効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

子供に夢・目標を持たせるために大切なこと・必要なこと

 


「希望に満ちた人生を送って欲しい」

 

子供が生まれた瞬間というのは、「自分の喜び」と共に

我が子に「生きる喜び」を感じながら生きて欲しいと、どんな親でも思うはずです。

 

そして子供というのは、いつまでも子供でいるわけではなく

いずれは「ひとり立ち」しなければならないものです。

 

その際には、可能な限り「自分の満足いくような日常」を送ること

それを「自分の力」で実現させることが、いわゆる「幸せ」になります。

 

 

言うならば、成人するまで、社会人になるまでの毎日というのは

その時がくるまでの準備であり、「楽しい思い出」を作ることも大切な一方で

しっかりと「夢」や「目標」を見つけ、それに向かって準備する必要があります。

 

喜びに満ちた生活を実現させることとこそ、いわゆる「希望」呼ばれるものであり

希望のない人生・毎日というのは、ある意味で非常に危険なものになります。

 

やはり人生は、楽しく過ごすべきです。

 

「イメージ」は「経験」から作られるもの

 

「子供に夢を持たせたい」というのは、あくまで親である自分の考えです。

 

持つのは子供なのです。

 

子供の夢を叶えるための、サポートをしてあげること

「親としてできること」を最大限に行うのが、親としての役割と言えますが

目標(目的)がなければ、努力のしようがないものです。

 

努力する方向、かっこよく言えば「ベクトル(力の向き)」を定めるために

まずは、何らかの目標を持たせることが大切です。

 

そして自分の将来を思い描く・イメージするためには、必ずそれまでの経験が必要になります。

 

何が「きっかけ」になるか分からないからこそ

 

で、どうすればいいの?

 

という話になりますが、子供がどのタイミングで夢を持つのか

何をすれば目標となるものが見つかるのかは、誰にも分りません。

 

5歳で「弁護士」になりたいという、明確な目標がある場合もあれば(例としては珍しですが)

15歳で「看護師」になりたいという、漠然としたイメージが生まれることもあります。

 

 

だからこそ、何が「ハマる」か分からないからこそ

幼い時期からできるだけ多くのことを、経験させてあげることが必要なのです。

 

そしてそれは勉強・学習も同じことであり、

典型的なもので言えば、その先に「学者(大学教授)」があります。

 

当サイトでは、学習法・知育に関するトピックを紹介してきましたが

そもそもそれらは目的ではなく「手段」であり、同時に経験の1つでもあります。

 

勉強をするということは、夢を「実現」させるために必要なものであり

夢となるものを「見つける」ための、きっかけとなるものでもあるのです。

 

「ない人間」がほとんどだから焦る必要はない

 

「将来何をしたいか」

 

ということを、幼い時期から明確に持っている子供というのは実際には稀です。

 

大学に入ってから見つける

 

見つからないまま卒業した

 

そういった人は、珍しいものではありません。

 

そしてそういった人というのは、給料がいい会社・人気のある会社に就職すること

結婚すること、家を買うことが人生の目標となります。

 

決して嫌味ではありません。

 

そういった生き方が、悪いものとは言えません。

 

結論としては、毎日楽しければオーライです。

 

それでいいなら、それでいいのです。

 

もっと偉大な人間になって欲しい!と、焦る必要はありません。

 

夢や目標と持つことは、ある意味で「運命」でもあります。

 

何と言っても、世の中の大半はサラリーマンなのです。

 

そしてサラリーマンの中で抜きん出る方法・手段が、勉強になります。

 

※参考記事>>なぜ勉強して欲しいのか?させたいのか?そもそも勉強する意味とは?

 

「何となく」で十分だよ

 

話が少し逸れてしまいました。

 

実際には、

 

「大きな夢を持たせたい」

 

から、

 

「わんぱくでいい、たくましく育って欲しい」

 

といったものまで、子供の生き方に対する感覚というのは

各家庭それぞれだと思われますが、子供に無理強いをするのはやめましょう。

 

「希望の芽」というのは、徐々に育つものです。

 

いつ、何がきかけで「○○になりたい」や「○○がしたい」といった

イメージが沸くのかは、それは1つの「個性」でもあります。

 

早く見つかるに越したことはありませんが、

必ずしも早ければいい、というものでもありません。

 

「目標のある楽しい人生」を見せてあげる

 

親としてできることをまとめると・・・

 

  • 何でもいいから、とにかく多くのことを経験をさせること
  • 子供に夢・目標ができた際に、全力でサポートすること

 

以上の2つしかありません。

 

加えて、「自分達(親)が楽しそうに生きている姿」を見せることです。

 

親を見て、「こうはなりたくない」という反骨心で努力をするケースもあります。

 

しかしながら、やはり「こうなりたいから頑張ろう!」が健康的です。

 

「やる気」がある子はやはり目標を見つけやすい

 

綺麗な景色を見せてあげる

 

いろいろな本を読ませる

 

親が与えることのできる経験は、無限に存在します。

 

しかしながら、上記したように子供が持つ「受け入れる器」も大切になります。

 

そして何事にも夢中になれる、やる気を持ちやすい子は希望を見つけやすいのです。

 

※参考記事>>主体性がない・無気力な子供の改善策とは

 

ぜひ、一緒に見つけてあげてください。



<PR>どんなお子様にも合わせやすいおススメの教材



 

親と子供の教育論

この記事に関連する記事一覧