効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

幼児期の家庭学習の手引きと「教える限界」~最初の先生はママ~

 

幼稚園(保育園)等の施設に、通うことになる前までは

お母さんと過ごす時間が最も長く、「ひらがな」「すうじ」といった

学習の基礎を教えるのも、お母さんの仕事となっている傾向があります。

 

そういった「超基礎」的な知識を教えることは

それ自体、ある意味で「育児の1つ」でもあり

「歩き方」「箸の持ち方」等といったものと

同じくくりとして、考えられていることでもあります。

 

 

しかしながら、「読み書き」や「足し算」といった

基礎知識を「応用」して利用する段階からは

「育児」というよりも「<学習の習慣をつける>ための教育」になってきます。

 

そして、いつしか「必要なことを教えてあげる」という枠を超え

「問題を解く力」を授ける「指導」といった形になってきます。

 

しかし、本当に大切なことは「指導」ではありません。

 

「どこまで」母親が教えるべき?

 

家庭学習において

「どの段階までお母さんが教えるべきか?」という話題は

「どの段階まで教えることができるか」と言い換えることもできます。

 

「教えたくても、教えられない」という時期が来るのが、先になります。

 

いくら「昔は成績が良かった」お母さんであっても

小学校高学年くらいの内容になってくると

「これってどの公式使うんだっけ?」となってくるはずです。

 

それは、仕方ありません。

 

「子供に教えるために、勉強する」ということは

素晴らしいことですが、現実にはできないことが大半のはずです。

 

というよりも、

「教えられなくなってきた」頃から、学校外での学習のために

「塾」といったものに通うことになるはずです。

 

そう考えると「学校の先生の子供」というのは「有利」だなと思いますが

学校の先生の子供で、突出して成績がいい子というのは意外と珍しいものです。

 

つまり「<職業先生>であっても、家庭学習の指導はうまくない」と言えます。

 

「人の子の世話で疲れて、自分の子まで手が回らない」

という意見も、実際に聞いたことがあります。。。

 

教えるのは「問題の解き方」ではない

 

つまり

「心配しても・しなくても、お母さんが教えられなくなる日がくる」

とうことであり、であるならば「可能な時間」を楽しみ

そして、その際に・少しでも教えることが出来ることが出来る時期に

「学習の習慣」を付けてあげることが、お母さんの使命です。

 

つまり、

 

「問題の解き方」ではなく

 

「解くための方法」を見つけるために

 

「まずは机に迎う」ということを教えてあげることが

「育児としての教育」の、最大の役割になります。

 

具体的には、机に向かって問題を解くという習慣を

「毎日」一緒に行うことから始めてみましょう。

 

「歯磨き」と同じように「毎日」行うことが大切です。

 

短い時間でもかまいませんし、どのタイミングでも大丈夫です。

 

これは2~3歳くらいに始めておきたい習慣であり

その効果は「大学受験」「就職」にまで、影響を与えるはずです。

 

「20年活きる」習慣なのです。

 

最初は「一緒に考える」ことが大切であり

徐々に1人で机に向かうことが出来るようになれば

「家庭学習」の習慣の完成になります。

 

 

お母さんの「相棒」にぜひ!

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

親と子供の教育論

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」