効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



勉強が嫌い・しない子供を「勉強好き」にする簡単な方法

 

ずいぶん先の将来の、小難しい話はとりあえず中断して

今回から、通常運転で進めていきたいと思います。

 

まずは、悩んでいるお母さんが多そうな

 

「我が子が勉強してくれない」

 

という悩みについての、解決法を考えていきましょう。

 


 

学習の習慣を付ける 親と子供の教育論

子供の将来をどう描くべきか~「非常に残念な未来」に備えた思考~

 

少し「重い」お話しも、3回目になりましたが

とりあえず今回で、一区切りにしようと思います。

 

最後に相応しく、主な議題は

 

「今の子供達」「これから生まれてくる子供達」

一体どんな未来を描いていくべきか

 

そして、何も判断できない幼児期に

いかにお母さんが、いい方向に導いてあげるべきか

 

そしてその「方向」とは、一体どっちなんだ!?

 

ということをお話ししていきます。

 

少し長く、また「ディープな内容」になりますが

これからの「子供達の人生」を考えた際に

非常に重要なことであり、最後まで読んでくださるとうれしいです。

 


 

問題提起

今の子供たちが置かれた状況から導き出された「残念な結論」

 

なんだか「英才教育」から離れて「なんちゃって社会派」のような

ブログになってしまっていますが「今現在子供」の「1人の人間」の

「未来」に関して非常に重要なことなので、もう少しお付き合いください。

 

このブログを読んでくださっている「育児に関心が深い」だけでも

助かって欲しいので、早めに呼んでくださることを願います。

 

決して、大げさなことではありません。

 

「明日、地球が滅亡する~」というようなことでなく、いたって冷静なお話しです。

 


 

問題提起

やっぱり日本では「落ちこぼれない」ことが重要になってしまう

 

昨夜帰国いたしました!

 

 

「非常に充実した」「濃い」旅でした!!!

 

 

・・・なんて「意識の高い」ことは言えませんが、

 

 

学ぶこと、気づいたことが非常に多い旅でした。

 

 

キーワードは「教育制度」「ハングリー精神」「没落から飛び出す準備」です。

 


 

問題提起

要は「早く勉強して楽になっちゃえよ」そして「ちょっと行ってきます」

 

汚い言葉遣いで申し訳ありません。

 

しかし、ここまでこのブログで主張してきたことを

一言でまとめると、この言葉に尽きることになります。

 

なぜここまで「幼児期の習慣的な学習」を

推奨するかと言うと「結果的に楽」だからです。

 

そして、これは間違いない真実です。

 


 

英才教育の必須要項 学習の習慣を付ける

なぜ勉強して欲しいのか?させたいのか?そもそも勉強する意味とは?

 

「勉強する意味」とは「幸せの意味」と同じように

人によって捕え方が違うものになります。

 

少しロマンチックな表現になってしまいましたが

「何のために勉強するべきなのか」ということは、子供には理解し難く

また「なんで勉強しなくちゃいけないの?」と聞かれた際にも

何と答えればいいのか、迷ってしまうお母さんがほとんどだと思います。

 


 

親と子供の教育論 問題提起

4~6歳、小学校入学までに出来てほしいこと・身に着けておくべき知識

 

「単語」や「お話し」といった「コミュニケーション」に通じる

様々なことを身に着けた後の、2~6歳の期間は「家庭外」の環境である

「幼稚園」「保育園」といった施設に通うことになるお子さんが多いと思います。

 

それらは、基本的には「楽しむ」「協調性」を覚えるといった

「人間関係」の基礎を身に着ける、時期・場所になります。

 

そういった機関でお世話になる「先生」は「勉強」を教えるよりも

「お母さんに代わってお世話をする」という職業に近く

「知識教育」に関しては、やはり「家庭」で教える必要があります。

 


 

一定の時期に出来てほしいこと