効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

人見知りしない子供の育て方~赤ちゃんはいつから父親を認識できるの?なつかない!泣きわめく!?時の対処法~

 

生後半年くらいから始まることとなる、赤ちゃんのお馴染みの症状に「人見知り」があります。

 

個人差の大きい反応であり、またそれが激しい症状であっても決して珍しいことではなく

成長していくうえで欠かせない、「情緒」を形成するための過程でもあります。

 

しかしながら・・・

 

「あまりにひどい」といった場合や、日頃良くしてくれてる人に対してしてしまうことで

お母さん自身が、申し訳ない気持ちになってしまうことも多いと思います。

 

特に義父・母に大しての場合には、気まずくなってしまうことも・・・

 


 

赤ちゃんの知育 問題提起

おねしょはいつまでしてても大丈夫なの?~小学生になっても治らない原因と効果的な対策~

 

「おねしょ」は、夜泣き・イライラ期に並ぶ、お母さんを困らせる問題であり

これらの悩みと違う点としては、「それこそどうしようもない」ことです・・・

 

したくてしているわけではない

 

ということは、お母さん達も十分に分かっていると思います。

 

しかしながら、「お布団」のことを考えると

非常に悩ましい問題であることに、違いありません。

 


 

問題提起

【赤ちゃんもストレスを感じるの?】神経質な子育ては子供の成長にマイナスの影響を与えてしまう

 

赤ちゃんというのは、幼ければ幼いほど「我慢」をしないため

基本的に、ストレスを溜めにくい存在と言えます。

 

そもそも「ストレスを溜める」というのは、

特定の状況を「我慢」して、尚且つ「耐えている」ということであり

感じることと、溜めることとは別の問題です。

 

ストレスとなるものは、日常に溢れているものであり

これをうまく「発散」させることができるかどうかで

ストレスに強い人・弱い人に、差が出るものなのです。

 

そして、赤ちゃんもストレスを「感じること」はあります。

 


 

問題提起

赤ちゃんの癇癪への対処法~いつになったら感情をコントロールできるようになる?その後の性格への影響は?~

 

子供の「癇癪」はどう接すればいいか、非常に困ってしまうことが多い問題です。

 

「ちょっと手が付けられない」レベルの癇癪持ちの子供は、それほど珍しくはないものですが
いざ自分の子供がそのような気質を持っていた場合、どのような対応が望ましいのでしょうか?

 


 

赤ちゃんの知育 問題提起

<PR>朝寝坊が癖になっている・寝起きが悪いお子様におススメの早起きサプリ「あさシャキ」

 

「朝起てくれない・・・」という悩みは、お母さんを中心として

絶えることのない、子育てには付きものの悩みです。

 

「しつけ」といった要素も関わることも確かなことですが

「自律神経」といった、体質が関わっていることも多く

単純な悩みである一方で、非常に奥の深いものでもあります。

 

また、単純に「起きればいい」ということではなく

寝起きが悪いといった、「むずがり」に関しても

朝の憂鬱な出来事として、何とかしたいご家庭は多いはずです。

 


 

問題提起

親のコンプレックスを絶対に子供にぶつけるな!~性格を歪ませないために劣等感を感じないことの大切さ~

 

今回は、少し重い話です。

 

当ブログで繰り返し述べている通り、幼児期の教育において最も大切なことは

「自信」を持てるようにすることであり、難しい言葉で言えば「自己肯定感」を与えることです。

 

無意識に、「自分が回り(世界)に認められていること」を感じていれば

能力や地位に関係なく、「何となく楽しく生きる」ということができるのです。

 

これは勉強・知能よりも、生きていくうえで非常に大切なことです。

 


 

親と子供の教育論 問題提起

夜なかなか寝付かなくて悩んでいる~子供の睡眠不足の原因・影響と理想的な睡眠~

 

「寝る子は育つ」というのは、もしかしたら若いお母さんはご存じない格言かもしれません。

 

調べずとも、「当たり前のこと」として認識されていることでもあり

大人に比べて、子供の睡眠時間が長いことは常識的なものです。

 

そしただからこそ、「この子全然寝ないけど、大丈夫かしら?」

あまり睡眠をとらない・睡眠時間が短い場合には、心配になってしまうはずです。

 

そしてそれは、あまり大丈夫なことではありません。

 

今回は、そんな「子供の睡眠時間」についての小話です。

 


 

問題提起

1 2 3 7