効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

興奮しやすい赤ちゃんの叫び・奇声はいつまで続く?~赤ちゃんを短時間でリラックスさせる方法~

 


基本的に、赤ちゃんというのは「神経質」であり

幼児期の子供に関しても、まだまだ神経症的な面が見られます。

 

それは、あらゆるものに対する「経験が少ない」ことによるものであり

大人になるにつれて、「気にすることでもない」と学ぶことで落ち着いてくるものです。

 

特に生まれたばかりの赤ちゃんにとっては、この世の全てが「驚き」であり

常に、基本的に「興奮」状態の中ににあると言えます。

 

一説によると、赤ちゃんは「常に夢を見ている」といったものから

「常に錯乱状態」にあるという意見もあります。

 

 

基本的に興奮しやすい赤ちゃんですが、その中でも特に輪をかけて

特に興奮しやすい、センシティブな赤ちゃんは珍しくありません。

 

スマホの「バイブレーション」であったり、

「足音」が少ししただけでも、お昼寝から目覚めてしまい

それからしばらく泣き続けることも珍しくないようです。

 

「電話が鳴る直前に」

 

「ドアが開く直前に」

 

泣き始める、といったお話しを聞くと

大人が感じることができなくなってしまったものを、

感じることができる時期のかな、とも考えられます。

 

まず前提として、こういった興奮しやすい赤ちゃんの状態は

全く問題のないものであり、あくまで成長の過程にすぎません。

 

しかしながら、

 

そうは言っても、

 

「勘弁してほしい」と思ってしまうことがある方も、いらっしゃるはずです。

 

即・短期的に納める方法はある?

 

結婚式等に赤ちゃんと一緒にお呼ばれした際、

挙式の真っ最中・披露宴で偉い人が喋っている途中に

泣き始める光景は、見たことのある人も多いと思います。

 

あんな事態になったらどうしよう・・・と

今から恐れているママもいるずです。

 

「スグに泣き止ませる・鎮める方法」

 

共通するものがあれば、苦労はしません・・・

 

もし、「その子」に合った対応策を見つけられたら奇跡です。

 

より「本能的」な対処が必要

 

興奮を抑えるためには、リラックスさせることが重要であり

大人であれば、音楽を聞いたり、お風呂に浸かったりして過ごすことで

徐々に精神が落ち着いていく方も多いと思います。

 

しかしながら、赤ちゃんに大しての場合は

それらの効果は、「半減する」と考えましょう。

 

「落ち着く音楽」や「入浴によるリラックス」というのは

「経験」や「情報」に基づいている面も多いはずです。

 

つまり、「そういうもの」という先入観からの

半プラシーボ(効果がある気がする)効果も考えられます。

 

そういった知識・経験・感覚のない赤ちゃんには

より物理的・本能的な対処が必要になります。

 

もちろん、音楽・リズムによる鎮静作用や

血行の改善による効果も有効なものです。

 

一定のリズムで背中(以外の場所でも)を叩いてあげたり

足の裏等をマッサージしてあげることもおすすめです。

 

背中をトントン叩くのは、胎内にいた時のママの心臓音を演出するためです。

 

「一定のリズム」ということが大切であり、

精神を鎮めるために、非常に有意義なものでもあります。

 

また、人前ではなかなか難しいかもしれませんが

血行不良による「むずむず感」が、グズリにつながったり

体が冷えることによる不快感が原因の可能性も考えられます。

 

こちらは、日常的な習慣に取り入れて欲しいものです。

 

赤ちゃんが「おたけび」をあげる理由

 

赤ちゃんの口から発せられる「声にもならない声」は

生後2か月前後の「クーイング」から始まり、

やがて、4カ月過ぎた頃には「喃語(なんご)」となり

1年程をかけ、単語をつなげたコミュニケーションができるまでに成長していきます。

 

しかし「あっあっ」という「クーイング」を始めた時期から

徐々に「きゃーーー!」というような、いわゆる「奇声」を発することも増えていき

その度合によっては、不安に思っているママも多いようです。

 

