効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

幼稚園・小学校受験はするべきなのか?

 

「教育」への意識の高いお母さんであれば

一度は「受験」について、考えたことがある方も多いと思います。

 

それも「幼稚園」「小学校」といった、早い段階での「お受験」

「義務教育」の時期を「私立」の学校で過ごさせたいと、考えてのことだと思います。

 

この「お受験問題」に関しては、語るべきものがたくさんありますが

とりあえず今回は「ざっくり」と「早期受験」について、まとめてみます。

 

 

前提として、日本の基礎(義務)教育の水準は非常に高いです。

 

「学力」の面に関しては

  • 公立学校で教育を受けた子供
  • 私立学校で教育を受けた子供
  • 公立学校と「塾」で教育を受けた子供
  • 私立学校と「塾」で教育を受けた子供

 

行きつく先は、それほど差がないと思います。

 

どこで学ぼうが、同じです。

 

要は、やるか・やらないかです。

 

それに加え「指導者」という要素も少し入ってきますが

私立学校を検討しているお母さんというのは

この「指導者」を含めた「環境」の面で、魅力的に考えるはずです。

 

そういったことも含めて

今回は「現実的な」メリット・デメリットを解説していきます。

 

私立学校に入れる「メリット」

 

メリット・デメリット言うのも、なんだかな~とは思いますが

現実として「私立」の環境の方が「あらゆる面で」優れているに決まっています。

 

最近では「階層」に関することに言及した、ブログが炎上していました。

 

思っていても、口に出してはいけないことがあります。

 

そもそも、本当に優れている人間は

いちいち自分と他人を、階層で隔てて意識したりしません。

 

とは言っても、多少は「ごもっとも」な意見もありました。

 

というわけで、私立に通わせる最大のメリットは

この「環境面」になります。

 

個人的には「学力」とは関係ないと考えますが

やはり「学ぶ環境」は、非常に大切です。

 

やはり「環境」リスクが少ない

 

「寄付金」等のお金の問題もありますが

基本的には、いわゆる「良家」のご子息・ご令嬢が入学することが多いです。

 

  • ヤンキーの子
  • 暴れん坊
  • 悪い遊びを教えてくれる子

 

こういったリスクは、圧倒的に低くなります。

 

最も現実的なメリットであり、こういった面で

私立に通わせたいと考えるお母さんが多いはずです。

 

「後が楽」になる

 

私立には、大学まで一貫している「エスカレーター式」

途中でエスカレーターが止まってしまう学校

そもそもエスカレーターではない学校があります。

 

「エスカレーター式」であるか否かは、質には関係なく

「後が楽か否か」という要素が大きいと思います。

 

日本で、最も評判が高い(かも?)幼稚園は

エスカレーター式ではなく「幼稚園のみ」の形態です。

 

そもそも「私立幼稚園」は珍しくありませんが・・・

 

「エスカレーター式」に進めせたいご家庭も多いと思いますが

新たに小学校・中学校受験をするにしても

レベルの高い幼稚園で過ごしてきた経験が生きます。

 

私立学校に入れるデメリット

 

おそらく、私立学校の受験を迷っている

大きな理由としては、このデメリットであるはずです。

 

「いいこと」だけなら、みんな入れますもんね・・・

 

お金がかかる

 

これは、最大級の悩みどころだと思います。

 

「ピンキリ」ではありますが、公立学校と比べると

「倍」では済まないことが大半です。

 

一般的な家庭では「難しい」と言うより「無理」なことがほとんどです。

 

ただし、これは「環境」を保つために仕方がないことです。

 

「施設」「設備」はもちろんですが

学校側も「家庭」「子供」を選んでいるのです。

 

手間がかかる

 

そして更に「送り迎え」といったことも

幼いために、毎日必要な場合もあります。

 

東京等では、通勤ラッシュの時間などに

電車に乗って、子供同士で通ってる風景も見ますが

やはり怖いものであり、毎日一緒に通っている家庭もあるようです。

 

地方であれば「車で片道1時間」といったことも、珍しくないようです。

 

そしてお母さんの分の交通費も、もちろん「自費」になります。

 

「浮世離れ」に疲れる

 

また「階層」の話になってしまいますが

世の中の大半は「普通の人」です。

 

私立に通わせる家庭は「高所得」だけでなく

昔ながらの「富裕層」の一族も多いです。

 

「付き合い」等が大変なことは、周知だと思います。

 

「合わせる」のは、なかなか大変です。

 

私も幼稚園から「KO」といった知り合いが、公私共にいますが

やはり「ちょっとずれてるな」と、思うこともあります。

 

  • 生まれた時から年2回海外旅行
  • 大学の入学祝いにBMW
  • 親が所有するマンションにただで住んでいる

 

よくあることみたいです。。。

 

「ちくしょう」と思うこともありましたが

今は、仲良くしてけばメリットがあるな、と考えています。

 

余談です。

 

そういった「ちょっとレベルが違うな」といった「おうち」の

子供と、幼い頃から触れ合えることもメリットかもしれません。

 

世の中「コネ」はけっこう大切です。

 

「友情」が「コネ」につながることは多いです。

 

余裕があるなら・・・おススメ

 

ここまで、非常に簡単にメリット・デメリットを挙げてきましたが

やはり問題は「家計」になると思います。

 

入れられるなら、入れてあげたいはずですし

余裕があるのであれば、入れた方が当然いいと、個人的にも思います。

 

ただし、繰り返しになりますが「学力」にはそれほど影響はありません。

 

この私立問題に関しては、今後細かく取り上げたいと思います。

 

 

私立に入らなくても、勉強は出来る!

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ

 

 

お金の問題は、これから先も続きます・・・

>>>「これから」必要になる「お金」の準備も忘れずに



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

考える

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」