効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

赤ちゃんが低い声でうなる・威嚇する理由と対処法

 


我が子が「するどい目つき」をしながら、低い声で「あー」「うー」と唸っている場合には

「今現在」の状態だけでなく、「将来」が不安になってしまうこともあるかもしれません・・・

 

泣く・叫ぶ・奇声をあげるといった、大人から見れば「マイナスな振る舞い」

赤ちゃんにとっては日常茶飯事であり、赤ちゃんを赤ちゃんらしくさせる要素でもあります。

 

しかしながら「うなる」といった、一般的には「威嚇」ともとれる

あまりよくない振る舞いに関しては、それが頻繁なものであることで

 

「ちょっとどうかな?」

 

「癖がついてしまったらどうしよう?」

 

と、心配されるお母さんも多いようです。

 

 

とは言っても、

 

うなっている赤ちゃんを見て、まず最初に考えるべきが

「威嚇しているつもりは、全くない」ということです。

 

幼ければ幼いほどに、「感情」と「振る舞い」との関連性は低く

「ただただ変な声を楽しんでいる」という可能性もあり

一過性のものであり、それほど心配ないことがほとんどです。

 

しかしながら、「感情表現の練習」であるとも考えられ

「全くその気はない」とは言えない場合もあり・・・

そういった振る舞いは、減らしていくにこしたことはありません。

 

「不快感の表現」として考えられることも

 

一般的な「因果関係」とも言える、

  • 嬉しいから笑う
  • 悲しいから泣く

 

これらは、幼い時期は「意味を持たない」ものであることも多く

実際に、赤ちゃんの脳内は「支離滅裂」であるという考えもあります。

 

しかしながら、喜び・悲しみと共に「怒り」といった感情は

生まれた時から、ある程度は持っていることも考えられ

幼いながらも、本能的に行っていることもあるはずなのです。

 

そもそも、

  • お腹がすいた
  • うんちをした

 

といった際に、泣いていることに関しても

ある意味で「なんで早く対処してくれないんだ!」という

怒りの感情を持ちながら、泣いているとも考えられるのです。

 

怒りを表現しているということは、「不快感」を感じているはずであり

「社会的な不満」を持つには早い時期だとすれば

それは空腹等を現わす、「単純な不快のサイン」と言えます。

 

コミュニケーションをとることができない赤ちゃんが、

「どうにもならない気持ち」を、存分に体現しているのです。

 

うなるのをやめさせる方法

 

ただ泣く、といったこと以上の反応である

「振る舞い(うなり)で訴える」ということは

ある意味で「成長」でもあり、人間らしくなってきた証です。

 

そうは言っても、親としては

「なるべく、そういうのはやめて欲しいな」と思うはずであり

徐々に、そういった振る舞いは納める必要もあります。

 

「癖」が付いてしまう前に、少しずつ取り組んでいきましょう。

 

「本当の理由」を考える

 

まず、「赤ちゃんの振る舞い」を考える際には

それが「一度だけ」なのか「日常的」なものなのかが重要であり

一度だけなら、特にそれほど心配する必要はありません。

 

問題になるかもしれないケースとしては、

 

その振る舞いが日常的なものになっている場合

 

になります。

 

そして、その場合にこそ<感情>からくるものと言え

日常的な不快感対し、「そう振舞うもの」と身についてしまっている場合です。

 

1つの例としては、「育児放棄」とまでもいかないまでも

「泣いている状態を放置する」といったことが、赤ちゃんの負の感情産んでいる可能性があります。

 

そしてそういった環境に育った場合に、威嚇する癖がつくことが多いことは事実です。

 

ただし当サイトをご覧になる方が、「過度な放置」をしていることはないと思われますが・・・

 

また、赤ちゃんにとっての日常的な不快感というのは

周囲が気を付けていても、起こしてしまっていることがあります。

 

まずは、家庭内で赤ちゃんへのストレスとなることが

発生していないか、チェックすることが大切です。

 

どうしても心当たりがない、という場合には

「たまたま、そういう癖が身についてしまった」と考え

少しずつ「効果的な止めさせ方」を実践していきましょう。

 

赤ちゃんの習性を利用して辞めさせる

 

うなっていることを、やめさせるための対処として・・・

「口をふさぐ」といったことは、絶対にNGです。

 

余計に悪化する可能性が高く、逆効果と言えます。

 

怒っている相手には、冷静に対処することが大切なことは赤ちゃんも同じであり

 

  1. できるだけ顔を近くによせて
  2. ひたすらニコニコ優しく話しかけ続ける

 

「その子に相応しい対処」は、もちろん異なりますが

この2点だけは、ぜひ意識して欲しいと思います。

 

これも本能的なことですが、顔が近い相手に対して

大きな声というのはあげにくいものであり

 

また語り欠けてくる相手に対しては

いつまでも怒鳴っていることも、はばかれるはずです。

 

こういったことは、成長の過程で知ることですが

「今がその時」の可能性もあります。

 

もちろん、すでに実践している方もいるかもしれませんが

根気よく・目を見て、伝えてあげて欲しいと思います。

 

もしかしたら「真似」の可能性も・・・

 

赤ちゃんの成長というのは、身の回りの人の「マネ」をすることで

徐々に人間らしくなっていくことでもあります。

 

  • 日常的に大きな声を出す
  • よく夫婦喧嘩をする

 

といった場合には、ぜひ意識して注意して欲しいと思います。

 

大きな声というのは、相手を委縮させるものであり

大人でも、子供でも、普段萎縮している場合には

言うまでもなく、ストレスが溜まっている状態と言えます。

 

そして、この<真似>ということを考えた際には

「ペット」を飼っている家庭は、要注意と言えます。

 

犬・猫の吠えるという習性を、真似していることも考えられ

何も考えずに行っている場合にも、少し注意が必要です。

 

少しだけ、遠ざけることも必要かもしれません。

 

感情を表に出すことは、「ストレス発散」にもなることであり

うまくコミュニケーションがとれないからこそ

そういった振る舞いも、「たまには」するべきものです。

 

怒らない人間なんて、いないはずなのですから。

 

 

⇒超幼児教育におすすめの「こどもちゃれんじ」の詳細

 


<PR>どんなお子様にも合わせやすいおススメの教材



 

赤ちゃんの知育

この記事に関連する記事一覧