そもそも、赤ちゃんが奇声を発する理由は「無限」にあります。

 

最も多い理由としては、単に興奮していることによるものですが

様々な段階を経て、奇声を発する理由も増えていきます。

 

まず、最初の段階として多いものが

  • 「声が出る」ということ自体が楽しい
  • 周りが反応してくれるのが楽しい

 

という、好奇心・楽しみからです。

 

「周りの反応」の影響によるケースは、因果関係が複雑でもあります。

 

「反応するとうるさくなるから反応しない」という反応をした場合には、

「反応してくれるまで叫ぶ」ということを覚えてしまう可能性も、十分にあります。

 

また、

 

叫ぶ(わめく)ことで、周りが何らかのアクションをしてくれる

 

という現象を覚えることにもなります。

 

そういった経験から、

  • 「おしっこ」や「空腹」等の「不快感」
  • 構ってくれないことへの「不満」
  • 環境が変わったことによる「恐怖」「興奮」

 

様々なシーンで、奇声を発することになります。

 

自分の状態・感情を訴えかけているのです。


あまりにもうるさい時はどうすればいい?

 

「おたけび」が仕方がないことであることは、承知している方がほとんどであると思われます。

 

とは言え、やはりバス・電車といった公共機関での「人目」

夜中の奇声の「近所迷惑」といったものは、どうしても気になってしまうものだと思います。

 

この奇声を止めるためにできるアプローチとしては、

「満足」させる「納得」させるということが大切であり

「分かったよ(伝わってるよ)」といことを、伝えて挙げることで収めることが大切です。

 

顔と顔を密着させたり、耳元でお話ししててあげることで

「一体感」を与えて挙げることが効果的です。

 

その際、一時的に「ピーク」を迎えることもありますが

しばらくすれば、「訴えが伝わった」と満足し収まることも多いです。

 

人前で焦ったり、毎回電車を降りるよりは

「一瞬だけ」覚悟を決めて、静かにさせることの方が

メリットが大きいはずですし、効果も高いはずです。

 

「個性」と「問題」は分けて考えるべきもの

 

「乳児期の奇声」と「幼児期の奇声」は、分けて考える必要があります。

 

これは、喋れないための「声にならない声」と

「喋れるのにも関わらず」という違いであり、非常に大きな分かれ目でもあります。

 

この「なかなか治らない奇声」の話題は

「発達障害(特に自閉症)」とセットで語られることが多く

過剰に心配してしまうママも多いようです。

 

「喋れるようになった後」の奇声がよくないことは事実です。

 

それが発達障害の可能性もありことに加えて、

感情表現の方法としての奇声は、矯正するべきものでもあります。

 

※参考記事

>>赤ちゃんが低い声でうなる・威嚇する理由と対処法

 

>>極度に集中力・落ち着きがない子供の育て方

 

時間をかけて判断するべきもの

 

それが「個性」なのか、発達障害を含め「問題」を抱えたものなのか

ある程度成長しないことには、判断することは難しいことも事実です。

 

街中でも、3歳くらいの子が「ギャー!」と叫んでいることは珍しくなく

あくまで「駄々を捏ねる」ことの一環であり、そういった「感情に任せて」叫んでいる子は

コミュニケーションをとるのが、まだまだ下手なだけであることもあります。

 

「奇声をあげてはいけない(特に公の場で)」と、しっかり「諭す」ことは必要ですが

それくらいでは、「医師に相談する」というレベルではありません。

 

「シャイ」であったり「感情が爆発しやすい」という

個性の場合には、深刻に悩む必要がない場合も多いです。

 

しかし、それが5・6歳まで続くようであれば

「発達障害」の可能性は高く何らかの対処も必要になります。

 

決して珍しい症状ではなく、受け止めて・改善していくことが可能なものです。

 

早とちりして焦る必要はなく、とにかく「まずは諭す」ことをしていきましょう。


<PR>最先端の先取り教育を取り入れよう!



<PR>どんなお子様にも合わせやすい定番の通信教育教材



 

赤ちゃんの知育

この記事に関連する記事一覧