効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

「効果的な幼児教育」のために最も大切な要素~「好きな教科」を徹底的に伸ばして「苦手な教科」を少なく~

 

「幼児教育にとって最も大切なこと」を考える際には

取り入れるべきこと・参考にすべきことは、無限に存在しますが

忘れてはならないことは「幼児」という、未熟な存在であることです。

 

この時期は「性格」を含めて、「どうにでも変わる(変えられる)」時期であり

いわゆる「真っ白な状態」と言える、考えようによっては「危険」な時期でもあります。

 

この時期に絶対に避けたいことは、「勉強を嫌いになること」であり

その後の学力の伸びに対し、非常に悪い影響を与える要素になります。

 


 

学習法・学習教材

多動症?とにかくじっとしていられない子供の症状はどうすればいい?~「集中力」を与えて早めに治す・軽減する~

 

「とにかく、じっとしていられない」

 

こういったことに悩んでいるお母さんは、昔から一定数いらっしゃいます。

 

そういった子というのは、いつのまにか立派に成長していて

心配するほどのことでもなかった、ということも多いです。

 

しかしながら、「発達障害」といった言葉が

広がっている現代では、「理解が深まっている」一方で

より不安になってしまうお母さんも多いはずです。

 

何より、心配になってしまうのは当然であり

本当に悩んでいるお母さんも、珍しくはないことです。

 


 

問題提起