効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

幼い時期の英才教育は子供を不幸にするのか?

 

「幼い頃から、あまり勉強させると性格が曲がる」

 

「感情が<薄い>人間になってしまう」

 

こういった意見があることは事実です。

 

しかしながら、このサイトでは一貫して

勉強しないよりも、勉強した方が

 

幸せなる可能性が高い

 

ということを主張してきました。

 


 

問題提起

子供の頭が良くなる食事・栄養素は存在するのか?

 

「食べるだけで頭が良くなる食べ物は存在するのか?」

お父さん・お母さんも、生まれてきてから1度は考えたことがあるはずです。

 

テスト・試験の前や「もう少しで志望校に受かるのに!」

といった状況において、頭に浮かんできた経験はないでしょうか?

 

それがいつしか

「<食べさせれば>賢くなる成分・食材はないのか?」

といった<子供のため>の考え方に代わってくるはずです。

 


 

問題提起 考える

夏休み・冬休みの「宿題が終わらない問題」は低学年で解決しておく

 

「夏休み」等の、長期休みの話題については

もっと早い段階で取り上げるべきものでしたが

この時期になって焦り始めた、お子さん・お母さんにとって

ぴったりの話題を、ここで取り上げたいと思います。

 

まだ幼稚園・保育園のお子さんを持つお母さんも

なるべく「焦らない子」そして「後回しにしない人間」にするため

少しずつ意識して、お子さんの「傾向」を見守っていきましょう。

 


 

問題提起

子供がゲームをやめない!~知能への影響・対処法は?ポケモンGOは禁止すべき!?~

 

ずっとゲームをしている・・・

 

ご飯の時間になってもやめない・・・

 

この「子供のゲーム問題」に、悩んでいるお母さんは多いようです。

 

こういった問題では「やめさせる方法」だけを

考える方が多いと思いますが、様々な角度から考えていく必要があります。

 


 

問題提起

勉強が「できた」お母さんのジレンマと「できなかった」コンプレックスによる「スパルタ教育」

 

このサイトをご覧になっている方は、その多くが「お母さん」だと思います。

 

「教育パパ」よりも「教育ママ」という言葉に馴染みがあるように

子供の教育に熱心なのは、お父さんよりもお母さんである傾向があります。

 

その理由としては、いいこと・悪いこと様々なものが挙げられますが

時に「スパルタ教育」と呼ばれてしまうことを、してしまうこともあるはずです。

 

そしてスパルタ教育は、よい結果を生まない傾向があります。

 


 

親と子供の教育論 問題提起

幼児期の英語教育は「やっぱり必要かもしれない」と思った件

 

このサイトでは、幼い時期の学習内容に関しては

何よりも「日本語(国語)の理解」「算数の解決力」を

出来るだけ早く身につけて、ひたすら反復することが

最も重要で・効果的であると解説してきました。

 

「英語は二の次」であると。

 

しかし、最近では

「少しだけ考えを改めることが必要なのかな?」と思っています。

 


 

問題提起

朝ご飯を食べる子は頭が良くなるのか?~幼い頃からの「習慣」と「環境」~

 

「朝ご飯は、ちゃんと食べた方がいいのか?否か?」

ということは、度々話題になることでもあります。

 

もちろん、基本的には「食べた方がいい」ことは間違いありません。

 

しかしながら「朝食」と「頭の良さ」という点について

そう単純に結びついているわけでもありません。

 

ちなみに・・・「大人」に関しても

「朝ご飯を食べたから仕事がはかどる」という、単純なものではなく

実は非常に「個人差」のある、考えを改めるべき内容でもあります。

 


 

問題提起 考える