効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

子供の学力を伸ばすために最も大切な「現実的な準備」とは

 

子供の学力を伸ばすためには、本人の努力だけではなく

お母さんを中心とした、家庭のバックアップが不可欠です。

 

幼ければ幼いほどに、重要になることであり

それは「学習習慣」をつけてあげること

また「それ以前」のことも、準備・用意しておく必要があります。

 


 

親と子供の教育論 問題提起

子供の集中力を高める方法~集中力は「作ってから」伸ばすもの~

 

「教えたいこと」「学んで欲しいこと」はたくさんある

たくさん知識を吸収して、豊かな人生を送って欲しい・・・にも関わらず

 

なかなか学ぼうとしてくれない

 

「興味を向け続ける」ことができない

 

教えたいことに関して、なかなか集中して聞いてくれない

 

こういった傾向は、一般的には「集中力がない」と呼ばれる状態です。

 

しかしながら、集中力もまた「発達段階」である幼児期は

悲観するのではなく「これから育てる」ことを考えていきましょう。

 


 

学習の習慣を付ける 親と子供の教育論 問題提起

うちの子勉強が苦手かも?~初期教育に必要なのは「才能」ではなく「集中力」と「好奇心」~

 

「全く覚えようとしない」

 

「何度教えても間違える」

 

大切な「初期・基礎」の段階だからこそ

焦ってしまう・不安になってしまうものだと思います。

 

「もしかしたら、この子は勉強がアレなタイプなのかも・・・」

 

なんて、思っているお母さんもいるかもしれませんが

「幼児期」で考えれば、そもそも「才能」は関係ありません。

 

「やる気」や「集中力」を、対象に「向けて」あげることが大切です。

 


 

親と子供の教育論 問題提起

幼児期の家庭学習の手引きと「教える限界」~最初の先生はママ~

 

幼稚園(保育園)等の施設に、通うことになる前までは

お母さんと過ごす時間が最も長く、「ひらがな」「すうじ」といった

学習の基礎を教えるのも、お母さんの仕事となっている傾向があります。

 

そういった「超基礎」的な知識を教えることは

それ自体、ある意味で「育児の1つ」でもあり

「歩き方」「箸の持ち方」等といったものと

同じくくりとして、考えられていることでもあります。

 


 

親と子供の教育論

幼児教育はどのタイミングで何を始めるべきか?

 

このブログでは、効果的な幼児教育について

今まで「ザックバラン」に、解説してきてしまいました。

 

というのも、このブログを読んでくださる方のお子さんは

家庭ごとに、それぞれ年齢・嗜好が違うものであり

1つの枠組みの中で、解説・アドバイスすることは難しく

そもそも「1人として同じ人間はいない」ためです。

 


 

親と子供の教育論

勉強が「できた」お母さんのジレンマと「できなかった」コンプレックスによる「スパルタ教育」

 

このサイトをご覧になっている方は、その多くが「お母さん」だと思います。

 

「教育パパ」よりも「教育ママ」という言葉に馴染みがあるように

子供の教育に熱心なのは、お父さんよりもお母さんである傾向があります。

 

その理由としては、いいこと・悪いこと様々なものが挙げられますが

時に「スパルタ教育」と呼ばれてしまうことを、してしまうこともあるはずです。

 

そしてスパルタ教育は、よい結果を生まない傾向があります。

 


 

親と子供の教育論 問題提起

子供が勉強についていけなくなってしまったら~「落ちこぼれ」はいつまで挽回できるか~

 

まだ、お子さんが幼い時期から

すでに教育に関心の深いお母さんには、必要のない話題かもしれません。

 

しかし、人間には「得意・不得意」があり

いつ・どんな内容の科目につまずくかは、分かりません。

 

幼い頃から「神童」のように思われていた子でも

ちょっとした苦手な科目が出来てしまったことで

一気に「落ちこぼれる(相応しい表現ではないかもしれませんが)」

ことも珍しいことではありません。

 


 

一定の時期に出来てほしいこと 親と子供の教育論