効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

教育熱心なお母さんが陥りがちな思考~モンスターペアレンツの事例と自分自身の対処法~

 

このサイト(ブログ)をご覧になってくださるお母さん方は

「どちらかと言うと教育熱心」ということは否定できないはずです。

 

「教育熱心」と言う言葉や、その態度というのは

時に・人によって、否定的にとらえられてしまうこともありますが

基本的には素晴らしいことであり、お子さんのことを思ってのことと思います。

 

しかしながら、その子供を思う気持ちが裏目に出てしまい

時に「モンスター」となってしまうことが、社会問題にもなっています。

 


 

問題提起

子供の学力を伸ばすために最も大切な「現実的な準備」とは

 

子供の学力を伸ばすためには、本人の努力だけではなく

お母さんを中心とした、家庭のバックアップが不可欠です。

 

幼ければ幼いほどに、重要になることであり

それは「学習習慣」をつけてあげること

また「それ以前」のことも、準備・用意しておく必要があります。

 


 

親と子供の教育論 問題提起

詰め込み教育のメリットとデメリット~弊害は?いつから?今こそ!?~

 

教育に関するコンセプトは、時代によって大きく変わってきました。

 

そもそも正解がない取り組みに対する「路線」を決めることは

非常に難しいことであり、ましてや日本においては

結局は、大学受験・就職が大きなターニングポイントになるため

そこにつながる義務教育の段階で、どのように学ぶのかは重要なものです。

 

「正しいことはない」けど「重要」なことは、自分で考えるしかありません。

 


 

学習法・学習教材 問題提起

子供の「虫歯予防」と「歯並び・かみ合わせ」の重要性~頭脳と習慣と歯磨き粉~

 

「頭が良くなる学習法」には、様々な要素がありますが

その中には「机に向かう際の心構え」や「詰め込み方法」といったもの以外にも

「環境」という、「それ以前」の大切な要素が大きく影響します。

 

それは「家庭環境」「お金」といったものの他にも

「歯の状態」といった、一見非常に地味なようで

有利・不利な条件に大きくつながってしまう可能性のあるものも存在します。

 


 

問題提起

3歳で幼稚園に入れるべき?入れない方がいい?行きたがらない場合には?

 

以前から、度々話題になっていたことであり

最近になってまた再熱しているようなので、一度考えておきたいと思います。

 

ずばり、幼稚園は年少から入れるべきか、年中から入れるべきか

いわゆる「3年保育」と「2年保育」は、どちらがいいのかというお話。

 

それに加え「幼稚園に行きたがらない」という、困っちゃうお話

 

これは、小学校入学後の「登校拒否」と重なる面・異なる面があり

早い段階での対処が必要なケースもあります。

 


 

問題提起

子供の集中力を高める方法~集中力は「作ってから」伸ばすもの~

 

「教えたいこと」「学んで欲しいこと」はたくさんある

たくさん知識を吸収して、豊かな人生を送って欲しい・・・にも関わらず

 

なかなか学ぼうとしてくれない

 

「興味を向け続ける」ことができない

 

教えたいことに関して、なかなか集中して聞いてくれない

 

こういった傾向は、一般的には「集中力がない」と呼ばれる状態です。

 

しかしながら、集中力もまた「発達段階」である幼児期は

悲観するのではなく「これから育てる」ことを考えていきましょう。

 


 

学習の習慣を付ける 親と子供の教育論 問題提起

うちの子勉強が苦手かも?~初期教育に必要なのは「才能」ではなく「集中力」と「好奇心」~

 

「全く覚えようとしない」

 

「何度教えても間違える」

 

大切な「初期・基礎」の段階だからこそ

焦ってしまう・不安になってしまうものだと思います。

 

「もしかしたら、この子は勉強がアレなタイプなのかも・・・」

 

なんて、思っているお母さんもいるかもしれませんが

「幼児期」で考えれば、そもそも「才能」は関係ありません。

 

「やる気」や「集中力」を、対象に「向けて」あげることが大切です。

 


 

親と子供の教育論 問題提起