効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



子供の記憶力の鍛え方・トレーニングに必要なこととは~頭がいい子は「覚え」が速い!~

 

記憶をする力である「いわゆる記憶力」には、「ピーク」が存在します。

 

一定の年齢(個人差があります)に差し掛かった後には

基本的には劣化するものであり、あとは「いかに衰えさせないか」でしか対処できません。

 

すでに「身に覚え始めた」お母さんも多いのではないでしょうか?

 

ピークを越えた後に落ちていく、ということは避けられないことであり

そのため、「ピーク時の高さ」というものが非常に重要と言えます。

 

これはあくまで、日常的なレベルのお話になります。

 

それ以上に、記憶力とは「幼児教育の肝」と言ってもいいものであり

幼いうちに、必ず身に着けておきたいものと言えるのです。

 

「一生を通しての学習能力」に、大きく影響してしまうためです。

 


 

英才教育の必須要項

子供の友人・他の家庭の教育方針がそんなに気になる?~ウケる入学願書の書き方とは?何を見ているの?~

 

いいのもは取り入れる

 

無理してマネする必要はない

 

非常に単純な答えです。

 

入学・クラス替えというイベントは、新たな出会いを生みます。

 

子供から学校・幼稚園の話を聞きいて

「よその家はそうなの?」と驚き・疑問が沸くことも多いと思います。

 

「カルチャーショック」というやつですね。

 


 

問題提起

友達100人できるかな?~希望に満ちたスタートは「教育費」との闘いの始まりでもある!その賢い貯め方とは?~

 

キャッチーな、タイトルですね。

 

いよいよ、今年から入園・入学というご家庭は

今日くらいから、続々と「入園(学)式」に参加されるはずです。

 

町中でスーツ姿のお父さんお母さん、そして少し緊張しているような

なんとも言えない表情をしている、小さなお子さんを目にしました。

 

またお母さんと離れない子や、はしゃいでいる子を見ていても

やはり3,4歳の時点で、すでに差が出ているなー、と毎年思います。

 

「できるようになる子」は、見ればすぐにわかりますね。

 


 

親と子供の教育論

学力・知能の段階別に分けた効果的な学習法~幼児のための効率的な知育の進め方~

 

いよいよですね!というべき、年度末のこの時期というのは

入園・入学に向けた、準備に忙しいご家庭も多いはずです。

 

また、すでに幼稚園・小学校で過ごしているお子さんは

春休みに入り、新たな学年の始まりにワクワクしていることと思います。

 

そしてこの時期は、何かが始まる前の「準備の総仕上げ」の時期でもあります。

 

今回は新たなスタートをスムーズなものにするべく

前回の内容とは少し異なる、「段階」「適正」という面にフューチャーした

「効率的な学習の進め方」について、改めて解説していきたいと思います。

 


 

学習法・学習教材

幼児から始める効果的な「先取り学習」の方法~どんな教材をどう使うべき?弊害・デメリットはあるの?~

 

「先取り学習」の是非については、言うまでもなく「するべき」です。

 

このブログコーナーでは、一貫して「早ければ早い程いい」という姿勢であり

はじめの頃から読んでくださっているお母さんには、言うまでもないはずです。

 

何も心配する必要はありません。

 

いけるところまでいくべきなのです。

 

周りのみんなには内緒でね!←ここがミソ

 

ただし実践していくことは、なかなか難しいことであり

また少しだけ注意点もあるため、その点についても解説していきます。

 


 

学習法・学習教材 問題提起

幼児・子供にパソコン教育は早すぎる?~ネット・タブレットを使った学習法を先取り!~

 

早過ぎません。

 

パソコンを「使う能力」「利用する能力」

この2つは今後の生活・人生にとって、欠かせないものであり・・・

 

というと大袈裟ですが、「早すぎるか」を心配する必要はありません。

 

「今はまだ使えなくてもいい」けど

「いずれ使いこなせるようになるべき」であり、焦る必要はありませんが

徐々に慣れていく必要のある「道具」であることは確かです。

 

そして現在では、パソコン・タブレット・ネットを介した学習法は

徐々に「スタンダード」になりつつある状況です。

 


 

学習法・学習教材 問題提起

勉強をしない・勉強が嫌いな子供の克服法~最後まで投げ出さない・諦めない・やりきる~

 

まず最初に、不安を煽ってしまうことになるかもしれませんが

幼いうちから勉強が嫌いな子というのは「かなり危険な状態」です。

 

早めになんとかしましょう。

 

というのも、中学生以下、特に小学生以下の場合

本来は「好き」「嫌い」の段階ではありません。

 

むしろ「好奇心」が多い時期というのは

「学びたい」という欲求の方が強いはずであり

新しく入って来る知識に対して「拒否」という感覚はないはずなのです。

 


 

問題提起