効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

「ヤバい!うちの子学校の勉強についていけてないかも?」と思ったら~小学校の段階で不安なら必ず持つべき危機感~

 

やや遅くなってしまいましたが、ご入学・進級おめでとうございます。

 

毎年やってくるこの季節は、社会人として働かれている方々はもちろん

お子様を持つ方お父様・お母さんにとっては喜び・達成感もひとしおと思われます。

 

まずは、「前向き」に迎えるべき時期です。

 

とは言っても、喜びには必ず「不安」が伴うものであり

今後起きるであろう、喜ばしい出来事の予感・期待に胸を躍らせる一方で

無限に存在する不安への準備も必要であり、徐々に不安はカタチとなって

「ひょっこり」と、顔を出し始めるものでもあります。

 


 

問題提起

私立学校の受験のために塾に通わせるべき?塾に通わなければ合格できない?~幼稚園・小学校受験であれば問題ないよ!~

 

明けましておめでとうございます!

 

今年もよろしくお願いいたします!!

 

冬休みが明けたお子様も多く、いよいよ学年最後の学期がスタートしたことと思います。

 

この時期というのは、進学・進級前の最後の思い出作りであり

何よりも友達との、悔いのない毎日を送って欲しい・・・

 

と、悠長なことも言っていられないご家庭も多いのではないでしょうか?

 

年初の時期というのは、正月明けのフワフワした感覚もつかの間

未成年のお子様を持つ家庭にとっては、「最後の追い込み」となるタイミングでもあり・・・

 


 

学習法・学習教材 問題提起

子供が学校・幼稚園・保育園に行きたがらない時にはどう対応すべき?~原因と状況で大きく異なる解決策~

 

「もっと、ちゃんと勉強して欲しい!」

 

「なんで、こんなにできないの・・・」

 

といったことを悩んでいるご家庭は、幸せかもしれません。

 

「それ以前」の問題が発生し、非常に深刻な問題が発生しているケースがあります。

 

それがそれほど「問題」なのか?は、さておき

実際に当事者になれば悩まざるをえない、「まさか」の事態はたくさんありますが

そんな中でも「比較的珍しくはない」と言える、「不登校」や「引きこもり」の問題

他人事から、私事に変わった瞬間に、何とも言えない絶望感を感じてしまうものでもあります。

 


 

問題提起

幼稚園・小学校の担任の先生に不満がある場合はどう対処するべき?~性格が悪い・贔屓・指導力不足は基本的にあきらめよう!~

 

お母さん・お父さんの思い出の中にいる、「先生」という存在を考えた際には

いい印象として残っている人、悪い印象しかない人、様々な人間が浮かぶ思います。

 

「恩師」と言える先生、また「思い出したくもない」ような先生

また、全く思い出せない先生もいたはずです・・・

 

そして、大人になったからこそ「生徒として」ではなく

1人の人間として、判断できることが多くなったはずです。

 

優しかったけど、ダメな人だったのかもな・・・

 

怖かったけど、生徒のことを考えていたんだな・・・

 

過ぎてしまったからこそ、冷静に感傷に浸ることもできると思われますが

親になることによって、「子供の先生」という新たな関係が生まれることになり

自分のこと以上に子供が大切だからこそ、不満や心配が生じるものと言えます。

 


 

問題提起

気が短い・癇癪持ち・幼稚~年齢に比べてちょっと幼いかも?子供の性格・特徴が心配なお母さんは何をすべき?~

 

いわゆる「精神年齢」というのは、基本的に「経験」によって年をとるものです。

 

そのため、ある程度は「実際の年齢」に比例するものでもあります。

 

また、確かに広い範囲で見れば「早く大人になる子」と

「いつまでも大人になれない子」に分かれると言えますが

そうは言っても、比較的平和・社会が安定している日本においては

「年相応」に、精神的な面も育ってくることが一般的と見えます。

 

しかしながら、中には「いつまでも赤ちゃん」といった極端な場合もあり

「このままで大丈夫かしら?」と心配されるお母さんもいるかもしれません。

 


 

問題提起

<PR>朝が苦手なお子様におすすめの「光目覚し時計-inti(インティ)-」の効果で<どうしても起きない>を対策・矯正する

 

起きてくれない!

 

ちゃんと朝ご飯を食べてくれない!!

 

機嫌が悪い!!!

 

お子さんの、「朝のリズム」にお悩みのお母さんは多いと思います。

 

どうしても起きてくれない・・・なぜ・・・?

 

「眠いから」「だるいから」という言葉だけ・・・

 

お母さん自身が「朝が苦手」という方であれば、理解できることもあるかもしれません。

 

ただし、「朝に弱い」という体質(習性)は

 

可能であれば・・・というよりも、

 

全力を尽くして、矯正すべきことと言えます。

 


 

問題提起

主体性がない・無気力な子供の改善策とは~自主的に勉強に取り組ませるために必要なこと~

 

「主体性を持つ」「自分の価値観に従う」

 

「自主的な目標を立てる」「言われなくてもやる」

 

こういったことが、まるで「いいこと」のように思われていますが

よくよく考えてみたら、これらは至極「当たり前」のことと言えます。

 

「人に言われたことしかやらない」「目的なく息だけしている」

 

このようなケースは、なかなか「切ない人間」と言えますが

こういった大人というのは、珍しくはない世の中です。

 

競争社会に疲れ果て・・・等といった、様々な理由が考えられるものですが

それが「子供のうちから」の場合には、心配になることも無理はありません・・・

 


 

問題提起

1 2 3 6