効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

子供の記憶力の鍛え方・トレーニングに必要なこととは~頭がいい子は「覚え」が速い!~

 

記憶をする力である「いわゆる記憶力」には、「ピーク」が存在します。

 

一定の年齢(個人差があります)に差し掛かった後には

基本的には劣化するものであり、あとは「いかに衰えさせないか」でしか対処できません。

 

すでに「身に覚え始めた」お母さんも多いのではないでしょうか?

 

ピークを越えた後に落ちていく、ということは避けられないことであり

そのため、「ピーク時の高さ」というものが非常に重要と言えます。

 

これはあくまで、日常的なレベルのお話になります。

 

それ以上に、記憶力とは「幼児教育の肝」と言ってもいいものであり

幼いうちに、必ず身に着けておきたいものと言えるのです。

 

「一生を通しての学習能力」に、大きく影響してしまうためです。

 


 

英才教育の必須要項

子供の友人・他の家庭の教育方針がそんなに気になる?~ウケる入学願書の書き方とは?何を見ているの?~

 

いいのもは取り入れる

 

無理してマネする必要はない

 

非常に単純な答えです。

 

入学・クラス替えというイベントは、新たな出会いを生みます。

 

子供から学校・幼稚園の話を聞きいて

「よその家はそうなの?」と驚き・疑問が沸くことも多いと思います。

 

「カルチャーショック」というやつですね。

 


 

問題提起

友達100人できるかな?~希望に満ちたスタートは「教育費」との闘いの始まりでもある!その賢い貯め方とは?~

 

キャッチーな、タイトルですね。

 

いよいよ、今年から入園・入学というご家庭は

今日くらいから、続々と「入園(学)式」に参加されるはずです。

 

町中でスーツ姿のお父さんお母さん、そして少し緊張しているような

なんとも言えない表情をしている、小さなお子さんを目にしました。

 

またお母さんと離れない子や、はしゃいでいる子を見ていても

やはり3,4歳の時点で、すでに差が出ているなー、と毎年思います。

 

「できるようになる子」は、見ればすぐにわかりますね。

 


 

親と子供の教育論