効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

勉強が「出来た」お母さんのジレンマと「出来なかった」コンプレックスによる「スパルタ教育」

 

このサイトをご覧になっている方は、その多くが「お母さん」だと思います。

 

「教育パパ」よりも「教育ママ」という言葉に馴染みがあるように

子供の教育に熱心なのは、お父さんよりもお母さんである傾向があります。

 

その理由としては、いいこと・悪いこと様々なものが挙げられますが

時に「スパルタ教育」と呼ばれてしまうことを、してしまうこともあるはずです。

 

そして「スパルタ教育」は、よい結果を生まない傾向があります。

 

 

特に、幼い頃から勉強が出来たお母さん

出来なかったことを「気にしている」お母さんは「要注意」であり

「間違った考え方・アプローチ」をしてしまいがちです。

 

子育てに「正解」はないのですが・・・

 

たまには、自分とも向き合ってみましょう。

 

今回は、ちょっと重い話です。

 

どうして勉強して欲しいのか?

 

私自身の経験になりますが、今まで様々な親子・母子を見てきて

後々、何らかのトラブル(学習・親子関係含め)が発生するケースというのは

お母さんに「気合が入り過ぎている」ことが多いです。

 

「親子代々東大」の家庭、弁護士(医者)一家といった

家庭の子供は、まれに「ぐれる」ようなともありますが

お金もかけられ、そもそもの学習環境は整っているため

最終的に「何とか」なってしまうことも多いです。(よかれ悪かれ)

 

そもそも、そういった家庭は特殊です。

 

「普通の家庭」のお母さんが、最も危ういです。

 

そしてその「気合が入った」お母さんの中でも

2つのパターンに分けることが出来ます。

 

「高い基準」と「コンプレックス」

 

その2つのパターンというのは

  • 勉強が出来たお母さん
  • 勉強が出来なかったお母さん

 

はっきりと、この2つに分けることが出来ます。

 

「出来た」お母さんの持つ、感覚というのは単純です。

 

  • 自分が出来たのに、子供が出来ない苛立ち
  • 出来ることが「当たり前」と思っているため「出来ないことが分からない」
  • 「出来ない人間」を見下しているケースも多い

 

幼い頃から「秀才」だったケースが多いです。

 

しかし、こういったお母さんへの対応策は「意外と単純」であり

 

「最初からうまく出来るわけない」ということと

 

「自分の子が、自分と同じように出来るとは限らない」こと

 

そして「親は、子を、勉強だけで判断するの?」

ということを、考えてもらうこと。

 

「自分の学力」と「自分の子の学力」を切り離して

気楽に構えてもらうことが、解決の道になります。

 

「時間」によって「受け入れる」ことが出来るようになります。

 

しかし「コンプレックス」がベースにある

スパルタ教育は、ちょっと「やっかい」です。

 

「出来なかった」お母さんの複雑な胸中

 

過剰に「スパルタ気味」のお母さんというのは

実は「自分は出来なかった」お母さんが多いことが現実です。

 

自分が出来なくて悔しかった・苦労をしたため

子供には、そういった気持ちを味わって欲しくない。

 

ということを話すお母さんが、非常に多いです。

 

しかし、それは「愛」であり「エゴ」でもあります。

 

半分は、自分の「野心」等を「託している」はずです。

 

そういったお母さんには

「最初からうまく出来るわけない」「世の中勉強だけではない」

といったことが、伝わらない傾向があります。

 

「感情」で動いてしまっている状態です。

 

「夢」を託していませんか?

 

また「コンプレックス」という面では「元々頭が良かった」

にもかかわらず、社会に出て活躍出来なかったケースも多いです。

 

「男女平等」とは言っても、女性が不利な社会であることは現実であり

「キャリア」を捨てて、出産・育児を選んだという女性もいるはずです。

 

そういった人は「仕事を捨ててまで産んだ」という思いから

「元を取りたい」という、マイナスな感情に動いてしまうことも多いです。

 

「子供」と「自分」は違う人間

 

まず前提として「自分が産んだ」ということから

父親よりも、子供への愛着が強く

またお父さんよりも、教育熱心なのは当然だと思います。

 

そして、それだけに「一体感」を持ってしまいがちです。

 

これは、科学的にも「子供(赤ちゃん)」と「お母さん」が

同じ人間だと「錯覚」してしまうことが確認されています。

 

泣いていたり、苦しんでいたりすると

「<かわいそう>以上の何か」を感じることが多いのではないでしょうか?

 

その1つの結果・症状、子供が社会から否定されることは

「自分が否定された」ことと同じように考えてしまいがちです。

 

「自分の育て方が悪かった」というものではなく

もっと深い部分で、感じるものがあるはずです。

 

「親離れ」よりも「子離れ」の方が、実は大変だったりします。

 

でも勉強するべきなんでしょ?

 

そうなんですよね・・・

 

結局「スパルタ教育」の最も大きなデメリットは

勉強が嫌いになってしまうことです。

 

これは致命的です。

 

好奇心を「奪う」ことは最もやってはいけないことです。

 

まずは「学ぶこと」を、好きになることが必須であり

好奇心を与えてあげることが、お母さんの役割のはずです。

 

出来れば「最初はきっかけだけ」ということが理想です。

 

何が好きなのか?何が得意なのか?を見つけてあげましょう。

 

そして、無理やり好奇心を見つけるのも「なし」です。

 

「見つけた」ことを「見つけて」あげましょう。

 

「目標」は託すのではなく、一緒に進んでいくものです。

 

 

「やらせる」のではなく「与える」感覚で使いましょう。

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

親と子供の教育論 問題提起

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」