eisai

しっかりと考えたい幼児期の問題

乳幼児と子供の歯ぎしりの理由とやめさせる方法~そもそも問題があるの?~

人間には、様々な「癖」と呼ばれる、慢性的な習慣・挙動があるものであり その中でも「歯ぎしり」は、特に珍しくないものです。 もちろん、”いい習慣”とは言えないものであることは確かであり 特に幼い子供・赤ちゃんがずっと続けている場合に...
赤ちゃんの知育

【胎教の真実】妊娠中に子供の知能を育てる方法はある?【早い時期からの読み聞かせの効果】

「子供は歌手やピアニストにしたい」 といった理想を、妊娠する前からあるお母さんも多いようです。 親が子供の将来を決める(誘導する)ことに関しては、否定的な意見もあると思いますが それが”強制ではなく、”チャンス”を与える程度で...
しっかりと考えたい幼児期の問題

「後悔しない子育て」をするために大切なこと~育児には「正解」はなく「自己満足」に注意するべき~

「後悔のない育児」というのは存在しないはずであり、いくらお金や愛情をかけたとしても 後から思い出して、100%納得できている親というのは存在しないはずです。 そもそも、「正解」がないものに取り組んでいるのであり 「こうすれば間違い...
しっかりと考えたい幼児期の問題

出産後はいつから働き始めるのが適切なの?~育児と仕事の両立で大切なこと~

今は「子育てが生活の全て」であっても、 「産む前は、バリバリ働いていた」というママさんも多いはずです。 お腹が大きな状態で、働いている女性も珍しくない時代ではありますが 「生まれた(産んだ)ばかり」 という状況で働いてい...
親と子供の教育論

「赤ちゃん返り」はいつまで続くの?正しい対応は?~「愛情不足」との関係性と「マザコン」になってしまう可能性について~

「イヤイヤ期」を代表とした、赤ちゃんの情緒の発達に伴う様々な悩み・・・ その中の1つとして、「やっと少し手が離れたかな?」という時期に起きる 赤ちゃんに戻ってしまう現象、いわゆる「赤ちゃん返り」と呼ばれる振る舞いがあります。 ...
親と子供の教育論

子供が幼い時期に母親が仕事に出ることは成長に対して悪影響がある?

前提として、 「あまりに幼い」というのは、感覚として個人差があるものと言えます。 そのため「何歳からであれば大丈夫」ということは、結論としてないものとします。 そもそも各家庭の事情であり「ママ自身」の事情でもあり、他人がと...
しっかりと考えたい幼児期の問題

「まともな育児」に必要なお金とは~なんとかならないから幼い時期から備えておくべき「教育費」~

「子供を生んで育てる」という素晴らしいライフイベントには、相応のお金がかかります。 家庭の経済状況である、いわゆる「家計」に関しては 各家庭によって事情は異なるものであり、他の家の”本当の家計”を知る機会は少ないものです。 ま...
しっかりと考えたい幼児期の問題

しつけのために「手をあげる」ことはやっていいものなのか?~体罰の効果・限度そしてその「意味」とは・・・~

しつけ・お仕置きの際に、「手を上げる」ことについては 「いい」と「悪い」で語ることは、非常に難しいものです。 「いや、だめだろ」という意見を持った方・家庭が大半だとは思われますが、 実際には、特に男の子のいる家庭においては ...
学習の習慣を付ける

<PR>「どらゼミ」が新しくなった!~小学館の通信教育「まなびwith」の内容と評価~

どうしても、勉強してくれない・・・ いろいろな教材を与えても、全く興味を持ってくれない・・・ 幼児期の学習において、こういった「そもそもやろうとしてくれない問題」はつきものです。 何が悪いのか? 進め方?才能? ...
赤ちゃんの知育

人見知りしない子供の育て方~赤ちゃんはいつから父親を認識できるの?なつかない!泣きわめく!?時の対処法~

生後半年くらいから始まることとなる、赤ちゃんのお馴染みの症状に「人見知り」があります。 個人差の大きい反応であり、またそれが激しい症状であっても決して珍しいことではなく 成長していくうえで欠かせない、「情緒」を形成するための過程でも...
タイトルとURLをコピーしました