しっかりと考えたい幼児期の問題

赤ちゃんの知育

【胎教の真実】妊娠中に子供の知能を育てる方法はある?【早い時期からの読み聞かせの効果】

「子供は歌手やピアニストにしたい」 といった理想を、妊娠する前からあるお母さんも多いようです。 親が子供の将来を決める(誘導する)ことに関しては、否定的な意見もあると思いますが それが”強制ではなく、”チャンス”を与える程度で...
しっかりと考えたい幼児期の問題

「後悔しない子育て」をするために大切なこと~育児には「正解」はなく「自己満足」に注意するべき~

「後悔のない育児」というのは存在しないはずであり、いくらお金や愛情をかけたとしても 後から思い出して、100%納得できている親というのは存在しないはずです。 そもそも、「正解」がないものに取り組んでいるのであり 「こうすれば間違い...
しっかりと考えたい幼児期の問題

出産後はいつから働き始めるのが適切なの?~育児と仕事の両立で大切なこと~

今は「子育てが生活の全て」であっても、 「産む前は、バリバリ働いていた」というママさんも多いはずです。 お腹が大きな状態で、働いている女性も珍しくない時代ではありますが 「生まれた(産んだ)ばかり」 という状況で働いてい...
しっかりと考えたい幼児期の問題

「まともな育児」に必要なお金とは~なんとかならないから幼い時期から備えておくべき「教育費」~

「子供を生んで育てる」という素晴らしいライフイベントには、相応のお金がかかります。 家庭の経済状況である、いわゆる「家計」に関しては 各家庭によって事情は異なるものであり、他の家の”本当の家計”を知る機会は少ないものです。 ま...
しっかりと考えたい幼児期の問題

しつけのために「手をあげる」ことはやっていいものなのか?~体罰の効果・限度そしてその「意味」とは・・・~

しつけ・お仕置きの際に、「手を上げる」ことについては 「いい」と「悪い」で語ることは、非常に難しいものです。 「いや、だめだろ」という意見を持った方・家庭が大半だとは思われますが、 実際には、特に男の子のいる家庭においては ...
親と子供の教育論

「一人っ子」の育て方~わがまま?甘えん坊?注意すべき「ひとりっこの育児あるある」とは~

「兄弟は多いほどいい」と考える人もいる一方で、 「1人1人見てあげられない」 「そもそもそんな余裕(時間・家計)はない」 といった事情から、「子供は1人」と最初から考えるカップルは珍しくありません。 兄弟・姉妹が何人...
しっかりと考えたい幼児期の問題

おねしょはいつまでしてても大丈夫なの?~小学生になっても治らない原因と効果的な対策~

「おねしょ」は、夜泣き・イライラ期に並ぶ、お母さんを困らせる問題であり これらの悩みと違う点としては、「それこそどうしようもない」ことです・・・ したくてしているわけではない ということは、お母さん達も十分に分かっていると思い...
しっかりと考えたい幼児期の問題

「性格のいい優しい子」に育てる秘訣とは~子供に性格の良し悪しはいつ決まる?矯正はできるの?~

うちの子は、将来どんな人間になるのだろう? 子供を持つ親なら、誰でも考えたことがあると思います。 それは「楽しみ」でもある反面、 駄々をこねている時 他の子を攻撃している時 癇癪を起してどうにもならない時 ...
しっかりと考えたい幼児期の問題

【赤ちゃんもストレスを感じるの?】神経質な子育ては子供の成長にマイナスの影響を与えてしまう

赤ちゃんというのは、幼ければ幼いほど「我慢」をしないため 基本的に、ストレスを溜めにくい存在と言えます。 そもそも「ストレスを溜める」というのは、特定の状況を<我慢>して 尚且つ”耐えている”ということであり、感じることと溜めるこ...
しっかりと考えたい幼児期の問題

赤ちゃんの癇癪への対処法~いつになったら感情をコントロールできるようになる?その後の性格への影響は?~

子供の「癇癪」はどう接すればいいか、非常に困ってしまうことが多い問題です。 「ちょっと手が付けられない」レベルの癇癪持ちの子供は、それほど珍しくはないものですが いざ自分の子供がそのような気質を持っていた場合、どのような対応が望まし...
タイトルとURLをコピーしました