効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

【赤ちゃんのお勉強の始め方】幼い時期から知能を鍛えるために大切なこと~習い事はいつから?おすすめは?~

 

赤ちゃんは、毎日毎日できるようになることが増え続けていきます。

 

上手に母乳を飲むことができるようになり

 

やがて、離乳食を食べ始め

 

ハイハイをして

 

立てるようになり

 

やがて、歩き始めます。

 

体の成長以外にも、段々と「単語」を覚え「おしゃべり」を始め

そしていよいよ、生きていくうえで必要な知恵を授けてあげることになります。

 

 

ついに、「しつけ」と同時に「教育」が始まるのです。

 

「いつ」から本格的始めるのが適切なの?

 

赤ちゃんは生まれた時から、常に学び続けています。

 

そして自発的なおしゃべりができる時期から、「覚える」という作業ができるようになります。

 

「記憶」という能力が、徐々に蓄積され始めます。

 

そこから爆発的に、「知能」を身につけていくことになり

本能としての反応以外にも、「学習」をすることができるようになります。

 

およそ1歳半くらいの時期(単語をつぶやきはじめる)から

一緒に「本」を読んだり、「ひらがな表」を使ったり

「数という概念」を教え始めるご家庭が多いようです。

 

実際に、このくらいからが「ちょうどいいかな」と思われます。

 

たとえ理解できていなくても、「一緒になんとなく始める」ということが大切です。

 

※当サイトでは「おおよそこの時期にできて欲しい」という内容を発信しています。

 

一定の時期に出来てほしいこと

 

以上のカテゴリーページから、1つ1つの詳細をご確認ください。

 

を見据えて、早めの準備をぜひ。

厳しく教えたから賢くなるとは限らない

 

いつから・どの程度教えていくかは、ご家庭内で話し合うべきであり

お子様の将来を左右する最初の一歩を、しっかりと検討しましょう。

 

基本的には、無理のない範囲で「早ければ早いほどよい」ものです。

 

幼稚園などの、「家庭外の学び舎」に預ける前の段階で

「自分の名前だけは書けるように」といった、ある程度の教育はしておくことが一般的です。

 

1つだけ注意点として・・・

 

勉学・学力を重要視しているママさんは

つい空回りをしてしまいがちであり、「何ででうちの子はできないの!」となりがちです。

 

「最初からできないのは当たり前」ということは、客観的に分かっていても

いざ自分の子供のことになると、愛するあまり厳しくなってしうことだと思います。

 

厳しく教えたからといって、賢い子に育つ訳ではありません。

 

二人の時間は沢山あると思うので、ゆっくりと時間をかけて
「いずれ学校に奪われてしまう時間」を、今は大切に過ごしましょう。

 

始めの段階では「個人差」が出るもの

 

2人目、3人目とお子様を育てているご家庭では

上の子はしっかりとしていて、下の子の方は頼りないな、と思うこともあると思います。

 

一方で、上の子よりも下の子の方がオムツが取れるのが速かったりと

あらゆる面で「下の子は要領」がいい、というようね点も目に付いてくるはずです。

 

それは「親としての成長」でもあり、上の子供を「育てたことがある」という経験値によって

下の子の子育ての方が、スムーズにいくことはよくあることです。

 

オムツの卒業・トイレトレーニングといったことから

歩き始めの注意点、イヤイヤ期の対処といったことが

何となく分かっているということも、下の子の育児にとっては大きなメリットです。

 

そう考えると、下の子の方が有利というかラッキーに違いなく

上の子の育て方が「反面教師」になってしまう部分は、否定できない現実があります。

 

ただし「知能」に関わる要素に関しては、生まれ持った才能もそれぞれに違いがあり

育児の方針にかかわらず、結果に違いが出るものと出ないものがあります。

 

授乳・オムツ・おしゃぶりといったものは、いずれ必ずやめることができる

「卒業」という時期があるものであり、過剰にに心配する必要がないものでもあります。

 

またしつけといった部分でも、諭すタイミング・強めに言わなければならないタイミング

それぞれ有効なタイミングといったものも、上の子の傾向から下の子に活かすことができます。

 

しかし「知識教育」といった部分では、たとえ血を分けた兄弟間でも傾向が異なることも多く

時期や結果といったものに、「個人差」が出やすい要素でもあります。


「好奇心の方向の違い」が個人的な差を分ける

 

更に兄弟を例にすれば、

 

長男・長女は、しゃべること・字を覚えるのも遅かったから

下の子はもっと早めにできるようにしたい、と考える方は多いようです。

 

「反省して活かす」ということが、難しいことが「知識教育」であり

単なる「成長過程」や、「しつけ」といった要素とは異なるものです。

 

