効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

「しつけ」とは何か~やっていいこと・悪いこと・最も注意すべきこと~

 

このブログでは、取り上げたくなかった話題ですが

 

「無事」に結末を迎えたこと

 

改めて人生を左右するものであると認識したこと

 

そういったことから、むしろ取り上げなければならないと考え

今回は「躾(しつけ)」について、触れたいと思います。

 

 

やはり、子育てを考えるうえで避けることが出来ない話題であり

今回の事件は、様々な意味で「センセーショナル」になってしまったため

このタイミングで「記録」としても残しておくことにします。

 

まずは何より、無事に発見されたことでホッとしました

 

と同時に「状況」によっては「起こりうる家庭」

たくさんあるのでは?とも思ってしまう内容でもありました。

 

「しつけ」「行き過ぎたしつけ」「虐待」誰が判断する?

 

今回の出来事は、いわゆる「置き去り事件」とされていますが

ご家族の方は「しつけの一環だった」という趣旨の説明をしていること

更に、7歳の子供が約1週間も孤独に耐えられたことから

 

「過激過ぎる対処」が「常態化」していたのでは、と考えざるを得ません。

 

1週間という期間の間

 

「誰にも会わず」「誰ともしゃべらず」「何も食べず」

そもそも「どこにいるか分からない」という状況では

たとえ、大人であっても「発狂」する可能性があります。

 

「サバイバル能力」と呼ばれ、驚かれている面もありますが

発見された時点でも、泣き出さず・冷静だったということからも

かなり「異常」であり「慣れ」があったことを感じてしまいます。

 

しかし、当事者にしか分からないこともたくさんあり

無責任なことを言ってはいけないことも確かです。

 

今回、山・森の中で置き去りにしたことに関して

  • 単なるしつけにおける「事故」だったのか
  • 流石に行き過ぎたが「しつけの一環」だったのか
  • 虐待と言っていいものなのか

 

これらは

  • 当事者(家庭)の感覚
  • ニュースを見て受け取った側の感覚
  • 「一般的」「常識的」といわれる感覚

 

それぞれで、感じ方には違いが出るはずです。

 

しかし、間違いなく言えることとしては

  • 「しつけ」と言うには「時代錯誤」な内容であったこと
  • 「森の中で迷子になるかもしれない」という「想像力」がなかったこと
  • どう考えても「やりすぎ感」は否定出来ないこと

 

更に、

 

親の「性格」「感情」が全面に出た行動だった

 

と疑わざるを得ないと感じます。

 

そしてこの「感情」は、子供を叱る際に

絶対に見せてはいけないものになります。

 

「躾の内容」に反映してはいけない「罰」と「感情」

 

「しつけ」に関しては、これほど「正解」がないものものもありません。

 

更に、様々なメディア・教育機関でも語り尽くされているものであり

それでも「万能」な躾法は確率しておらず

「各家庭で」「お子様にあった」しつけ内容を施していくかありません。

 

それにしても「正解か分からない」うえで進めていくことになります。

 

当然、間違いもあると思います。

 

しかし「愛情」があればいいのでは?とも考えられます。

 

 

あってはならないこととしては「感情」で怒ること

そして「しつけ」ではなく「罰(ペナルティー)」を課すことです。

 

 

今回の「置き去り」に関しては

この「感情」と「罰」を反映した、最悪の対応の典型的な例になります。

 

「感情による叱責」の悪影響

 

誰しも感情はあり「機嫌がいい時・悪い時」が存在します。

 

そして、期限が悪い時に子供が言うことを聞かなかったり

駄々をこねたりすることで「いつもより強い対応」をしてしまうこともあると思います。

 

しかし、子供は非常に敏感であり

 

「この人は機嫌が悪いからいつもより怒ってるんだな」

 

ということは、ばれてしまいます。

 

そこから「機嫌が悪い人を怒らせてはいけない」

ということを学ぶ機会であることは確かです。

 

一方で、

 

「人の機嫌を異常に気にする」ような「萎縮」する癖がついてしまうこともあり

「異常に人の目を気にする人間」というのは「神経症」になりやすい傾向があります。

 

「軽いトラウマ」とも考えられ

生涯にわたり「他人の評価」に縛られることになります。

 

もしくは「つきあってらんねえ」と

半ば自暴自棄な性格の傾向が見られることもあります。

 

今回の事件のお子さんは、後者の雰囲気を感じます。(あくまで想像です。)

 

「置き去りにされた」ことに対して、非常に「ドライ」な感覚だったように思えます。

 

ある意味「達観」です。

 

「罰」でコントロールする弊害

 

また、しつけに「罰」を導入することもやってはいけない典型的なものです。

 

幼い時期に「罰」によってコントロールされていた子というのは

 

  • 失敗を恐れて挑戦しない
  • 失敗して怒られるよりは「現状維持」
  • やはり「一目」を異常に気にする

 

というような傾向が見られます。

 

そして、最もやかいな影響が「怒られたくなくて嘘をつく」

ということが見られる子が非常に多いということです。

 

  • 失敗を隠ぺいする
  • (宿題等やっていなくても)やったと言い張る
  • もしくは、そんなものはないと嘘をつく

 

嘘をつくことに慣れてしまうと、罪悪感というものは無くなります。

 

当然、そういった人間には「誠実さ・正直さ」というものは皆無です。

 

 

↓↓もしかして「落ち着き」がないかな?と思ったら

 

「一時の感情」で誰もが「やってしまう」可能性も

 

確かに、今回の当事者家族が「愚かすぎる」側面が強いです。

 

しかし、家族の対応等が非難される一方で

行方不明だったお子さんが「利かん坊(聞かん坊)」だったことも

当初から言われていたことであり

 

  • 子供の性格
  • 育児環境(物理的な土地柄等)

 

これらの組み合わせによっては

「どの家庭でも起こりうる」とも考えられないでしょうか?

 

駄々をこねる子に対し

「ずっとそこにいなさい!」と自分だけ歩き始めてしまったこと

また、おいて行かれた記憶のあるお母さんもいるはずです。

 

もし、そこが森だったら同じことをしたでしょうか?

 

もしも「不機嫌」だったら・・・

 

決して「人ごと」ではありません。

 

「やってはいけないこと」を教えるだけでいいはず

 

「しつけ」とは

  • 人が傷つくことをする
  • 公共の場で騒ぐ
  • 「くちゃくちゃ」音をたてて食べる

 

こういった「やってはいけないこと」「教える」だけでいいはずです。

 

教えてもダメな場合に、親として・人間としての真価が問われます。

 

  • 出来なかったら、すぐに殴る
  • 2回までは許す

 

どう対応するかで、子供の将来は変わってくるでしょう。

 

更に「勉強」「テスト」といった要素が加わることによって

更に複雑になることは間違いありません。

 

そして「子供の方向性」と、それによる「しつけの方向性」が決まってしまうのも

「5歳まで」であり「ひらがな」「読み書き」と同時に

「心の教育」をしていくことも、非常に重要なことになります。



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

親と子供の教育論 問題提起

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」