効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

本当は「競争」なんかしない方がいい~温かい心を持った優しい子供にするために~

 

最近は「知能教育」のことばかりを、取りあげがちでしたが

ここでもう一度「本当に豊かな人生」についても、考えてみましょう。

 

親であれば、自分の子供には「心優しい人間」になって

周囲・環境にも恵まれた人生を送って欲しいはずです。

 

 

しかしながら「人生」について、改めて考えてみても

やはり「周りより優れていること」が、どうしても必須に思えてきます。

 

それは「優しい人間」「心の広い人間」になるためには

「競争はしてはいけない」ためであり「競争が必要がないレベル」というのは

「無関心」であること、もしくは「圧倒的に優れていること」が必要なためです。

 

このどちらがいいか、と考えた際には

やはり「優れている」ことによって「競争せずに済む」方だと思います。

 

 

更に、人生は競争から逃れることが出来ない現実があります。

 

 

そのためには、優れた「知能」を持っていること

いわゆる「頭がいい」「勉強が出来る」ことが必要なのです。

 

優しい人間になるためには、勝ち続けることが必要なのです。

 

またまた、少し暗い話にもなります。。。

 

「心が歪まない」ためには周囲よりも優れていることが必要

 

世の中は「競争」で溢れています。

 

典型的なものは「テスト」「入試」といったものですが

社会に出る際に欠かせない「面接」や

会社内での「出世」に関しても、周りとの競争です。

 

「競争」とは「比較」であり、自分の「主観」ではなく

「客観的」な周囲からの評価によって、決められることも多いです。

 

ある意味で「競争させられている」ことになります。

 

「競争」は「成長」に必要なものであり、有効なものでもありますが

「心を歪ませる可能性がある」という、マイナスの側面もあります。

 

「勝つか・負けるか」は「優劣」「順番」を付けるものであり

「自分が上になる」ということは「相手を下に見る」ことでもあります。

 

そのために「手段を選ばない」人も、現実にはたくさんいます。

 

そして「敗者」には、人は優しくありません。

 

人は「優しくされない」と、心が歪みます。

 

幼い頃から競争は潜んでいる

 

しかしながら「入試」「面接」で言えば

「面接のある幼稚園」の入学を目指す場合には

すでに「3歳」の時点で、競争に巻き込まれることになります。

 

そうでなくても、通知表・テストが導入される

「小学校」からは、確実なスタートとなります。

 

そこからすでに「負けないこと」が必要になります。

 

幼い頃の劣等感・敗北感は

人生に大きな「負の影響」を与える恐れがあります。

 

なるべくなら「味わわせない」ことが必要です。

 

そのために「早期幼児教育」が、重要になるのです。

 

  • 「劣等感を感じない」ために負けない
  • 「周りを蹴落とす」という発想を持たせない
  • 「弱い人間」に優しくする「余裕」を持たせる

 

そのためには、圧倒的な能力が必要なのです。

 

競争の必要性を無くす

 

しかしながら、幼い頃から「死ぬまで」競争しなければならないと

考えると、非常に憂鬱になってしまうはずです。

 

そのため「競争が必要ない環境」を作ることも大切です。

 

例えば、収入が高い職業の代表として「医師」があります。

 

そして医師には、競争がほとんどありません。

 

というのも「命を救う」という崇高な仕事であり

全て(ほとんど)の医師が、崇高な目的のために働いており

「競争」という概念を持ち込む必要がなく、そもそも持ち込んではいけません。

 

「俺の方が10分早く手術を終わらせる!」といった気合は必要ありません。

 

もちろん医師になる人間は、基本的に頭がいい人間です。

 

更に「尊敬」までされることになります。

 

心が歪むリスクは、非常に低い状況です。

 

「大学病院」等では、出世争いも苛烈なようですが

彼らは、いわゆる「診療」といったことはほとんどせず

「結果」が必要な「研究職」の人間に近いものがあります。

 

「結果」を「先に出す」必要があり、そこには競争が生まれます。

 

本当に好きなことを仕事にする

 

以上の例以外に、もう1つ競争の概念をなくす方法として

「自分が本当に好きなこと」を仕事にすることがあります。

 

周りの評価はどうでもいい、自分が楽しければいい

といった状況は、最も理想的なものであるとも考えられます。

 

好きなことをして、お金がもらえる状況は最高ですよね?

 

もちろん、そこに辿りつくまでは、楽ではありません。

 

 

まとまりのない文章になってしまいましたが

豊かな人生を送るためには「周囲と自分を比べない」ことが大切であり

 

「競争」から逃れられない状況においては、圧倒的に優れていることが

心優しい人間になって、豊かな人生を送るために、最も効率的な手段になるはずです。

 

 

さあ!今すぐ勉強だ!

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

考える

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」