効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



気が短い・癇癪持ち・幼稚~年齢に比べてちょっと幼いかも?子供の性格・特徴が心配なお母さんは何をすべき?~

 

いわゆる「精神年齢」というのは、基本的に「経験」によって年をとるものです。

 

そのため、ある程度は「実際の年齢」に比例するものでもあります。

 

また、確かに広い範囲で見れば「早く大人になる子」と

「いつまでも大人になれない子」に分かれると言えますが

そうは言っても、比較的平和・社会が安定している日本においては

「年相応」に、精神的な面も育ってくることが一般的と見えます。

 

しかしながら、中には「いつまでも赤ちゃん」といった極端な場合もあり

「このままで大丈夫かしら?」と心配されるお母さんもいるかもしれません。

 


 

問題提起

<PR>朝が苦手なお子様におすすめの「光目覚し時計-inti(インティ)-」の効果で<どうしても起きない>を対策・矯正する

 

起きてくれない!

 

ちゃんと朝ご飯を食べてくれない!!

 

機嫌が悪い!!!

 

お子さんの、「朝のリズム」にお悩みのお母さんは多いと思います。

 

どうしても起きてくれない・・・なぜ・・・?

 

そうは言っても、「眠いから」「だるいから」としか言えないことが事実であり

お母さん自身が「朝が苦手」という方であれば、理解できることもあるかもしれません。

 

ただし、「朝に弱い」という体質(習性)は

 

可能であれば・・・というよりも、

 

全力を尽くして、矯正すべきことと言えます。

 


 

問題提起

主体性がない・無気力な子供の改善策とは~自主的に勉強に取り組ませるために必要なこと~

 

「主体性を持つ」「自分の価値観に従う」

 

「自主的な目標を立てる」「言われなくてもやる」

 

こういったことが、まるで「いいこと」のように思われていますが

よくよく考えてみたら、これらは至極「当たり前」のことと言えます。

 

「人に言われたことしかやらない」「目的なく息だけしている」

 

このようなケースは、なかなか「切ない人間」と言えますが

こういった大人というのは、珍しくはない世の中です。

 

競争社会に疲れ果て・・・等といった、様々な理由が考えられるものですが

それが「子供のうちから」の場合には、心配になることも無理はありません・・・

 


 

問題提起

「いい母親」って何?~なりたくてなれるもの?なれなくて悩むもの?考えるな感じろ!~

 

本日は、ちょっと浅深い話をしようと思います。

 

幼児教育を考えるうえで、それ以前に「子供の幸せ」を考えるうえで

避けては通れない問題であり、もちろん賛否両論が出まくる内容だとは思いますが

ぜひ最後まで目を通して、真剣に考えてみて欲しいと思います。

 


 

考える

箸・鉛筆の持ち方が変でなかなか治らない~子供の間違った習慣・悪い癖を矯正すべきタイミングとは~

 

矯正すべきか、すべきではないのか・・・

 

たとえ、力づくでも・・・

 

もしかしたら、悪い影響があるかも?

 

子供の「変な癖」に関して、悩んでいる親御さんは多いと思います。

 

私自身身に覚えがあるので、複雑な気持ちです・・・

 

自分のことは差し置いて(大人になった立場として)

ちょっと、真剣に考えてみたいと思います。

 


 

問題提起 考える

「効果的な幼児教育」のために最も大切な要素~「好きな教科」を徹底的に伸ばして「苦手な教科」を少なく~

 

「幼児教育にとって最も大切なこと」を考える際には

取り入れるべきこと・参考にすべきことは、無限に存在しますが

忘れてはならないことは「幼児」という、未熟な存在であることです。

 

この時期は「性格」を含めて、「どうにでも変わる(変えられる)」時期であり

いわゆる「真っ白な状態」と言える、考えようによっては「危険」な時期でもあります。

 

この時期に絶対に避けたいことは、「勉強を嫌いになること」であり

その後の学力の伸びに対し、非常に悪い影響を与える要素になります。

 


 

学習法・学習教材

多動症?とにかくじっとしていられない子供の症状はどうすればいい?~「集中力」を与えて早めに治す・軽減する~

 

「とにかく、じっとしていられない」

 

こういったことに悩んでいるお母さんは、昔から一定数いらっしゃいます。

 

そういった子というのは、いつのまにか立派に成長していて

心配するほどのことでもなかった、ということも多いです。

 

しかしながら、「発達障害」といった言葉が

広がっている現代では、「理解が深まっている」一方で

より不安になってしまうお母さんも多いはずです。

 

何より、心配になってしまうのは当然であり

本当に悩んでいるお母さんも、珍しくはないことです。

 


 

問題提起