効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

幼児に英語教育は必要?効果はあるの?そして国際化とは!

 

「ひらがな」「すうじ」といった内容の解説を進めてきたところで

気になっているお母さん方も多いはずの

「英語」に関することも解説しておきたいと思います。

 

先に、私自身の意見・結論を書いておくと「英語」に関しては

「3歳から始めた子よりも、8歳から始めた子の方が良い結果になる」と考えます。

 


 

問題提起

幼児期にしっかりと鍛えておきたい「記憶力」

 

幼い時期に身につけなければ「取り返しがつかない」能力というのは

様々なものがありますが、こと「記憶力」に関しても

必ず・しっかり身に着けておきたいものであり

「一生を通じて」必要となる・役に立つ能力です。

 


 

英才教育の必須要項

足し算・引き算の教え方~最初の一歩をなるべく早く~

 

幼児期には、覚えること・覚えるべきことは無限にありますが

特に優先して身に着けるべきこととして、やはり「算数」があります。

 

「ひらがな」を覚えて「100までの数字」を覚えたら

「読書」と並行して進めていきたいことが、簡単な「足し算」と「引き算」です。

 

なぜ、数字にまつわることを優先するかというと

やはり俗に言う「頭の柔らかさ」に非常に影響することと

「早ければ早いほど才能が伸びる」分野であることです。

 


 

学習の習慣を付ける 一定の時期に出来てほしいこと

子供のやる気を効果的に引き出す方法~褒める際の注意点も~

 

前回に引き続き「自信」と「やる気」についてのお話しです。

 

幼い時期の、ささやかな「自己承認欲求」

今後の人生において、非常に大切なことであり

これを満たすことは、非常に簡単なことであることを前回解説しました。

 


 

学習の習慣を付ける 親と子供の教育論

褒めてあげることで「自信」を与える~ママの評価が人格を作る~

 

なんだか読んでくださっている方が、一気に増えているようなので

頑張って更新頻度を上げていきたいと思います。

 

素晴らしいお母さんが、たくさんいるようです。

 

ステキです。

 

ありがたいことです。

 


 

親と子供の教育論

「数字」の教え方と「基礎能力」にまつわる残酷な真実

 

「数字」を覚える時期は「ひらがな」を覚える時期と

ほぼ同じくらいであり、どちらが先なのかということは

個人差があるものでありますが、特に気にしなくてもいいことでもあります。

 

ただし「数字の概念」というものは

読む・書く以外にも、無限に存在するものであり

我々大人が自然と認識していることでも

段階を踏まえて覚えさせる必要があります。

 


 

一定の時期に出来てほしいこと

「ひらがな」の読み方の練習と教え方

 

「文字を読むことが出来る」ということは

勉強・学習をするうえで、必要不可欠なことであり

特に「知能学習」に関しては

「読むことが出来る」ことがスタートになります。

 

常識的なことですが、文字を読めなければ

「読書」等といった「知識教育の基礎」を始めることすら出来ません。

 


 

一定の時期に出来てほしいこと