効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

子供の頭が良くなる生活習慣・方法とは?~とにかく本を読んで・食べて・寝る~

 

「頭が良くなる方法」というものがあったら

自分自身が使たいと思う方も多いと思います。

 

私もその1人です・・・

 

しかしながら、そんな方法があったら誰も苦労しません。

 

「何かを始めるに遅いことはない」という格言がありますが

半分は本当で、半分は嘘です。

 

なぜなら、「年をとっている」ことで「のびしろが消えている」からです。

 

この「のびしろ」は「概念」ではなく、「物理的」なものです。

 

また大人になると、いろいろな事情によって

「学力向上」のための努力が難しくなります。

(体力とか・・・お金のための仕事とか・・・)

 

ただし、その方法がある存在がいます。

 

というよりも、条件があります。

 

<子供>であれば「劇的に」向上させる・着火させることは可能です。

 

というよりも「生活習慣で学力が変わるのは子供だけ」なのです。

 

 

大人よりも、子供の方が伸びしろがあるということは

常識的であり、それは「科学的な・物理的な事情」によるものです。

 

一定の年齢を過ぎた後は、脳細胞は「死滅」していくため

脳細胞が「増えていく」段階でなければ

「学力の器」を広げることができないのです。

 

学力の器とは「記憶力」「読解力」幅広い要素を指します。

 

そしてこの<器>は、日々、大切に広げていく必要があり

そのためには、毎日の「生活習慣」の<質>が重要になります。

 

能力の「最大値」は日々一刻決まっていってしまう

 

前置きはこのへんにして・・・

 

「頭のいい子供に育てる方法」

 

そのために必要なことは、ただ1つです。

 

「頭が良くなる生活をおくらせる」ことです。

 

今回は「賢くなるための生活習慣」を淡々と述べていきます。

 

子供の1日というのは、非常に貴重なものです。

 

「1日」の連続で、「最終的な基礎能力」が決まってしまいます。

 

お忘れなきよう。

 

1、「食事」によって「脳みそ」を育てる

 

まず「方法論」よりも、最も大切な<前提>を心に留めておいてください。

 

子供の知能の発達の<基礎>に必要なことは

「お勉強」ではなく「食事による体の成長」であり

勉強よりも、はるかに必要な要素になります。

 

「脳みそ」が「物理的に」成長しないことには

知能の「キャパシティの限界」を、広げることができません。

 

体が大きくならなければ、大きなものを持ち上げることができないように

脳みそが大きくならなければ、難しい問題は解けません。

 

まずは「体を育てる」こと。

 

「食事」は「勉強以上」の必要条件である!

 

大人になれば、たかが「1食」と抜いてしまうこともあり

それほど影響のないものになりますが

幼い子供が1食抜くのは、とんでもない機会損失です。

 

また細かいことを言うと、

「魚」を食べさせてください。

 

魚を食べると、頭がよくなります。

 

そんな歌もありました。

 

あれは、真実を歌った歌になります。

 

 

ふざけていません。

 

 

「DHA」「EPA」という栄養素に関しては

教育に対する興味がある方であれば、ご存知の方も多いと思います。

 

その効果に関して、疑っている方もいるかもしれませんが

絶対に馬鹿にしてはいけないものです。

 

マジで、大切です。

 

詳しくは>>子供の頭が良くなる食事・栄養素は存在するのか?