結局は、「興味」というものに「個人差」が現れるため・・・

 

絵本に興味を示す赤ちゃんもいれば、ピアノ(音楽)に興味を示す赤ちゃんもおり

「好奇心の方向」は、生まれ持ったものも多くコントロールが難しいものです。

 

できることといえば、結局は「応援」だけなのです。

 

もちろん、好奇心を与えることも大切です。

 

※参考記事:>>初期教育に必要なのは「才能」ではなく「集中力」と「好奇心」

 

「お話できるまで」はできることだけでかまわない

 

本格的な学習はやはり、「喋れるようになったら」になります。

 

それまでには、

  • 読み聞かせ
  • 手遊び
  • 一緒に歌う・弾く

 

といった一緒にできることによって、コミュニケーションを取りながら

遊び・学ぶことで「情緒面」での発育を促すことが重要です。

 

情緒面を鍛えることで、「まじめに取り組む」というの大切さや

「同じことを続ける努力」といった、学習の基礎につながっていくことになります。

 

習い事も「早いほど身に付きやすい」ことは確か

 

「習い事」をすることがそれほど贅沢ではない時代であり、

幼い時期から「何か習わせようかしら?」と検討している方は多いと思います。

 

何かに取り組むことには、学習・成長面でもメリットがあることは確かであり

最近では「より幼い時期」からも通わせていることも多いようです。

 

幼い子供に何かを始めさせる際には、1つの基準として「3歳」という年齢が挙げられます。

 

幼稚園の「年少」に入園する年齢でもあり、とりあえず「赤ちゃんは卒業」という時期です。

 

そして、それよりも少し早く始めることが「有利」になるのではないかと

「2歳」から、何らかの「教室」に通わせたい方も多いと思われます。

 

実際に2歳というのは、様々なものを認識・理解し始めてから少し経ったころであり

「自分が何を学んでいるのか」ということについても、理解できる頃でもあります。

 

「1歳」では少し早すぎる、けど早めに、と考えた際に適切な時期であることは確かです。

 

何より「吸収力」が優れている時期でもあり

「無理矢理」だったり「嫌がっている」内容でない限りは

前向きに習い事を始めても、いい時期と考えられます。



 

みんなどんなことを習わせているの?

 

子供の習い事に関するアンケートは、様々な場所で集めらているようですが

長い時期に亘って、

  • ピアノ
  • 水泳
  • 習字

 

これらの「王道」といえるものは、常に人気となっているようです。

 

そして昨今では、これらに「英語」が食い込んでいます。

 

それぞれ「感性」「運動」「学習」と、うまくジャンルが異なるものであり

「掛け持ち」をしているお子さんも少なくありません。

 

また、「クラシックバレエ」や「フィギュアスケート」といった

ひと昔前では非常に珍しかったものも、現代では一般的な習い事となっているようです。

 

「掛け持ち」はまだ早い

 

1つだけ注意点として、

 

幼い子供に習い事をさせる際には、「教室・習い事」の掛け持ちは避けて欲しいと思います。

 

単純に、「疲れてしまう」からです。

 

「好きなことをする時間がなくなる」ことは、幼い子供にとって大きなストレスであり

またそれによって、「自分で考えて遊ぶ」という成長に欠かせない要素が失われてしまいます。

 

感性を育てようとして、奪ってしまうという

本末転倒の結果を招いてしまうことになりかねません。

 

「家庭」以外の文化に触れあえることもメリット

 

自分で判断のつかない幼い子供に何かを「させる」際には

必ず、「目的」を考えることが重要です。

 

そう考えた際、3歳未満のお子さんに習い事させることの

一番のメリットは、やはり「コミュニケーション能力」の成長です。

 

特に幼稚園(保育園)に通い始める前に、何らかのコミュニティへ参加していて

「家族以外」と触れ合っていた経験は、非常に役に立つものになります。

 

入園後に「スムーズに仲良くなれる」といった、

幼い時期には、何にも代えられない能力につながります。

 

そのため、習い事を選ぶ際には「1人で学ぶ」のではなく

「みんなと学ぶ」という、内容・教室を優先することをお進めします。

 

ついつい「自分が習いたかったこと」を、習わせてしまいがちな傾向がありますが

「その子のためになる」ことを考えることが大切です。

 

 

⇒マイペースに進められておすすめの「こどもちゃれんじ」

 


<PR>通信教育の「王道」から幼児教育を始める



<PR>どんなお子様も楽しく始められる定番教材



 

赤ちゃんの知育 親と子供の教育論

この記事に関連する記事一覧