効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



なぜ勉強して欲しいのか?させたいのか?そもそも勉強する意味とは?

 

「勉強する意味」とは「幸せの意味」と同じように

人によって捕え方が違うものになります。

 

少しロマンチックな表現になってしまいましたが

「何のために勉強するべきなのか」ということは、子供には理解し難く

また「なんで勉強しなくちゃいけないの?」と聞かれた際にも

何と答えればいいのか、迷ってしまうお母さんがほとんどだと思います。

 

 

「いいから黙ってしなさい!」という答えは、話にならない「最悪」な例です。

 

子供の特徴として「意味もなく」行動をしますが

「意味を探してしまった場合」には

意味のないことは、しなくなる傾向があります。

 

しかし、子供を説得するための「理由付け」は様々なものが考えられ

「ベストな答え」というものに関しても、もちろん個人差があります。

 

子供が疑問を持たないように・理解出来る範囲で

 

現実的に考えると

 

「頭がいいことは、あらゆる面で有利になるから」

 

ということを、このブログでも繰り返していますし

「テスト」等の要素は関係なく、頭が良くて損をすることはありません。

 

そして、後述する「非常に現実的な理由」もあります。

 

しかし、あまり「打算的」な行動をしない子供にとっては

「有利って何?」という新たな疑問が浮かんでしまいます。

 

かといって「勉強しないと負け組になっちゃうから」というのは

「敗者」を認めないという「脅迫」にもなってしまいます。

 

こういうことを言われて育った子供は、弱者を理解することが出来ず

また「失敗」してしまった際に、自分の存在意義を認められなくなってしまいます。

 

あくまで「段階」「質問の質」に合わせて

 

もし「なぜ勉強するのか」を

「幼い子供」が「何となく」聞いてきた時には

 

「勉強すると<なりたい大人>になれる」

 

という説明が最も「漠然」としており

「スケール」が大きく、効果的です。

 

「やりたいことをやれる大人」になるためには

「勉強(努力)することが必要であることを知る」ことも大切です。

 

もう少し大きくなって

「確かな疑問」として聞いてきた際には

 

勉強(努力)すると

 

「いいことが起きる<可能性>が高くなる」こと

 

「努力だけではどうにもならないこともある」

 

けれども、

 

「うまくいく可能性・うまくいかない可能性」

 

どちらに傾くかは「努力次第」であることを伝えましょう。

 

「勉強する」ことの現実的な意味

 

ここで一度「子供目線」ではなく「お母さん(大人)目線」でも

 

勉強する意味

 

そして、

 

なぜ子供に勉強「させたい」のか

 

冷静に考えてみましょう。

 

そして、その答えには「気づいた時にはもう遅い」という特徴があり

それは「お父さん」「お母さん」が身を持って感じてきたことでもあるはずです。

 

とっても現実的な話

 

世の中の、たいていの人間は「サラリーマン」です。

 

幼い頃は「スポーツ選手」といった「大それた夢」から

「歌手」「医者」「弁護士」「デザイナー」「大工さん」といった

様々な「夢」を持っていたはずですが「叶えられた」という人はごく一部です。

 

ほとんどが、何らかの「企業」で働く「サラリーマン」になります。

 

本当は、夢を叶えられるのがベストですが

「サラリーマン」になることが、悪いことではありません。

 

また、あと一歩のところで「夢破れた」人間も

ほとんどが、最終的には「雇われ人」を目指します。

 

しかし、現在は「サラリーマンにすら」なれない人も多いのです。

 

というよりも、これから益々「困難」になります。

 

「公務員」に関しても「バブル期」は馬鹿にされる対象でしたが

現在では、非常に競争率が高い職業になります。

 

「公務員批判」は「嫉妬」も入り混じっているはずです。

 

そして、

 

サラリーマン・公務員になるために

最も必要な能力は「学力」になります。

 

「面接」での「アピール」も確かに重要であり

様々な「セミナー」や「必勝法」のようなものもありますが

最も大切な要素は、やはり「脳みその質」です。

 

そして、企業は「学力=学歴」で考えます。

 

まるで「学歴差別は無くなった」かのような風潮がありますが

就職する際の「学歴差別」は永遠になくなりません。

 

「しっかりした会社」であればあるほど、なくなりません。

 

なぜなら「学歴以外」で判断出来ないためです。

 

「出身大学」で「足切り」を行う会社がほとんどです。

 

「中身を見てくれ」という人も多いようですが

「高校生まで努力してこなかった人間」の中身なんか見ません。

 

これからは「学歴主義」ではなく「実力主義だ」という人もいますが

「実力」のほとんどは「学歴」に比例します。

 

そして、これは「就職」して終わりではなく

入社してからも大きく影響し、つまり一生を左右します。

 

こうしたことを「社会に出てから知った」という

お母さん・お父さんが多く「子供に勉強して欲しい」

本当の理由は「社会で勝ち残って欲しいから」ではないでしょうか?

 

自分が勉強していたからうまくった

 

自分は勉強していればうまくいったのに・・・

 

「子供も(子供には)少しでもいい<人生>を送って欲しい」

 

そして「仕事」というのは、人生の最も大きな要素に違いありません。

 

「地頭」が良ければ「やり直し」もきくよ!

 

夢をなかなか諦めることが出来ず

 

周りが就職していくなか

 

結婚・出産していくなか

 

それでも目指し続け

 

結果的に「やっぱり駄目だった」という人もいます。

 

それも人生です。

 

しかし、そういった場合でも「地頭」が良ければ

スタートが遅れても、挽回することが出来ます。

 

スポーツの「プロテスト」を受け続けて

30歳」といった条件を超えてしまい、諦めざるをえなかった人でも

その後「会計士」といった、難易度の高い資格を取ったり

「スーパー営業マン」として、頭角を現す人も珍しくありません。

 

そして「地頭」を作れるのは「幼児期」しかないのです。

 

今回は、少し先のことを考えすぎましたが

「幼児教育は人生を左右する」ということだけ

意識していただければと思います。

 

 

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ





<PR>まずは無料の資料請求から



 

親と子供の教育論 問題提起

この記事に関連する記事一覧