効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

極度に集中力・落ち着きがない子供の育て方~発達障害?病気なの?どうすればいい?~

 

「発達障害」「ADHD」という言葉は

近年になって、急に注目されてきたようですが

教育の現場では、以前から話題になっていたものです。

 

というのも、

 

「どうしても先生のいうことを聞かない子」というのは

昔から度々見られ、お母さん方も思い起こしてみれば

同じクラスに、そういった子がいた記憶はないでしょうか?

 

そして、もし自分の子が「そういう子」だった場合

そういった傾向が見られるようになってきた場合

大きな不安に、襲われているお母さんもいるはずです。

 


 

問題提起

本当に3歳までにひらがなが読めなければならない?~子供に勉強・知識を教える順番~

 

子供の知能の発達・知識量の目安として

巷では「3歳までにひらがなが読めるか否か」という

基準?が設けられているようです。

 

そういったことを聞くと

「うちの子読めないんだけど・・・やばいの?」

心配になってしまうお母さんも多いと思います。

 

こういった「何歳までに何ができていなければダメ!」という

誰が定めたか分からない基準は、他にも多いようです。

 

しかしながら、知能の発達のためには

順番が大切なものと、関係ないものもあり

過剰に心配することはなく、大切なことは他にあります。

 


 

一定の時期に出来てほしいこと 問題提起

子供の学力・能力を伸ばすための正しい褒め方とは~過程と結果のバランス~

 

あけましておめでとうございます。

 

本年も誠に勝手ながら、子供達の真の幸せについて考えていきたいと思います。

 

多くの親御様に読んでいただければ幸いです。

 

さて、2017年一発目は「褒め方」について。

 

「褒めて伸ばす」や「怒るよりも褒めましょう」という言葉は

育児本・雑誌には、必ず記述されています。

 

しかしながら「なぜ褒めるべきなのか」ということや

「何に対して褒めるべきか」の「肝」が、ずれているような気もします。

 

最終的には「厳しい将来」に備えた「愛情」が必要なのです。

 


 

問題提起 考える

教育熱心なお母さんが陥りがちな思考~モンスターペアレンツの事例と自分自身の対処法~

 

このサイト(ブログ)をご覧になってくださるお母さん方は

「どちらかと言うと教育熱心」ということは否定できないはずです。

 

「教育熱心」と言う言葉や、その態度というのは

時に・人によって、否定的にとらえられてしまうこともありますが

基本的には素晴らしいことであり、お子さんのことを思ってのことと思います。

 

しかしながら、その子供を思う気持ちが裏目に出てしまい

時に「モンスター」となってしまうことが、社会問題にもなっています。

 


 

問題提起

子供の学力を伸ばすために最も大切な「現実的な準備」とは

 

子供の学力を伸ばすためには、本人の努力だけではなく

お母さんを中心とした、家庭のバックアップが不可欠です。

 

幼ければ幼いほどに、重要になることであり

それは「学習習慣」をつけてあげること

また「それ以前」のことも、準備・用意しておく必要があります。

 


 

親と子供の教育論 問題提起

詰め込み教育のメリットとデメリット~弊害は?いつから?今こそ!?~

 

教育に関するコンセプトは、時代によって大きく変わってきました。

 

そもそも正解がない取り組みに対する「路線」を決めることは

非常に難しいことであり、ましてや日本においては

結局は、大学受験・就職が大きなターニングポイントになるため

そこにつながる義務教育の段階で、どのように学ぶのかは重要なものです。

 

「正しいことはない」けど「重要」なことは、自分で考えるしかありません。

 


 

学習法・学習教材 問題提起

子供の「虫歯予防」と「歯並び・かみ合わせ」の重要性~頭脳と習慣と歯磨き粉~

 

「頭が良くなる学習法」には、様々な要素がありますが

その中には「机に向かう際の心構え」や「詰め込み方法」といったもの以外にも

「環境」という、「それ以前」の大切な要素が大きく影響します。

 

それは「家庭環境」「お金」といったものの他にも

「歯の状態」といった、一見非常に地味なようで

有利・不利な条件に大きくつながってしまう可能性のあるものも存在します。

 


 

問題提起