効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



「いい母親」って何?~なりたくてなれるもの?なれなくて悩むもの?考えるな感じろ!~

 

本日は、ちょっと浅深い話をしようと思います。

 

幼児教育を考えるうえで、それ以前に「子供の幸せ」を考えるうえで

避けては通れない問題であり、もちろん賛否両論が出まくる内容だとは思いますが

ぜひ最後まで目を通して、真剣に考えてみて欲しいと思います。

 


 

考える

箸・鉛筆の持ち方が変でなかなか治らない~子供の間違った習慣・悪い癖を矯正すべきタイミングとは~

 

矯正すべきか、すべきではないのか・・・

 

たとえ、力づくでも・・・

 

もしかしたら、悪い影響があるかも?

 

子供の「変な癖」に関して、悩んでいる親御さんは多いと思います。

 

私自身身に覚えがあるので、複雑な気持ちです・・・

 

自分のことは差し置いて(大人になった立場として)

ちょっと、真剣に考えてみたいと思います。

 


 

問題提起 考える

「効果的な幼児教育」のために最も大切な要素~「好きな教科」を徹底的に伸ばして「苦手な教科」を少なく~

 

「幼児教育にとって最も大切なこと」を考える際には

取り入れるべきこと・参考にすべきことは、無限に存在しますが

忘れてはならないことは「幼児」という、未熟な存在であることです。

 

この時期は「性格」を含めて、「どうにでも変わる(変えられる)」時期であり

いわゆる「真っ白な状態」と言える、考えようによっては「危険」な時期でもあります。

 

この時期に絶対に避けたいことは、「勉強を嫌いになること」であり

その後の学力の伸びに対し、非常に悪い影響を与える要素になります。

 


 

学習法・学習教材

多動症?とにかくじっとしていられない子供の症状はどうすればいい?~「集中力」を与えて早めに治す・軽減する~

 

「とにかく、じっとしていられない」

 

こういったことに悩んでいるお母さんは、昔から一定数いらっしゃいます。

 

そういった子というのは、いつのまにか立派に成長していて

心配するほどのことでもなかった、ということも多いです。

 

しかしながら、「発達障害」といった言葉が

広がっている現代では、「理解が深まっている」一方で

より不安になってしまうお母さんも多いはずです。

 

何より、心配になってしまうのは当然であり

本当に悩んでいるお母さんも、珍しくはないことです。

 


 

問題提起

子供の記憶力の鍛え方・トレーニングに必要なこととは~頭がいい子は「覚え」が速い!~

 

記憶をする力である「いわゆる記憶力」には、「ピーク」が存在します。

 

一定の年齢(個人差があります)に差し掛かった後には

基本的には劣化するものであり、あとは「いかに衰えさせないか」でしか対処できません。

 

すでに「身に覚え始めた」お母さんも多いのではないでしょうか?

 

ピークを越えた後に落ちていく、ということは避けられないことであり

そのため、「ピーク時の高さ」というものが非常に重要と言えます。

 

これはあくまで、日常的なレベルのお話になります。

 

それ以上に、記憶力とは「幼児教育の肝」と言ってもいいものであり

幼いうちに、必ず身に着けておきたいものと言えるのです。

 

「一生を通しての学習能力」に、大きく影響してしまうためです。

 


 

英才教育の必須要項

子供の友人・他の家庭の教育方針がそんなに気になる?~ウケる入学願書の書き方とは?何を見ているの?~

 

いいのもは取り入れる

 

無理してマネする必要はない

 

非常に単純な答えです。

 

入学・クラス替えというイベントは、新たな出会いを生みます。

 

子供から学校・幼稚園の話を聞きいて

「よその家はそうなの?」と驚き・疑問が沸くことも多いと思います。

 

「カルチャーショック」というやつですね。

 


 

問題提起

友達100人できるかな?~希望に満ちたスタートは「教育費」との闘いの始まりでもある!その賢い貯め方とは?~

 

キャッチーな、タイトルですね。

 

いよいよ、今年から入園・入学というご家庭は

今日くらいから、続々と「入園(学)式」に参加されるはずです。

 

町中でスーツ姿のお父さんお母さん、そして少し緊張しているような

なんとも言えない表情をしている、小さなお子さんを目にしました。

 

またお母さんと離れない子や、はしゃいでいる子を見ていても

やはり3,4歳の時点で、すでに差が出ているなー、と毎年思います。

 

「できるようになる子」は、見ればすぐにわかりますね。

 


 

親と子供の教育論