後悔”という感情は

  • 主観的なものであり
  • 自分が勝手に悔やんでいる
  • 相手(子供)は何とも思っていない

という可能性もあります。

後悔していない、完璧にこなした(と自分で思っている)としても
子供の方は不満を持っている、というケースも考えられます。

本来は、「どう受け取られているか」が大切なのです。

当サイトでは、「神経質にならない」ということを繰り返し述べており
「育児ノイローゼ」といったものも、根本的には”気にし過ぎ”といった要因が大きいと言えます。

そして、気にしている(神経質になっている)こともまた自分の事情であり
それを察知してストレスを感じ、<情緒の成長>に影響が出てしまうことは避けるべきです。

※参考記事:神経質な子育ては子供の成長にマイナスの影響を与えてしまう

「お金」にまつわる後悔は「備える」ことでリスクを軽減

最も突かれたくない部分を思われる内容に「お金」の事情が絡むものを挙げることができます。

  • 習い事をさせてあげあれなかった
  • 塾に行かせてあげられなかった

といったものです。

子育てにとって、愛情と同じくらい大切であると言えます。

お金にまつわる後悔というのは、自分達にとっても、子供にとっても<尾を引く>ものです。

そういったリスクは、可能な限り軽減すべきであり
「貯蓄」に加え各種学資保険等を利用したりと、できることは可能な限り何でもしておくべきです。

せひ、早めに検討しておきましょう。

「学資保険」を比較して「自分達に合ったもの」を選ぶ

人間対人間の関係

子育てにおける後悔

その内容というのは、「2~3歳の時くらい」のことが最も印象に残るようです。

この頃というのは、一番かわいい時期であると同時に「自我」が形成される時期であり
一方的なお世話ではなく、「人間対人間」と言えるような付き合いが始まります。

この時期には、「つい、カッとなる」ということが起きやすく
「子供相手に・・・」となりがちなことも多いと言えます。

もちろんママ・パパも人間であり、”機嫌”によって対応が違ってしまうこともあるはずです。

しかしながら、その時期の子供というのは「相手に心の動き」に非常に敏感な時期でもあり
後悔すること以上に、その時に”子供にどう思われるか”を意識して欲しいと思います。

「後で」自分がどう思うかではなく、「その時に」子供がどう感じたかの方が圧倒的に大切なのです。

「自分ではない人間」と認めることが必要

「こんな子に育てたい」

「成長した我が子像」に、明確なイメージを持っている親御さんもいらっしゃると思います。

そして、それは

「頭がいい人間」に育てることでしょうか?

「足が速い人間」に育てることでしょうか?

実際は、頭がいい・悪いなどということではなく

「優しい人間」になって欲しいといのが本心のはずです。

「一緒にいて気持ちのいい人間」が最高のはず

「性格のいい優しい子」に育てる秘訣とは~子供に性格の良し悪しはいつ決まる?矯正はできるの?~

以上の記事は、当ブログの中でも特に多くの方にお読みいただいているものの1つです。

やはり、性格がいい人間・優しい人間に育って欲しいと思っているママさんが多いようです。

当然のことだと思います。

親も人間であり、様々な人間と出会い子供を生んで、今に至っているはずです。

その生きてきた中の、「いい思い出」というのは
一緒にいていい気持ち・優しい気持ちになれる人間と、一緒に過ごした時間だと思います。

自分の子供も、そんな人間に育って欲しいと願うのは当然のことです。

特に「母親」が注意すべきこと

至極、当たり前のことではありますが

自分の子だから許す・自分の子だから許さない

という態度や、性格などもあると思います。

特に出産したての女性は長い間一身同体だったため、自分と赤ちゃんを”同じ”と考える傾向があります。

その延長線上で、いつまでたっても1人の人間として見る事ができないママさんもいるようです。

そのままでは、赤ちゃんも自立心というものが育たなくなってしまい
”いつまでも「子供」のまま”という人間になりやすい傾向があります。

優しい人間になるためには、自立心が必ず必要です。

自分のことを自分でできないようでは、人に優しくすることはできません。

一度冷静になり、自分の子供という目線ではなく1人の人間として
自分の子供はどんな人間なのか、どんな人間に育ちそうなのか考えてみることも大切です。

子育てにも、客観性が必要です。

説教臭い記事になってしまいましたが、「我が子の性格」を心配している方は
意外と多いようなので、「他のママとの悩みの共有」ということで紹介してみました。

タイトルとURLをコピーしました