効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

子供に勉強させた方がいいのか?勉強させるべきなのか?~「強要」するのではなく「自発」させることが大切~

 

「子供の幸福」について考えることが、本来の当サイトの趣旨となっていますが

どうしても「学習」についての、トピックになってしまいがちであり

その理由として、「人生」と「幼児期の学習習慣」の関係性が高いことが挙げられます。

 

これから先長く続く人生にとって、「知識(知性)」はとても大切なものです。

 

勉強とは、「受験」や「就職」のためにするためのものではありません。

 

しかしながら、同時にそれらに直結するものであることは確かです。

 

そしてそう考えた際には、幼児期という限られた時期は非常に貴重であり

「幸せな人生」を作るためには、ぜひ活かして欲しい時間なのです。

 

 

言うまでもなく、「頭がいいから幸せ」ではありません。

 

いい大学、いい会社に入ることが、そんなにいいことでもありません。

 

ただ1つ言えることは、「頭がいい」ということは

人生において、あらゆる事態・環境で楽しく生きるための大きな武器になります。

 

言い方を変えれば、「頭が悪いと、よくない状況になりがち(作りがち)」なのです。

 

知能は「人生設計」の礎となるもの

 

もちろん、人生は「その時が楽しい」ということにも、価値があります。

 

特に幼い時期の思い出は、何よりもかけがえのないものと言えます。

 

しかしながら、同時に将来に向けた準備のための最も大切な時期でもあります。

 

難しいかもしれませんが、「今」と「先」の「両立」が必要です。

 

なぜ勉強するべきなのか?という話に関しては、

 

子供の将来をどう描くべきか~「非常に残念な未来」に備えた思考~

 

なぜ勉強して欲しいのか?させたいのか?そもそも勉強する意味とは?

 

以上でまとめていますのでは、ぜひご一読を。

 

じゃあ「させる?」ことが必要?

 

問題は、お母さん(お父さん)自体が

 

「今そんなにする必要がある?」

 

「楽しい時期に」

 

という場合や、また反対に

 

「今、勉強させなきゃ!」

 

「今のうちに、やれるだけ」

 

といった、両極端なケースです。

 

本来であれば、させる・させないといったことではなく

「自発的に」学習をするように、「差し向ける」ということが必要なのです。

 

やはり自発的に学習する「習慣」を作ることが必要

 

幼児期というのは、遊びたい盛りであり・・・

 

と思いがちです。

 

しかしながら、同時に「身に付ける」ということも快楽でもあります。

 

「勉強がつらいもの」というのは、「思い込み」である可能性も考えましょう。

 

子供は「知らなかったことを知る」ということが大好きです。

 

それはまだ、「勉強」という概念ではありません。

 

勉強という概念が作られる前に、様々な知識を吸収させてあげることが大切なのです。

 

「学ぶことが好きになる」

 

「好奇心を抱きやすい感受性を養う」

 

この2つを、ぜひ意識して接して欲しいと思います。

 

そしてそれを「習慣化」することこそが、最終的な目的になります。

 

習慣とは、好き・嫌いではありません。

 

「寝る前に歯を磨く」

 

「ウンチをしたらお尻を拭く」(ちょっと違うかも?)

 

その行動を「当たり前」の状態にすることで、

「つらい」という概念を抱かないようにすることが大切です。

 

そうなることで、これから先の様々なシーンで「楽」になり

例えば「テスト勉強」という概念ではなく、当たり前の習慣の延長に過ぎない状態になります。

 

「自発的な行動」となることが大切

 

習慣とは、無意識に行う自発的な行為です。

 

「歯を磨きなさい!」と言われなくても、当たり前のように磨くようになることが大切です。

 

ただし、基本的に多くの人が歯磨きを習慣化できるのにも関わらず

勉強(知識を身に付ける)ことを、習慣化することが難しいのか

 

それが分かったら誰も苦労しませんが・・・

それだけ、学習習慣を身に付けることが難しいことは事実です。

 

  • 生まれながらに机に座ることが苦手
  • 「得点」という指標が苦手
  • 「競争」になったとたんにやる気をなくす

 

何より、幼児期特有の気難しさ(ご機嫌)に左右されるものでもあります。

 

簡単に「嫌い」になってしまうリスクがあるのです。

 

しかしながら、非常に「操縦」が難しい時期ということを前提に

 

  • 機嫌が悪い時は学習から離す(機嫌がいい時の行動はいい思い出になる)
  • 時間帯を調節する(長い時間ではなく短い時間で何回かに分ける)
  • とにかく褒める(その都度目標を調整する)

 

こういった「うまくやる」しかありません。

 

結局は「させた方がいい」ことに違いはない

 

「して欲しい」と「させるべき」というのは、ニュアンスが違いますが

方向性は同じであり、いずれも「正しい」と言えることです。

 

というよりも、子供の立場から考えた際に「するべき」と言えます。

 

しかしながら、子供は「きっかけ」がないことには進めないことも多いものです。

 

あくまで、知らないことが多い人に対して「教える」という考え方で十分です。

 

  • 無理をさせないこと
  • できないことに焦らないこと

 

何より、知識を身に付けさせることも「コミュニケーション」であり

子供の性格・嗜好といったものが、見えやすいものでもあります。

 

繰り返しになりますが、幼児期に学習習慣を身に付ける目的は

「後で苦労しない」という、人生を生きやすくすることです。

 

 

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ

 

 

>>>「これから」必要になる「お金」の準備



<PR>どんなお子様にも合わせやすいおススメの教材




<PR>将来のために必ず備えておいて欲しい一番大切なこと


 

考える

この記事に関連する記事一覧