効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



知能は遺伝するのか~頭のよさは生まれつき?それとも環境?~

 

タイトルを読んで「ドキッ」としたお母さんは多いのではないでしょうか?

 

また、

 

「遺伝したらやだなー」と思ったお母さん

 

「遺伝するなら安心!」と思ったお母さん

 

口には出さなくても、人それぞれだと思います。

 

 

度々話題に登るこの問題ですが、結論から申し上げると

 

遺伝する場合と、しない場合がある

 

という「身も蓋もない」結論になりますが

 

これには理由があり

 

「頭がいい人間の子は、やはり頭がいい」

 

というデータは、様々な統計・角度から結論付けることが出来る一方で

 

「頭が悪い人間の子は、やはり頭が悪い」

 

というデータは、あまりない(とりづらい)傾向があるためです。

 

ちなみに、この話題の「頭がいい・悪い」とは、

 

いわゆる「テストが出来る」という角度

 

「IQ」と呼ばれる「知能指数」に関わるもの

 

その両方から考えることができますが、

両者の質というのは「おおよそ」比例するため、違いを深く考える必要はありません。

 

「どのくらい賢いか」ということです。

 

遺伝的要因は「必ず」ある・・・けど深く考える必要はない

 

そもそも「子供」というのは、両親の遺伝子が組み合わさって誕生するものであり

様々な面で、、、というよりも「全て」の面で、両親の「特徴」が引き継がれます。

 

  • 骨格の作り
  • 身長・体重の傾向

 

「遺伝」の話題では「外見」にばかり注目されますが

もちろん「目に見えない」ことに関しても、遺伝的要因はたくさんあります。

 

ちなみに「性格」という要素は、両親に「かなり」似るとされます。

 

特に「短気」といった、悪い面が目立ちますが

それはあくまで1つの角度であって、様々な面で似ていることが多いはずです。

 

これは「性格」の形成上「脳内物質」の役割が非常に大きく

「ホルモン分泌」は、特に目立つ遺伝要素になるためです。

 

そして、もちろん「頭の良さ」に関しても

何らかの遺伝的な傾向は「必ず」あると考えられますが

知能の形成に直接影響する「ホルモン」といったものは、それほどなく

あくまで「生まれてから」決定する要因の方が「圧倒的に」多いため

 

「遺伝」による頭の良し悪しは、全く心配する必要はありません。

 

しかし、より重要であると考えられる「環境」に関しては

「親の質」が大きく関わっているものであり

それこそが「頭がいい人間の子は頭がいい」と考えられる所以なのです。

 

 

↓↓お子様の「遺伝子レベル」を知りたいという方は・・・

 

肌の老化リスク「遺伝子検査キット」

 

いい生育環境と悪い生育環境

 

これは非常に単純なことであり、「そりゃそうだ」というお話です。

 

「本がたくさんある家」と「本が全くない家」で育った場合

 

どちらが「頭が良くなりやすいか」ということです。

 

そして

 

「本がたくさんある家のお父さん(お母さん)」と

 

「本が全くない家のお父さん(お母さん)」では

 

どちらが「頭がいい確率が高いか」ということです。

 

「遺伝」を抜きにしても

 

「親の質と子供の知能は比例する」

 

というのは、至極当然のことなのです。

 

親の収入と子供の知能

 

「世帯収入」と「子供の知能」の問題に関しても

「遺伝」と同じく、度々話題になるトピックです。

 

これこそ残酷なお話ですが、真実であるため、参考にする必要があります。

 

 

「世帯収入」と「子供の知能指数」は比例していることが現実です。

 

 

これは「数字」として、はっきりしているデータであるため

「遺伝」という「曖昧な」要素よりも、はるかに確実なものになります。

 

「教育」には「お金」がかかるため、これも当然の結果と言えます。

 

しかし!

 

「親の収入が高ければ子供は頭がいい」という

あくまで「傾向」を示したデータであり

「親の収入が低いから頭が悪い」ということではありません。

 

そして!!

 

本気になれば「頭がよくて高収入の親から生まれた子供」に勝つことは可能です。

 

そのために必要なことは「その子よりも、より勉強すること」であり

 

これは本来「誰にでも出来ること」であり

 

「誰にでも与えられたチャンス且つ、唯一の方法」であり

 

「学ぶ姿勢」というのは、お金では買えないものです。

 

要は「誰よりもお勉強しましょう。」ということであり

「お勉強」は、しておいて「絶対に」損をしないものです。

 

>>>せめて用意しておきたい「お金」を貯めるには?

 

おまけ:母親の知能と幼児期の知能

 

「知能は母親から受け継ぐ」ということが、実しやかに言われることがありますが

これは、このブログのテーマでもある「幼児教育」を進めていく際に

「最初の先生」が母親であることが、ほとんどであるためと考えられます。

 

遺伝的な要素というよりも、母親の知能・教え方といったものが

「学ばせ方」の質に大きく関わるためと思われます。

 

究極の「環境要因」であり、まずはお母さんが本気になることです。

 

 

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ

 

 

>>>「お子様専用サプリ」も有効に!





<PR>まずは無料の資料請求から



 

考える

この記事に関連する記事一覧