効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

子供の集中力を高める方法~集中力は「作ってから」伸ばすもの~

 

「教えたいこと」「学んで欲しいこと」はたくさんある

たくさん知識を吸収して、豊かな人生を送って欲しい・・・にも関わらず

 

なかなか学ぼうとしてくれない

 

「興味を向け続ける」ことができない

 

教えたいことに関して、なかなか集中して聞いてくれない

 

こういった傾向は、一般的には「集中力がない」と呼ばれる状態です。

 

しかしながら、集中力もまた「発達段階」である幼児期は

悲観するのではなく「これから育てる」ことを考えていきましょう。

 


 

学習の習慣を付ける 親と子供の教育論 問題提起

幼児教育における読書の大切さ・どんな本を読ませるべき?

 

読書に関しては、幼児教育を語るうえで

あらゆる面で有意義な習慣であり

早い段階で「習慣」として身につけさせたいものになります。

 

読書家は、基本的に有能です。

 


 

学習の習慣を付ける

勉強が嫌い・しない子供を「勉強好き」にする簡単な方法

 

ずいぶん先の将来の、小難しい話はとりあえず中断して

今回から、通常運転で進めていきたいと思います。

 

まずは、悩んでいるお母さんが多そうな

 

「我が子が勉強してくれない」

 

という悩みについての、解決法を考えていきましょう。

 


 

学習の習慣を付ける 親と子供の教育論

要は「早く勉強して楽になっちゃえよ」そして「ちょっと行ってきます」

 

汚い言葉遣いで申し訳ありません。

 

しかし、ここまでこのブログで主張してきたことを

一言でまとめると、この言葉に尽きることになります。

 

なぜここまで「幼児期の習慣的な学習」を

推奨するかと言うと「結果的に楽」だからです。

 

そして、これは間違いない真実です。

 


 

英才教育の必須要項 学習の習慣を付ける

足し算・引き算の教え方~最初の一歩をなるべく早く~

 

幼児期には、覚えること・覚えるべきことは無限にありますが

特に優先して身に着けるべきこととして、やはり「算数」があります。

 

「ひらがな」を覚えて「100までの数字」を覚えたら

「読書」と並行して進めていきたいことが、簡単な「足し算」と「引き算」です。

 

なぜ、数字にまつわることを優先するかというと

やはり俗に言う「頭の柔らかさ」に非常に影響することと

「早ければ早いほど才能が伸びる」分野であることです。

 


 

学習の習慣を付ける 一定の時期に出来てほしいこと

子供のやる気を効果的に引き出す方法~褒める際の注意点も~

 

前回に引き続き「自信」と「やる気」についてのお話しです。

 

幼い時期の、ささやかな「自己承認欲求」

今後の人生において、非常に大切なことであり

これを満たすことは、非常に簡単なことであることを前回解説しました。

 


 

学習の習慣を付ける 親と子供の教育論