効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

「少子化」なのにライバルが増える?~「Z会<年長コース>」資料請求得点の紹介~

 

「人口の減少」「少子化」といったワードを耳にすると

「将来、子供が仕事を見つけるのが楽になる、ラッキー!」といった

ちょっと安心してしまう側面があるかもしれません。

 

「受験」といった、社会に出る前の段階で見ても

「お受験戦争」と呼ばれた時代に比べ

現在は、圧倒的に「倍率」の面で楽になっていることは事実です。

 

しかし、だからと言って「ライバルが少なくなる」

その結果「競争が楽になる」とは、決して思ってはいけません。

 


 

学習法・学習教材 問題提起

お金持ちの子供は貧しい家庭の子供よりも頭がいい・有利なのか

 

ちょっと切なく、でも知っておくべき

本当は、知っているはずでもあるトピックです。

 

「人生はお金ではない」と、よく言われますが

お金があった方が、何事も有利に進めることが出来ることは客観的事実です。

 

これは間違いない、ただの事実です。

 

そしてそれは「教育」にも、全く同じことが言えます。

 

「お金持ちの子供」が学習を進めるうえで、知識を吸収する環境等

様々な面で有利であることもまた、誰もが理解できることです。

 

それでは、どうやって逆転していきましょうか?

 

逆転は人生の醍醐味でもあります。

 


 

考える

幼い時期の英才教育は子供を不幸にするのか?

 

「幼い頃から、あまり勉強させると性格が曲がる」

 

「感情が<薄い>人間になってしまう」

 

こういった意見があることは事実です。

 

しかしながら、このサイトでは一貫して

勉強しないよりも、勉強した方が

 

幸せなる可能性が高い

 

ということを主張してきました。

 


 

問題提起

子供の頭が良くなる食事・栄養素は存在するのか?

 

「食べるだけで頭が良くなる食べ物は存在するのか?」

お父さん・お母さんも、生まれてきてから1度は考えたことがあるはずです。

 

テスト・試験の前や「もう少しで志望校に受かるのに!」

といった状況において、頭に浮かんできた経験はないでしょうか?

 

それがいつしか

「<食べさせれば>賢くなる成分・食材はないのか?」

といった<子供のため>の考え方に代わってくるはずです。

 


 

問題提起 考える

本当は「競争」なんかしない方がいい~温かい心を持った優しい子供にするために~

 

最近は「知能教育」のことばかりを、取りあげがちでしたが

ここでもう一度「本当に豊かな人生」についても、考えてみましょう。

 

親であれば、自分の子供には「心優しい人間」になって

周囲・環境にも恵まれた人生を送って欲しいはずです。

 


 

考える