 

↓↓魚嫌いのお子様には「サプリ」も

 



 

子供にサプリを飲ませることに関して

抵抗がある方も多いと思いますので、ご家庭の判断次第です。

 

ただ、欧米では(外国を参考にする意味はありませんが)

子供にも、がんがん飲ませているようです。

 

個人的には「用法」よりも、少ない量でいいと思います。

 

「基本的には食事から」ということは、お忘れなく。

 

2、とにかく本を読む習慣を付ける

 

ここからは、より知的な成長のための方法論です。

 

迷ったら本を読ませてください。

 

暴論を述べると、

「読書好き」に<極端な馬鹿>はいません。

 

読書には

  • 文字・文章を読む
  • 前後の脈絡をつなげる
  • 「前ふり」から「結末」を予想する

 

「能力開発」に必要な、様々な要素が詰まっています。

 

文字を読むことは、脳みそを使う作業であり

使っている器官というのは、発達します。

 

そして、読書というのは「習慣化」することが大切です。

 

1日30分でもいいので、読ませてください。

 

一緒に読んでください。

 

そんな暇がない、ということはないはずです。

 

もう一度言います、一緒に読んでください。

 

そして、最終的には1人で読めるようにしてあげてください。

 

外出する時、必ず1冊本を持っていきましょう。

 

どんなにくだらない(と勝手に思う)本でも、欲しがったら買ってあげてください。

 

「本」というのは、壮絶にコストパフォーマンスの高い商品です。

 

「無駄遣い」にはなりません。

 

「中身」は何でもいいです。

 

夏目漱石でも、手塚治虫でも、尾田栄一郎でも、矢沢あいでも、

 

大して変わりません。

 

「読む」ことが大切です。

 

これは次の「学習としての勉強」へとつながっていきます。

 

>>幼児教育における読書の大切さ・どんな本を読ませるべき?

 

3、ひたすら勉強させる

 

なんだかんだで、これが肝です。

 

ただ、ただ勉強させてください。

 

1年分の問題集を3ヶ月でこなしましょう。

 

冗談ではありません。

 

基礎知識を叩きこみましょう。

 

 

幼いからこそできるのです。

 

 

ただし、「嫌がったらさせない」ことも守ってください。

 

「勉強嫌い」にはしないでください。

 

 

「好き嫌い」ではなくするために「習慣」にするのです。

 

 

帰ってきたら、

 

手を洗って、うがいして、

 

 

勉強します。

 

 

疲れたら、本を読みます。

 

 

「やる気」を見せたら、できるだけ、限界まで問題を解かせます。

 

ひたすらやります。

 

当サイトでおススメしている教材は

どれも高度なものですが、これらも「生易しい」と思ってください。

 

>>家庭内学習の基礎として使うべき通信教育教材

 

まずは「無料請求」で、「子供に合うか」試してみて欲しいのですが

届いたものは「1日」でこなすくらいの勢いが大切です。

 

もっとくれーーー!!!

 

と吠えるような子にしましょう。

 

細かいことをいうと、

「読書」によって、基礎読解力がついているのであれば

あとはなるべく「算数」「数学」の問題を解くことをおススメします。

 

 

ここだけの話ですが

 

頭がよくなるための、一番の近道は「計算ドリル」です。

 

これ、本当です。

 

 

ただ単に、後々「数学」が得意になるのではなく

計算をする際に使う、脳の領域というのは

全ての学問・問題解決の際、非常に重要なものになります。

 

「どうしても勉強しない」ということに悩んでいるお母さんは

このブログを最初から読んでください>>最初から読む<<

 

最初は「もの」でつってもいいかもしれません。

 

あとで「修正案」を考えましょう。

 

とにかく「やる」ように「しむけ」ましょう。

 

単純なことで十分賢くなるんだよ!

 

以上は、あくまで基礎です。

 

今回は、多少「暴論」も含めました。

 

え?こんなこと?と思った方も多いと思います。

 

じゃあ、やりましょう。

 

まだまだ、方法はたくさんありますが

うまくまとまらなかったので、後日改めて。

 

これらを意識した生活習慣を遅らせることで

賢い人間への一歩を踏み出したことになります。

 

おさらいです。

 

  1. 食べて
  2. 本を読んで
  3. 勉強して
  4. 寝る

 

これだけです。

 

なんら、大したことのない生活ですね。

 

 

そして最後に、

「世の中勉強だけではない」こともお忘れなく。



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

親と子供の教育論

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」