効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

<PR>朝が苦手なお子様におすすめの「光目覚し時計-inti(インティ)-」の効果で<どうしても起きない>を対策・矯正する

 

起きてくれない!

 

ちゃんと朝ご飯を食べてくれない!!

 

機嫌が悪い!!!

 

お子さんの、「朝のリズム」にお悩みのお母さんは多いと思います。

 

どうしても起きてくれない・・・なぜ・・・?

 

そうは言っても、「眠いから」「だるいから」としか言えないことが事実であり

お母さん自身が「朝が苦手」という方であれば、理解できることもあるかもしれません。

 

ただし、「朝に弱い」という体質(習性)は

 

可能であれば・・・というよりも、

 

全力を尽くして、矯正すべきことと言えます。

 


 

問題提起

主体性がない・無気力な子供の改善策とは~自主的に勉強に取り組ませるために必要なこと~

 

「主体性を持つ」「自分の価値観に従う」

 

「自主的な目標を立てる」「言われなくてもやる」

 

こういったことが、まるで「いいこと」のように思われていますが

よくよく考えてみたら、これらは至極「当たり前」のことと言えます。

 

「人に言われたことしかやらない」「目的なく息だけしている」

 

このようなケースは、なかなか「切ない人間」と言えますが

こういった大人というのは、珍しくはない世の中です。

 

競争社会に疲れ果て・・・等といった、様々な理由が考えられるものですが

それが「子供のうちから」の場合には、心配になることも無理はありません・・・

 


 

問題提起

箸・鉛筆の持ち方が変でなかなか治らない~子供の間違った習慣・悪い癖を矯正すべきタイミングとは~

 

矯正すべきか、すべきではないのか・・・

 

たとえ、力づくでも・・・

 

もしかしたら、悪い影響があるかも?

 

子供の「変な癖」に関して、悩んでいる親御さんは多いと思います。

 

私自身身に覚えがあるので、複雑な気持ちです・・・

 

自分のことは差し置いて(大人になった立場として)

ちょっと、真剣に考えてみたいと思います。

 


 

問題提起 考える

多動症?とにかくじっとしていられない子供の症状はどうすればいい?~「集中力」を与えて早めに治す・軽減する~

 

「とにかく、じっとしていられない」

 

こういったことに悩んでいるお母さんは、昔から一定数いらっしゃいます。

 

そういった子というのは、いつのまにか立派に成長していて

心配するほどのことでもなかった、ということも多いです。

 

しかしながら、「発達障害」といった言葉が

広がっている現代では、「理解が深まっている」一方で

より不安になってしまうお母さんも多いはずです。

 

何より、心配になってしまうのは当然であり

本当に悩んでいるお母さんも、珍しくはないことです。

 


 

問題提起

子供の友人・他の家庭の教育方針がそんなに気になる?~ウケる入学願書の書き方とは?何を見ているの?~

 

いいのもは取り入れる

 

無理してマネする必要はない

 

非常に単純な答えです。

 

入学・クラス替えというイベントは、新たな出会いを生みます。

 

子供から学校・幼稚園の話を聞きいて

「よその家はそうなの?」と驚き・疑問が沸くことも多いと思います。

 

「カルチャーショック」というやつですね。

 


 

問題提起

幼児から始める効果的な「先取り学習」の方法~どんな教材をどう使うべき?弊害・デメリットはあるの?~

 

「先取り学習」の是非については、言うまでもなく「するべき」です。

 

このブログコーナーでは、一貫して「早ければ早い程いい」という姿勢であり

はじめの頃から読んでくださっているお母さんには、言うまでもないはずです。

 

何も心配する必要はありません。

 

いけるところまでいくべきなのです。

 

周りのみんなには内緒でね!←ここがミソ

 

ただし実践していくことは、なかなか難しいことであり

また少しだけ注意点もあるため、その点についても解説していきます。

 


 

学習法・学習教材 問題提起

幼児・子供にパソコン教育は早すぎる?~ネット・タブレットを使った学習法を先取り!~

 

早過ぎません。

 

パソコンを「使う能力」「利用する能力」

この2つは今後の生活・人生にとって、欠かせないものであり・・・

 

というと大袈裟ですが、「早すぎるか」を心配する必要はありません。

 

「今はまだ使えなくてもいい」けど

「いずれ使いこなせるようになるべき」であり、焦る必要はありませんが

徐々に慣れていく必要のある「道具」であることは確かです。

 

そして現在では、パソコン・タブレット・ネットを介した学習法は

徐々に「スタンダード」になりつつある状況です。

 


 

学習法・学習教材 問題提起

1 2 3 5