効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

子供が勉強についていけなくなってしまったら~「落ちこぼれ」はいつまで挽回できるか~

 

まだ、お子さんが幼い時期から

すでに教育に関心の深いお母さんには、必要のない話題かもしれません。

 

しかし、人間には「得意・不得意」があり

いつ・どんな内容の科目につまずくかは、分かりません。

 

幼い頃から「神童」のように思われていた子でも

ちょっとした苦手な科目が出来てしまったことで

一気に「落ちこぼれる(相応しい表現ではないかもしれませんが)」

ことも珍しいことではありません。

 


 

一定の時期に出来てほしいこと 親と子供の教育論

幼児教育における読書の大切さ・どんな本を読ませるべき?

 

読書に関しては、幼児教育を語るうえで

あらゆる面で有意義な習慣であり

早い段階で「習慣」として身につけさせたいものになります。

 

読書家は、基本的に有能です。

 


 

学習の習慣を付ける

鉛筆は4歳までにちゃんと持てないとダメ?~持ち方の教え方・書き順も大切~

 

「何歳までに何が出来ないといけない」という話を聞くと

焦ってしまうお母さんも多いかもしれませんが

幼児教育の話題に関しては、非常にそういったことも多いです。

 

このブログこそ、焦らせてしまう原因かもしれませんが・・・

 

ただし「読み書き」「一般常識」「個性」といったものは

切り離して考えるものであるという考え方もあります。

 

特に「箸の持ち方」と同じく「鉛筆」の持ち方といったものは

「常識」と「個性」のせめぎ合いで、非常に難しい問題です。

 


 

一定の時期に出来てほしいこと

家庭内学習の基礎として使うべき通信教育教材

 

小学校に入学した後には「塾」といった学校外・家庭外

学習施設に通い始めるお子さんも多くなります。

 

早い子では、1・2年生といった低学年の時期から

「ほぼ毎日」通う子も現れます。

 

公立学校の授業では物足りない、早くレベルの高い学習を

進めていきたいといった場合には、有意義なことには違いありません。

 

しかし、学習は「塾でなければ出来ない」というものではありません。

 


 

学習法・学習教材

勉強が嫌い・しない子供を「勉強好き」にする簡単な方法

 

ずいぶん先の将来の、小難しい話はとりあえず中断して

今回から、通常運転で進めていきたいと思います。

 

まずは、悩んでいるお母さんが多そうな

 

「我が子が勉強してくれない」

 

という悩みについての、解決法を考えていきましょう。

 


 

学習の習慣を付ける 親と子供の教育論

子供の将来をどう描くべきか~「非常に残念な未来」に備えた思考~

 

少し「重い」お話しも、3回目になりましたが

とりあえず今回で、一区切りにしようと思います。

 

最後に相応しく、主な議題は

 

「今の子供達」「これから生まれてくる子供達」

一体どんな未来を描いていくべきか

 

そして、何も判断できない幼児期に

いかにお母さんが、いい方向に導いてあげるべきか

 

そしてその「方向」とは、一体どっちなんだ!?

 

ということをお話ししていきます。

 

少し長く、また「ディープな内容」になりますが

これからの「子供達の人生」を考えた際に

非常に重要なことであり、最後まで読んでくださるとうれしいです。

 


 

問題提起

今の子供たちが置かれた状況から導き出された「残念な結論」

 

なんだか「英才教育」から離れて「なんちゃって社会派」のような

ブログになってしまっていますが「今現在子供」の「1人の人間」の

「未来」に関して非常に重要なことなので、もう少しお付き合いください。

 

このブログを読んでくださっている「育児に関心が深い」だけでも

助かって欲しいので、早めに呼んでくださることを願います。

 

決して、大げさなことではありません。

 

「明日、地球が滅亡する~」というようなことでなく、いたって冷静なお話しです。

 


 

問題提起