効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

「効果的な幼児教育」のために最も大切な要素~「好きな教科」を徹底的に伸ばして「苦手な教科」を少なく~

 

「幼児教育にとって最も大切なこと」を考える際には

取り入れるべきこと・参考にすべきことは、無限に存在しますが

忘れてはならないことは「幼児」という、未熟な存在であることです。

 

この時期は「性格」を含めて、「どうにでも変わる(変えられる)」時期であり

いわゆる「真っ白な状態」と言える、考えようによっては「危険」な時期でもあります。

 

この時期に絶対に避けたいことは、「勉強を嫌いになること」であり

その後の学力の伸びに対し、非常に悪い影響を与える要素になります。

 


 

学習法・学習教材

学力・知能の段階別に分けた効果的な学習法~幼児のための効率的な知育の進め方~

 

いよいよですね!というべき、年度末のこの時期というのは

入園・入学に向けた、準備に忙しいご家庭も多いはずです。

 

また、すでに幼稚園・小学校で過ごしているお子さんは

春休みに入り、新たな学年の始まりにワクワクしていることと思います。

 

そしてこの時期は、何かが始まる前の「準備の総仕上げ」の時期でもあります。

 

今回は新たなスタートをスムーズなものにするべく

前回の内容とは少し異なる、「段階」「適正」という面にフューチャーした

「効率的な学習の進め方」について、改めて解説していきたいと思います。

 


 

学習法・学習教材

幼児から始める効果的な「先取り学習」の方法~どんな教材をどう使うべき?弊害・デメリットはあるの?~

 

「先取り学習」の是非については、言うまでもなく「するべき」です。

 

このブログコーナーでは、一貫して「早ければ早い程いい」という姿勢であり

はじめの頃から読んでくださっているお母さんには、言うまでもないはずです。

 

何も心配する必要はありません。

 

いけるところまでいくべきなのです。

 

周りのみんなには内緒でね!←ここがミソ

 

ただし実践していくことは、なかなか難しいことであり

また少しだけ注意点もあるため、その点についても解説していきます。

 


 

学習法・学習教材 問題提起

幼児・子供にパソコン教育は早すぎる?~ネット・タブレットを使った学習法を先取り!~

 

早過ぎません。

 

パソコンを「使う能力」「利用する能力」

この2つは今後の生活・人生にとって、欠かせないものであり・・・

 

というと大袈裟ですが、「早すぎるか」を心配する必要はありません。

 

「今はまだ使えなくてもいい」けど

「いずれ使いこなせるようになるべき」であり、焦る必要はありませんが

徐々に慣れていく必要のある「道具」であることは確かです。

 

そして現在では、パソコン・タブレット・ネットを介した学習法は

徐々に「スタンダード」になりつつある状況です。

 


 

学習法・学習教材 問題提起

計算が苦手・簡単な問題がどうしてもできない子供にはどうやって教えればいいの?

 

「うちの子、ちょっとまずいかも・・・?」と思ってしまうきっかけとして

「簡単な計算問題が解けない」というものがあります。

 

特に、「一桁の足し算」レベルすら

いつまでたっても、できるようにならない状態では

心配になってしまうのは、当然のことです。

 

しかしながら、「計算」というだけで

「才能」「センス」と考えがち・せいにしがちです。

 

小中学校レベルの数学に、センスは必要ありません。

 

コツをつかめば、本来は誰にでもできるものなのです。

 


 

学習法・学習教材 考える

詰め込み教育のメリットとデメリット~弊害は?いつから?今こそ!?~

 

教育に関するコンセプトは、時代によって大きく変わってきました。

 

そもそも正解がない取り組みに対する「路線」を決めることは

非常に難しいことであり、ましてや日本においては

結局は、大学受験・就職が大きなターニングポイントになるため

そこにつながる義務教育の段階で、どのように学ぶのかは重要なものです。

 

「正しいことはない」けど「重要」なことは、自分で考えるしかありません。

 


 

学習法・学習教材 問題提起

「少子化」なのにライバルが増える?~「Z会<年長コース>」資料請求得点の紹介~

 

「人口の減少」「少子化」といったワードを耳にすると

「将来、子供が仕事を見つけるのが楽になる、ラッキー!」といった

ちょっと安心してしまう側面があるかもしれません。

 

「受験」といった、社会に出る前の段階で見ても

「お受験戦争」と呼ばれた時代に比べ

現在は、圧倒的に「倍率」の面で楽になっていることは事実です。

 

しかし、だからと言って「ライバルが少なくなる」

その結果「競争が楽になる」とは、決して思ってはいけません。

 


 

学習法・学習教材 問題提起