効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



子供の学力を伸ばすために最も大切な「現実的な準備」とは

 

子供の学力を伸ばすためには、本人の努力だけではなく

お母さんを中心とした、家庭のバックアップが不可欠です。

 

幼ければ幼いほどに、重要になることであり

それは「学習習慣」をつけてあげること

また「それ以前」のことも、準備・用意しておく必要があります。

 

 

学ぶための一歩として、まずは「学習する環境」

整えてあげること・準備してあげることが必要なのです。

 

「学ぶ」ために必要な環境とは

 

この「学ぶための環境」について、特に日本で生まれ育った場合

なかなか真剣に考えたことがない方がほとんどだと思います。

 

環境とは、「紙」や「鉛筆」そして、「机」「電気」も含まれます。

 

これは屁理屈でもなんでもなく、

こういった「当たり前」のものを持っていない

当たり前に用意されていない、という人は世界にたくさんいます。

 

「だから感謝しましょう」というのではなく(感謝ももちろんですが)

せっかく用意できる環境にあるのだから「正しく」整えてあげましょう。

 

まずは、文房具の使い方・持ち方、あるべき場所とはから

「使い終わったらどうするのか」ということ

「学べることが幸せなこと」と知ることも「教養」の一部です。

 

学習を「生活習慣」の一部にする準備

 

毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きる、という

大人になってからは、なかなか難しくなる生活習慣も

「知識の効率的な吸収」という面に必要であり

本格的な学習を始める段階までに身に着けておきたいものです。

 

また1日3食のしっかりとした「食事」を用意してあげることも

効率的な学習習慣を送るために必要なことです。

 

「頭を回転させるためには食事が必要」である。

 

だが「食後すぐに頭は働かない」ことを学ぶことも大切です。

 

>>>子供の頭が良くなる食事・栄養素は存在するのか?

 

全ての環境の「質」を変えてしまう「お金」

 

以上で挙げた要素意外にも「環境」を構成する準備はありますが

それらを作るものは「お金」以外のなにものでもありません。

 

環境を作る、最も根本的な要素は「お金」です。

 

もちろん、食事を作るお母さんの努力や思いやりも大切ですが

「食材」「鍋」「ガス」といったものも、お金がなければ手に入りません。

 

こういったことに関しても

日本にいるとあまり危機感を感じないことですが

現実には、徐々に「深刻」な問題になってきています。

 

よく「格差」と言われているものですが

今後は、現在のような生易しいものでなくなるはずです。

 

お金持ちの子供は貧しい家庭の子供よりも頭がいい・有利なのか

といったトピックでも考えましたが、基本的には「お金」があるほうが

より質の高い環境で学ぶことができるため、当然有利です。

 

よく、偉人の「立身出世物語」等では

「裸電球」「段ボールの机」といったものが出てきて

そういった環境であっても、立派に育つ人というのはいます。

 

しかし、そういったエピソードは例外中の例外です。

 

誰でもできるのであれば、途上国は偉人だらけです。

 

それではどうするのか、と考えると

やはり「可能な限り準備する」しかありません。

 

 

「家庭の事情」はそれぞれ違うが

 

ご家庭1つ1つに、それぞれの事情が存在するため

「もっと働け!」「節約しろ!」「贅沢するな!」といった

単純な議論には、意味がありません。

 

もっと現実的に、

「できるだけ様々なことに対応できるように備えておく」

と考えた場合「学資保険」といったものも、非常に有効です。

 

>>>準備しておくべき「学資保険」についての大切なお話

 

すでに入っているというご家庭も多いとは思いますが

昨今では「学資保険の積立・掛け金も厳しい」という家庭もあるはずです。

 

でも、

 

しかし、

 

少し苦しいとしても、ぜひ入っておいて欲しいです。

 

「お金で諦める」ということは、させてほしくないと思います。

 

「貯蓄で何とかする」「その時に準備すればいい」という考えは

ほとんどの場合、うまくいきません。

 

そして保険や積立というのは、後から始めることができないものであり

例え少額であっても、早めに準備を始めて欲しいものになります。

 

「お金の準備」でしか作れない「現実的な環境」も存在します。





<PR>まずは無料の資料請求から



 

親と子供の教育論 問題提起

この記事に関連する記事一覧