効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

学力・知能の段階別に分けた効果的な学習法~幼児のための効率的な知育の進め方~

 

いよいよですね!というべき、年度末のこの時期というのは

入園・入学に向けた、準備に忙しいご家庭も多いはずです。

 

また、すでに幼稚園・小学校で過ごしているお子さんは

春休みに入り、新たな学年の始まりにワクワクしていることと思います。

 

そしてこの時期は、何かが始まる前の「準備の総仕上げ」の時期でもあります。

 

今回は新たなスタートをスムーズなものにするべく

前回の内容とは少し異なる、「段階」「適正」という面にフューチャーした

「効率的な学習の進め方」について、改めて解説していきたいと思います。

 


 

学習法・学習教材

幼児から始める効果的な「先取り学習」の方法~どんな教材をどう使うべき?弊害・デメリットはあるの?~

 

「先取り学習」の是非については、言うまでもなく「するべき」です。

 

このブログコーナーでは、一貫して「早ければ早い程いい」という姿勢であり

はじめの頃から読んでくださっているお母さんには、言うまでもないはずです。

 

何も心配する必要はありません。

 

いけるところまでいくべきなのです。

 

周りのみんなには内緒でね!←ここがミソ

 

ただし実践していくことは、なかなか難しいことであり

また少しだけ注意点もあるため、その点についても解説していきます。

 


 

学習法・学習教材 問題提起

幼児・子供にパソコン教育は早すぎる?~ネット・タブレットを使った学習法を先取り!~

 

早過ぎません。

 

パソコンを「使う能力」「利用する能力」

この2つは今後の生活・人生にとって、欠かせないものであり・・・

 

というと大袈裟ですが、「早すぎるか」を心配する必要はありません。

 

「今はまだ使えなくてもいい」けど

「いずれ使いこなせるようになるべき」であり、焦る必要はありませんが

徐々に慣れていく必要のある「道具」であることは確かです。

 

そして現在では、パソコン・タブレット・ネットを介した学習法は

徐々に「スタンダード」になりつつある状況です。

 


 

学習法・学習教材 問題提起