効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

子供の集中力を高める方法~集中力は「作ってから」伸ばすもの~

 

「教えたいこと」「学んで欲しいこと」はたくさんある

たくさん知識を吸収して、豊かな人生を送って欲しい・・・にも関わらず

 

なかなか学ぼうとしてくれない

 

「興味を向け続ける」ことができない

 

教えたいことに関して、なかなか集中して聞いてくれない

 

こういった傾向は、一般的には「集中力がない」と呼ばれる状態です。

 

しかしながら、集中力もまた「発達段階」である幼児期は

悲観するのではなく「これから育てる」ことを考えていきましょう。

 


 

学習の習慣を付ける 親と子供の教育論 問題提起

うちの子勉強が苦手かも?~初期教育に必要なのは「才能」ではなく「集中力」と「好奇心」~

 

「全く覚えようとしない」

 

「何度教えても間違える」

 

大切な「初期・基礎」の段階だからこそ

焦ってしまう・不安になってしまうものだと思います。

 

「もしかしたら、この子は勉強がアレなタイプなのかも・・・」

 

なんて、思っているお母さんもいるかもしれませんが

「幼児期」で考えれば、そもそも「才能」は関係ありません。

 

「やる気」や「集中力」を、対象に「向けて」あげることが大切です。

 


 

親と子供の教育論 問題提起

幼児期の家庭学習の手引きと「教える限界」~最初の先生はママ~

 

幼稚園(保育園)等の施設に、通うことになる前までは

お母さんと過ごす時間が最も長く、「ひらがな」「すうじ」といった

学習の基礎を教えるのも、お母さんの仕事となっている傾向があります。

 

そういった「超基礎」的な知識を教えることは

それ自体、ある意味で「育児の1つ」でもあり

「歩き方」「箸の持ち方」等といったものと

同じくくりとして、考えられていることでもあります。

 


 

親と子供の教育論

年少・年中・年長の学力を構成する要素の違い~「絶望的な差」につながる~

 

「小学校入学までに何が出来ているべきか」といったことは

よく話題になることであり、このサイトでも何度も解説してきました。

 

しかし、小学校入学前の段階の「幼稚園(保育園)」に通うお子さんというのは

出来ること・出来ないことに、非常に大きな差があることが現実です。

 

学力・振る舞いといったことを「決定づけてしまう」

身に着ける要因は、幼い中でも「日に日に」大きく変わってきます。

 


 

一定の時期に出来てほしいこと 問題提起