効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

子供の記憶力の鍛え方・トレーニングに必要なこととは~頭がいい子は「覚え」が速い!~

 

記憶をする力である「いわゆる記憶力」には、「ピーク」が存在します。

 

一定の年齢(個人差があります)に差し掛かった後には

基本的には劣化するものであり、あとは「いかに衰えさせないか」でしか対処できません。

 

すでに「身に覚え始めた」お母さんも多いのではないでしょうか?

 

ピークを越えた後に落ちていく、ということは避けられないことであり

そのため、「ピーク時の高さ」というものが非常に重要と言えます。

 

これはあくまで、日常的なレベルのお話になります。

 

それ以上に、記憶力とは「幼児教育の肝」と言ってもいいものであり

幼いうちに、必ず身に着けておきたいものと言えるのです。

 

「一生を通しての学習能力」に、大きく影響してしまうためです。

 


 

英才教育の必須要項

他の子が休んでいる・遊んでいる時に学ぶ~将来・来るべき時に焦らないために~

 

このブログをご覧の方々にとっては、まだまだ先のお話になりますが

高校受験・大学受験を控えたお子さん・・・だけでなく

ご家庭にとって、最後の長期休み・最期の戦いが始まっています。

 

「お正月だ~」「スキーだ~」なんて言っているのは

実際には、「小学生」と「社会人」だけなんですよね・・・

 

「15歳」「18歳」の子供達にとっては、人生の大きな岐路です。

 


 

英才教育の必須要項

要は「早く勉強して楽になっちゃえよ」そして「ちょっと行ってきます」

 

汚い言葉遣いで申し訳ありません。

 

しかし、ここまでこのブログで主張してきたことを

一言でまとめると、この言葉に尽きることになります。

 

なぜここまで「幼児期の習慣的な学習」を

推奨するかと言うと「結果的に楽」だからです。

 

そして、これは間違いない真実です。

 


 

英才教育の必須要項 学習の習慣を付ける

好奇心を育てて「コントロール」して「知能」と「快楽」につなげる

 

子供は「例外なく」好奇心旺盛です。

 

お母さんが使っている、携帯電話・スマホに

興味を持たない子は、まずいないはずであり

たとえ、一見「冷めている」ように見えても

「アンテナ」を張り巡らせている子もたくさんいます。

 


 

英才教育の必須要項

幼児期にしっかりと鍛えておきたい「記憶力」

 

幼い時期に身につけなければ「取り返しがつかない」能力というのは

様々なものがありますが、こと「記憶力」に関しても

必ず・しっかり身に着けておきたいものであり

「一生を通じて」必要となる・役に立つ能力です。

 


 

英才教育の必須要項

英才教育のスムーズなスタートに必要なこと

 

新しいブログを始めるにあたって

少しカタイことから、お話していきたいと思います。

 

以前、更新していたブログでは「英才教育」という

子を持つ親であれば、誰もが一度は興味を持つであろう

「幼児教育の究極の形」について解説してきました。

 


 

英才教育の必須要項