効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

「いい母親」って何?~なりたくてなれるもの?なれなくて悩むもの?考えるな感じろ!~

 

本日は、ちょっと浅深い話をしようと思います。

 

幼児教育を考えるうえで、それ以前に「子供の幸せ」を考えるうえで

避けては通れない問題であり、もちろん賛否両論が出まくる内容だとは思いますが

ぜひ最後まで目を通して、真剣に考えてみて欲しいと思います。

 


 

考える

箸・鉛筆の持ち方が変でなかなか治らない~子供の間違った習慣・悪い癖を矯正すべきタイミングとは~

 

矯正すべきか、すべきではないのか・・・

 

たとえ、力づくでも・・・

 

もしかしたら、悪い影響があるかも?

 

子供の「変な癖」に関して、悩んでいる親御さんは多いと思います。

 

私自身身に覚えがあるので、複雑な気持ちです・・・

 

自分のことは差し置いて(大人になった立場として)

ちょっと、真剣に考えてみたいと思います。

 


 

問題提起 考える

計算が苦手・簡単な問題がどうしてもできない子供にはどうやって教えればいいの?

 

「うちの子、ちょっとまずいかも・・・?」と思ってしまうきっかけとして

「簡単な計算問題が解けない」というものがあります。

 

特に、「一桁の足し算」レベルすら

いつまでたっても、できるようにならない状態では

心配になってしまうのは、当然のことです。

 

しかしながら、「計算」というだけで

「才能」「センス」と考えがち・せいにしがちです。

 

小中学校レベルの数学に、センスは必要ありません。

 

コツをつかめば、本来は誰にでもできるものなのです。

 


 

学習法・学習教材 考える

子供の「学力」は何歳まで伸びるの?~その伸ばし方・上げ方とは~

 

このブログでは、幼児教育に関して

「できるだけ幼い時期」から始めるべきであり

「できるようになるのは、早いにこしたことはない」と述べてきました。

 

しかし、そういった考えには「じゃあ、終わりは?」という

「タイムリミット」に関する不安がつきものです。

 

そして、それはある意味で

「早い始まり」と同じくらい重要な要素になります。

 


 

考える

子供の学力・能力を伸ばすための正しい褒め方とは~過程と結果のバランス~

 

あけましておめでとうございます。

 

本年も誠に勝手ながら、子供達の真の幸せについて考えていきたいと思います。

 

多くの親御様に読んでいただければ幸いです。

 

さて、2017年一発目は「褒め方」について。

 

「褒めて伸ばす」や「怒るよりも褒めましょう」という言葉は

育児本・雑誌には、必ず記述されています。

 

しかしながら「なぜ褒めるべきなのか」ということや

「何に対して褒めるべきか」の「肝」が、ずれているような気もします。

 

最終的には「厳しい将来」に備えた「愛情」が必要なのです。

 


 

問題提起 考える

年末年始・冬休み(長期休み)の子供との過ごし方~一緒に目標を立てよう!~

 

毎年やって来ることながら、、、年の瀬ですね。

 

お母さん、お父さん方も忙しく過ごしていることと思います。

 

ということで、今回は雑談です。

 

もうすぐ冬休み、お正月になりますが

これはすなわち、子供と過ごす時間が増える時期であり

その過ごし方について悩んでいるお母さんが多いと思います。

 

悩むのではなく、ぜひ活かしていきましょう。

 


 

考える

お金持ちの子供は貧しい家庭の子供よりも頭がいい・有利なのか

 

ちょっと切なく、でも知っておくべき

本当は、知っているはずでもあるトピックです。

 

「人生はお金ではない」と、よく言われますが

お金があった方が、何事も有利に進めることが出来ることは客観的事実です。

 

これは間違いない、ただの事実です。

 

そしてそれは「教育」にも、全く同じことが言えます。

 

「お金持ちの子供」が学習を進めるうえで、知識を吸収する環境等

様々な面で有利であることもまた、誰もが理解できることです。

 

それでは、どうやって逆転していきましょうか?

 

逆転は人生の醍醐味でもあります。

 


 

考える