効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

「一人っ子」の育て方~わがまま?甘えん坊?注意すべき「ひとりっこの育児あるある」とは~

 


「兄弟は多いほどいい」と考える人もいる一方で、

 

「1人1人見てあげられない」

 

「そもそもそんな余裕(時間・家計)はない」

 

といった事情から、「子供は1人」と最初から考えるカップルは珍しくありません。

 

兄弟・姉妹が何人いることが一般的・いいことである

 

といった時代では、もはやありません。

 

 

時代によって、価値観・傾向というのは移り変わるものであり、

現代は確実な少子化の下、「ひとりっこ」が増えている時代です。

 

子育てに関わる話題の中では、複数の子供のいる家庭と

子供が1人の家庭における、様々な違いが度々議論になります。

 

主に育て方の違い、そして結果の違いになりますが

基本的には、メリット・デメリットの両方があると言えます。

 

しかしながら、現代(2010年台)の母(父)親世代というのは

  • 兄弟が多かった世代
  • ひとりっこが多くなってきた世代

 

この2つの特徴的な世代が、混じり合った世代でもあり

その両方の世代が、同じ年齢の子供を育てていることも多いのです。

 

そういった中では、より多様な意見が見られるものであり

それに伴って、心配ごとも増えてくるものと言えます。

 

「一人っ子に顕著な特徴」があることは確か

 

「〇〇だから〇〇」といったことは、必ずしも言えない

 

という一方で、確かに「一理ある」といったものがあることも事実です。

 

一人っ子に関する話題の中で、必ずと言っていいほどに現れる

「わがままになる傾向がある」ということに関しても

「その要素が全くない」とは言い切れないことになります。

 

「わがまま」というのは、印象の悪いワードと言えますが

  • 自己中心的
  • マイペース

 

といった言葉にも、言い換えることができるものです。

 

「自己肯定感」が強いことは、いい面と悪い面の両方生むことになりますが

こういった傾向が現れてしまうのは、仕方がない・当たり前のことでもあります。

 

家族の中の「自分以外の特別な存在」との出会いの有無

 

弟・妹が生まれることによって、一気におにいちゃん・おねえちゃんになる

 

という現象があります。

 

それはママ(パパ)が、「自分以外」に注目することになること

 

そして、自分自身が、自分以外の人のこと・気持ちを考えて行動するようになること

 

「自分以外の特別な存在を、受けれいることができるようになる:という成長の1つです。

 

「自分以外の人間がいる」ということ

 

それを受け入れたうえで、自分以外の人間の事情を考えること

 

一般的に、「相手を思いやる」ということができるのは「2歳くらい」と考えられます。

 

それまでは、「自分だけのことを考えればいい」環境にあり

自分以外の存在がいない、という認識があるとも言えます。

 

この時期というのは、「公園デビュー」を経て子供達だけで遊び始めたり

また幼稚園・保育園に通うことで、自然と「自分ひとりで地球は回っていない」と知るのです。

 

考え方によっては、たとえ一人っ子であっても

いずれは、自分以外の人間のことを考えるようになるものなのです。

 

早いか・遅いかの違いに、過ぎないとも言えます。

 

しかしながら、やはり圧倒的に家庭内で過ごす時間は多く

  • 自分以外に親を必要としている存在がいる
  • 親が自分以外をお世話する

 

「自分だけの思い通りにはならない」

 

ということを、学ぶ機会は兄弟がいた方が多いことは確かです。

 

長所と短所は表裏一体ものでもある

 

もちろん、一人っ子というのはデメリットだけではありません。

 

複数よりも、1人の方が「愛情」を集中させやすいことは確かであり

幼い時期に最も大切な、コミュニケーションも充実します。

 

何より、「お金」といった現実的な要素に関しても

悩むことが少ない、「1人に全てかけられる」メリットがあり

これこそが、少子化の本質であると考えられます。

 

また、「嫉妬」といった感情も起きにくいと言えます。

 

そして、ひとりっこを育てるうえで起こりがちな問題は

デメリットよりも、「メリットを抑えてしまう」ことが目立ちます。

 

無駄に厳しくする必要はない

 

「ひとりっこは、わがままになりがち」という意見は

「ひとりっこだから、厳しくしなければ」という傾向を生みます。

 

これは非常にもったいない、と言えることであり

そもそも厳しくすることにには、兄弟の有無は関係なく

むしろ「矛盾」しているため、逆効果と言えます。

 

それは「自分以外にいる」という、「必然性」がないためです。

 

そのため「ひとりっこなり」に、というよりも

できる限りの愛情を注ぐだけを考えるべきと言えます。

 

無理に・無題に厳しくする必要はないのです。

 

そしてひとりっこを育てる際に、最も見られる現象が

「過干渉」と呼ばれる、過剰に口・手を出してしまうことです。

 

かわいい、という気持ちが大きすぎるためと考えられますが

これではは「自分の力でやり遂げる」という力を

身に付けるまでに、時間がかかってしまうのは明白です。

 

「ひとりっこは、あまったれ」と言われてしまう理由です。

 

また過干渉というのは、自立心が養われないだけでなく

「依存性」といったものが、いびつなものとなった結果

情緒の形成にも、悪影響を与えてしまう可能性があります。

 

「友達」を増やすことがより大切なことになる

 

非常にありきたりなまとめとなりますが・・・

 

兄弟がいない分、友達との時間を大切にしてあげること

大切できるように、育ててあげることが必要です。

 

親とのコミュニケーションというのは、ひとりっこの方が増えるものです。

 

しかしながら、「自分を100%肯定してくれる存在(親)」ではなく

「自分以外の自分と同じ条件の人間」との触れ合いによって、

本物の・実用的なコミュニケーション能力は育っていくものです。

 

大切なことは、

 

「ひとりっこだから、こう育てるべき」

 

といった、固定概念を親自身が持たないよにすることと言えます。

 

そもそも、ネガティブに考える必要のないことなのです。

 

 

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ


<PR>最先端の先取り教育を取り入れよう!



<PR>どんなお子様にも合わせやすい定番の通信教育教材



 

親と子供の教育論 考える

この記事に関連する記事一覧