効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



「しつけ」を始める時期と注意点~「やってはいけない怒り方」と「効果的な正しいしつけ」について~

 

「しつけ」に関しては、各家庭に様々な意見やポリシー
「教育方針」があるため、決して「正解」と言うものがありません。

 

むやみに人に忠告してはいけませんし、人の話も参考にするだけにしておきましょう。

 

同じようにしつけようとしても子供によって反応が違うため
一概には言えませんし、言ってはいけない問題です。

 

それらの前提を念頭に置きつつ・・・このページを読んで欲しいと思います。

 


 

赤ちゃんの知育

赤ちゃんの言葉の発達に早い・遅いはある?~言葉を覚え始める・理解し始める時期に大切なこと~

 

「コミュニケーション」をとるうえで、非常に大きな役割を果たす存在である

「言葉」というものは、幼い頃から少しずつ覚えていくものです。

 

しかしながら、「専門用語」といったものを抜きにして

どの言葉を・どの時期に覚えたのか、ということを正確に覚えている方は少ないと思います。

 

この。「言葉を覚える・身に着ける」事に関しては

「早い」や「遅い」という表現が使われることがあります。

 

そして・・・

 

「うちの、ちょっと子遅いんじゃないかしら?」

 

と、心配している親御さんは少なくないようです。

 


 

赤ちゃんの知育

赤ちゃんが低い声でうなる・威嚇する理由と対処法

 

我が子が「するどい目つき」をしながら、低い声で「あー」「うー」と唸っている場合には

「今現在」の状態だけでなく、「将来」が不安になってしまうこともあるかもしれません・・・

 

泣く・叫ぶ・奇声をあげるといった、大人から見れば「マイナスな振る舞い」

赤ちゃんにとっては日常茶飯事であり、赤ちゃんを赤ちゃんらしくさせる要素でもあります。

 

しかしながら「うなる」といった、一般的には「威嚇」ともとれる

あまりよくない振る舞いに関しては、それが頻繁なものであることで

 

「ちょっとどうかな?」

 

「癖がついてしまったらどうしよう?」

 

と、心配されるお母さんも多いようです。

 


 

赤ちゃんの知育

<PR>朝寝坊が癖になっている・寝起きが悪いお子様におススメの早起きサプリ「あさシャキ」

 

「朝起てくれない・・・」という悩みは、お母さんを中心として

絶えることのない、子育てには付きものの悩みです。

 

「しつけ」といった要素も関わることも確かなことですが

「自律神経」といった、体質が関わっていることも多く

単純な悩みである一方で、非常に奥の深いものでもあります。

 

また、単純に「起きればいい」ということではなく

寝起きが悪いといった、「むずがり」に関しても

朝の憂鬱な出来事として、何とかしたいご家庭は多いはずです。

 


 

問題提起

親のコンプレックスを絶対に子供にぶつけるな!~性格を歪ませないために劣等感を感じないことの大切さ~

 

今回は、少し重い話です。

 

当ブログで繰り返し述べている通り、幼児期の教育において最も大切なことは

「自信」を持てるようにすることであり、難しい言葉で言えば「自己肯定感」を与えることです。

 

無意識に、「自分が回り(世界)に認められていること」を感じていれば

能力や地位に関係なく、「何となく楽しく生きる」ということができるのです。

 

これは勉強・知能よりも、生きていくうえで非常に大切なことです。

 


 

親と子供の教育論 問題提起

夜なかなか寝付かなくて悩んでいる~子供の睡眠不足の原因・影響と理想的な睡眠~

 

「寝る子は育つ」というのは、もしかしたら若いお母さんはご存じない格言かもしれません。

 

調べずとも、「当たり前のこと」として認識されていることでもあり

大人に比べて、子供の睡眠時間が長いことは常識的なものです。

 

そしただからこそ、「この子全然寝ないけど、大丈夫かしら?」

あまり睡眠をとらない・睡眠時間が短い場合には、心配になってしまうはずです。

 

そしてそれは、あまり大丈夫なことではありません。

 

今回は、そんな「子供の睡眠時間」についての小話です。

 


 

問題提起

子供に夢・目標を持たせるために大切なこと・必要なこと

 

「希望に満ちた人生を送って欲しい」

 

子供が生まれた瞬間というのは、「自分の喜び」と共に

我が子に「生きる喜び」を感じながら生きて欲しいと、どんな親でも思うはずです。

 

そして子供というのは、いつまでも子供でいるわけではなく

いずれは「ひとり立ち」しなければならないものです。

 

その際には、可能な限り「自分の満足いくような日常」を送ること

それを「自分の力」で実現させることが、いわゆる「幸せ」になります。

 


 

親と子供の教育論