効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

幼稚園・小学校の担任の先生に不満がある場合はどう対処するべき?~性格が悪い・贔屓・指導力不足は基本的にあきらめよう!~

 

お母さん・お父さんの思い出の中にいる、「先生」という存在を考えた際には

いい印象として残っている人、悪い印象しかない人、様々な人間が浮かぶ思います。

 

「恩師」と言える先生、また「思い出したくもない」ような先生

また、全く思い出せない先生もいたはずです・・・

 

そして、大人になったからこそ「生徒として」ではなく

1人の人間として、判断できることが多くなったはずです。

 

優しかったけど、ダメな人だったのかもな・・・

 

怖かったけど、生徒のことを考えていたんだな・・・

 

過ぎてしまったからこそ、冷静に感傷に浸ることもできると思われますが

親になることによって、「子供の先生」という新たな関係が生まれることになり

自分のこと以上に子供が大切だからこそ、不満や心配が生じるものと言えます。

 


 

問題提起

小学校低学年ですでに存在する「学力格差」は絶対につけられるな!つけろ!!~入学から勉強でつまずかないために年中から高めておく~

 

「学力格差」というと、「学歴」といったものをイメージし

「就職」や「出世」という言葉が、頭に浮かぶ方が多いとはずです。

 

しかしながら、学力の差というのは幼いうちから存在するものであり

それは「小学校入学」くらいの時期から、顕著なものとなってきます。

 

小学校の入学時点で、掛け算ができるか・できないか

それだけでも、「かなり条件に差がある状態」と言えるのです。

 

もちろん、そういった単純なことだけではなく

この時期の学力は、その後の人生にも大きく影響を与えるものなのです。

 


 

学習の習慣を付ける 一定の時期に出来てほしいこと