効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

人見知りしない子供の育て方~赤ちゃんはいつから父親を認識できるの?なつかない!泣きわめく!?時の対処法~

 

生後半年くらいから始まることとなる、赤ちゃんのお馴染みの症状に「人見知り」があります。

 

個人差の大きい反応であり、またそれが激しい症状であっても決して珍しいことではなく

成長していくうえで欠かせない、「情緒」を形成するための過程でもあります。

 

しかしながら・・・

 

「あまりにひどい」といった場合や、日頃良くしてくれてる人に対してしてしまうことで

お母さん自身が、申し訳ない気持ちになってしまうことも多いと思います。

 

特に義父・母に大しての場合には、気まずくなってしまうことも・・・

 


 

赤ちゃんの知育 問題提起

興奮しやすい赤ちゃんの叫び・奇声はいつまで続く?~赤ちゃんを短時間でリラックスさせる方法~

 

基本的に、赤ちゃんというのは「神経質」であり

幼児期の子供に関しても、まだまだ神経症的な面が見られます。

 

それは、あらゆるものに対する「経験が少ない」ことによるものであり

大人になるにつれて、「気にすることでもない」と学ぶことで落ち着いてくるものです。

 

特に生まれたばかりの赤ちゃんにとっては、この世の全てが「驚き」であり

常に、基本的に「興奮」状態の中ににあると言えます。

 

一説によると、赤ちゃんは「常に夢を見ている」といったものから

「常に錯乱状態」にあるという意見もあります。

 


 

赤ちゃんの知育

赤ちゃんの癇癪への対処法~いつになったら感情をコントロールできるようになる?その後の性格への影響は?~

 

子供の「癇癪」はどう接すればいいか、非常に困ってしまうことが多い問題です。

 

「ちょっと手が付けられない」レベルの癇癪持ちの子供は、それほど珍しくはないものですが
いざ自分の子供がそのような気質を持っていた場合、どのような対応が望ましいのでしょうか?

 


 

赤ちゃんの知育 問題提起

「ものごころ」がつく年齢とは~赤ちゃんの記憶力と感情の芽生え~

 

「物心がついた頃から」という言葉は、度々耳にするフレーズです。

 

「ものごころ」とは、一般的には「はっきりと記憶することができる」というニュアンスがあり

「物心がついた頃」というのは、記憶をさかのぼることができる時期であると考えられます。

 

しかしながら、実は本来の意味としては

 

世間の動きが分かる

 

人の感情が分かる

 

と定義されているようです。

 


 

赤ちゃんの知育

【赤ちゃんのお勉強の始め方】幼い時期から知能を鍛えるために大切なこと~習い事はいつから?おすすめは?~

 

赤ちゃんは、毎日毎日できるようになることが増え続けていきます。

 

上手に母乳を飲むことができるようになり

 

やがて、離乳食を食べ始め

 

ハイハイをして

 

立てるようになり

 

やがて、歩き始めます。

 

体の成長以外にも、段々と「単語」を覚え「おしゃべり」を始め

そしていよいよ、生きていくうえで必要な知恵を授けてあげることになります。

 


 

赤ちゃんの知育 親と子供の教育論

「しつけ」を始める時期と注意点~「やってはいけない怒り方」と「効果的な正しいしつけ」について~

 

「しつけ」に関しては、各家庭に様々な意見やポリシー
「教育方針」があるため、決して「正解」と言うものがありません。

 

むやみに人に忠告してはいけませんし、人の話も参考にするだけにしておきましょう。

 

同じようにしつけようとしても子供によって反応が違うため
一概には言えませんし、言ってはいけない問題です。

 

それらの前提を念頭に置きつつ・・・このページを読んで欲しいと思います。

 


 

赤ちゃんの知育

赤ちゃんの言葉の発達に早い・遅いはある?~言葉を覚え始める・理解し始める時期に大切なこと~

 

「コミュニケーション」をとるうえで、非常に大きな役割を果たす存在である

「言葉」というものは、幼い頃から少しずつ覚えていくものです。

 

しかしながら、「専門用語」といったものを抜きにして

どの言葉を・どの時期に覚えたのか、ということを正確に覚えている方は少ないと思います。

 

この。「言葉を覚える・身に着ける」事に関しては

「早い」や「遅い」という表現が使われることがあります。

 

そして・・・

 

「うちの、ちょっと子遅いんじゃないかしら?」

 

と、心配している親御さんは少なくないようです。

 


 

赤ちゃんの知育