効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



計算が苦手・簡単な問題がどうしてもできない子供にはどうやって教えればいいの?

 

「うちの子、ちょっとまずいかも・・・?」と思ってしまうきっかけとして

「簡単な計算問題が解けない」というものがあります。

 

特に、「一桁の足し算」レベルすら

いつまでたっても、できるようにならない状態では

心配になってしまうのは、当然のことです。

 

しかしながら、「計算」というだけで

「才能」「センス」と考えがち・せいにしがちです。

 

小中学校レベルの数学に、センスは必要ありません。

 

コツをつかめば、本来は誰にでもできるものなのです。

 

 

この「どの程度の問題が解ける・解けない」ということは

「年齢」と言う要素も大きく、当然のことながら

年齢を伴って、解ける計算の難易度も上がっていかなければなりません。

 

しかしながら、「足踏み」してしまうことは珍しいことではなく

かといって油断していることで、後々やっかいなことにもなる問題です。

 

冷静に、対処していきましょう。

 

「できなければならない」けど「焦らない」

 

実際には、小学校低学年の時期に

「一桁同士の足し算ができない」ことは非常に稀です。

 

まず「<必ず、すぐに>できるようになる」と考えましょう。

 

早ければ、4歳までにマスターできる内容であり

遅くとも、小学校入学までには必ずできている必要があります。

 

というより、小学校入学時点では「二桁プラス一桁」の足し算は

最低限のレベルとして、できていることが望ましいです。

 

実際に、焦っているお母さんというのは

  • 小学校入学前に、一桁の足し算が解けない
  • 小学校入学後に、二桁の足し算・引き算以上(掛け算)でつまずいてしまった

 

ということ等で、不安を持っているはずです。

 

また、このブログを読んでくださる「ハイレベルなお母さん」

年齢に比べて、もう少しできるようになってほしいと思っており

なかなか先に進むことができない、という状態かもしれません。

 

かといって、

 

どうやって教えればいいのか分からない、から悩んでいるはずです。

 

言葉で教えるは難しいから「考えさせる」

 

計算の概念を「ことば」で伝えることは非常に難しいものです。

 

だからこそ、お母さんも

「この感覚、どうやって伝えればいいんだろう?」と悩むはずであり

子供(まだ計算ができない子)に伝える際には、誰もがぶち当たる問題です。

 

「初歩的な計算」の教え方については

まずは、下記の記事を参考にしてみてください。

 

足し算・引き算の教え方~最初の一歩をなるべく早く~

 

上記記事の中でも解説していますが、初期の「指を使った計算方法」から

できるだけ早く「頭の中で考える」段階へと、シフトしていくことが大切です。

 

数えていたら、いつまでたっても「抽象的な問題解決」ができません。

 

とにかく、「頭で考える」癖を付けさせなければなりません。

 

論理的な思考を「反射的」にできるようにする

 

小中学校の算数・数学というのは、理系ではなく「文系」です。

 

数学的なセンスは必要ではなく、読解力・論理的な思考が重要であり

この時期にこそ、「みっちりと鍛えておく」必要があります。

 

そして「計算でつまずく」ことに関しても

結局は、「論理的な思考」ができていないことによるものです。

 

しかし幼いであれば、いくらでも鍛えることができる能力であり

そのために必要なことは「考える」ことだけです。

 

そのための方法・考え方を伝えることが難しいわけですが

「計算させる」というのは、最も効果的な手段でもあるのです。

 

 

実は「目的」が「手段」なのです。

 

 

計算とは「最高の頭の体操」であり

「読書」に並ぶ、基礎的なトレーニングの1つです。

 

お母さん方が、

普段メールを見るのも、レストランでメニューを見るのも

読書の際に使う「文字を読む」という能力と同じです。

 

「5」+「3」=「8」に関して考える際に

5本の指(木・鉛筆・にんじん)に、3本加わると8本になる

 

そんな風に、常に考える大人はいないはずです。

 

「自然にできるように」なることが重要であり

「簡単な問題が解けない」と悩むのではなく

何度も、何問も繰り返し与えることが、この悩みの唯一の解決策になります。

 

↓↓最初はできるだけ優しい教材がおススメ!!

できるまでやる(場合によってはやらせる)だけ

 

長々と書いてきましたが、

 

つまり、

 

「解けない(できない)」のであれば

「解ける(できる)」ようになるまでやること(トライ)が必要であり

「できるまでやる」ことが、唯一の方法なのです。

 

身も蓋もない!そんな当たり前のことかよ!と

思う方もいるかもしれませんが、これしかありません。

 

子供は、自分とは違うのです。

 

「考え方」は、教える方も教わる方も難しいことです。

 

<幼いからこそ>自分でやってもらうしかありません。

 

できることは、サポートだけなのです。

 

やはり「反復」することが重要

 

あとは、やってやって、解いて解いて、解きまくることです。

 

またその際、一定期間は毎日同じレベルの問題を解かせる必要があります。

 

一時的にできるようになったとしても

間を開けると忘れてしまうものです。

 

学力・記憶とは、3歩進んで2歩下がるものであり

2歩「下げる」ことで、より定着するのです。

 

そのためには、様々なパターンをひたすら解くことが大切です。

 

経済的に無理のない範囲で

2つのコンセプトが異なる問題集を取り入れてみましょう。

 

>>>反復練習に使いたいおススメの教材の解説ページ

 

「1つのパターンでしか解けない」状態に、ならないことも大切です。

 

「一桁プラス二桁」を「一桁プラスに二桁」といった

ちょっとした「変化球」も、非常に有効なものです。

 

まとめ:「分かるようになるまでやる」だけ

 

「理解できないから解けない」わけであり

「解けた」ということは、できるようになったということです。

 

一度、「公式(規則性)」を理解することができれば

あとは数字を変えるだけの作業であり、センス等必要のないものです。

 

「蛇口のひねり方」を知っていれば、蛇口の形は何でもいいのです。

 

 

そして、ここであえて

「更に不安になる記事」も読んでおいて欲しいと思います。

 

「数字」の教え方と「基礎能力」にまつわる残酷な真実





<PR>まずは無料の資料請求から



 

学習法・学習教材 考える

この記事に関連する記事一覧