効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

友達100人できるかな?~希望に満ちたスタートは「教育費」との闘いの始まりでもある!その賢い貯め方とは?~

 

キャッチーな、タイトルですね。

 

いよいよ、今年から入園・入学というご家庭は

今日くらいから、続々と「入園(学)式」に参加されるはずです。

 

町中でスーツ姿のお父さんお母さん、そして少し緊張しているような

なんとも言えない表情をしている、小さなお子さんを目にしました。

 

またお母さんと離れない子や、はしゃいでいる子を見ていても

やはり3,4歳の時点で、すでに差が出ているなー、と毎年思います。

 

「できるようになる子」は、見ればすぐにわかりますね。

 

 

このサイトを立ち上げたのも、ちょうど1年ほど前であり

読んでくださっていた、お母さんのお役に立てたのだろうか・・・

今年は、去年よりも文章がうまくなるだろうか・・・等と

いくつになっても、人の・自分の評価は気になるものだなーと思います。

 

人と人の間で「人間」らしいです。

 

当ブログでは、主に「幼児教育」に関するトピックを

毎度毎度、非常に乱雑に紹介してきました。

 

基礎的な指導論や、学ぶことに対する考え方について

独断と偏見にまみれた内容を発信してきましたが

やはり変わらないのは「勉強はできたほうが絶対いい」という当たり前のこと

それによるメリットは、はかりしれない・無限であることです。

 

「友達」とは「自分の質」そのもの

 

「友達がたくさんできる」ということもまた

賢いことによる、大きなメリットの1つです。

 

クラスの人気ものは、足が速い子か頭がいい子

もしくは、その両方を兼ねそろえている人間です。 たまにいますよねー

 

とにかく、「特技」は「自信」につながり

自他ともに認めらる人には、人が集まりやすいものです。

 

たとえ勉強ができなくても、何も特技がなくても、友達を作ることはできます。

 

しかしながら、「類は友を呼ぶ」こともまた事実です。

 

幼ければ幼いほどに「賢さ」と「品行方正」の相関関係は強いものになります。

 

特に、「近い」という理由で通う幼稚園や

公立小中学校は、様々な家庭が入り乱れることになります。

 

とにかく「いい友達」を「たくさん」作ることが大切であり

いい友達と楽しむ、楽しむから人が集まる

そして、できるだけ長い関係を作れることが理想ですね。

 

「大人になってからも、たまに思い出す」

そんな友人がたくさんできるのは

最終的に、何よりも大きな喜びであるはずです。

 

「学力」も「性格」もすでに個性が出まくっている

 

しかし、そもそも「育ってきた環境」の影響が

「幼いほどに強く出る」ことは、当たり前のことです。

 

5歳前後の子供にとって、「育ち」は「環境」そのものです。

 

だから、幼児教育はとても大切なのです。

 

冒頭で「見ればわかる」と述べましたが、幼いほどに分かりやすいのです。

 

そしてお父さん・お母さんの戦いもの始まる

 

そして、大人には大人の「成すべきこと」があります。

 

入園・入学というのは、スタートであると同時に

1つの「区切り」であり、感慨深さも沸いてくると思われます。

 

でも、ゴールではありません。

 

努力・勉強の「目的」が異なるだけで、大人も頑張る必要があります。

 

当ブログではアクセスの解析を行っていましたが、訪れる方の特徴として

「特定の記事を読んだ後に、最初からすべて(ほとんど)読む」方が非常に多いです。

 

嬉しい限りであり、ネットで情報を得ようという方というのは

やはり教育熱心、大切さについて理解されているんだなと思います。

 

ちなみに、私は「作文」が大の苦手でした。

 

このブログをはじめから読む

 

「勉強しなさい!」と言わなくて済むことが理想ですが

やはり人に言うのであれば、自分も努力し続けなくてはなります。

 

ネットでの情報収集に関しても、立派な努力の1つです。

 

無料でできることは、どんどん利用するべきです。

 

しかしながら、教育にはお金が不可欠です。

 

新たな始まりには、そんな現実的なお話も少々・・・

 

お金は本当に大切な要素

 

「苦労」と聞いて、どの程度のことを予想するのかは

人それぞれ、非常に幅があるものであり

それは、自分自身の「経験」も大きく影響しています。

 

そして、勉強すること自体の難しさである

「学ぶハードル」は、年々着実に・確実に高くなっています。

 

今のお父さん・お母さんが育った自体とは、状況が大きく変わっており

「学ばせるためてのお金の工面」が、非常に大変になっている時代です。

 

「自分たちのお父さん・お母さん」と同じ感覚・生活では、正直キツイです。

 

子供の学力を伸ばすために最も大切な「現実的な準備」とは

 

でも解説していますが、非常に厳しい時代です。

 

すでに「稼げない」ことによって「貯まらない」時代になっています。

 

賃金の劇的な上昇を期待するのは、現実的ではありません。

 

より慎重な・入念な計画を立てる必要があります。

 

「お金がなかったから、夢がかなえられなかった」

 

けっこうキツイです。

 

「お金のせいにするな!」というのは簡単です。

 

でも、最も大きな影響を与えてしまうことは事実です。

 

何しろ、このブログをご覧の方にとっては

「教育費との闘い」は、まだ始まったばかりなのです・・・

 

「希望」とは、「現実」に勝った後にかたちになるようです。

 

 

>>>「学資保険」は必ず入っておきましょう



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

親と子供の教育論

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」